auクライミングチャレンジcmの曲は?歌手の女性も気になる!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

どうも(^o^)/こんばんわ!nbenです。

春は新しく何かを始めるには最適の季節ですよね。

 

新しい環境になって心機一転、
趣味を増やしてみたり今まで諦めていたことに挑戦してみたり
している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は、テレビで見たときから気になっていた
携帯電話会社auの
「CLIMBING CHALLENGE(クライミングチャレンジ)」のcmについて
調べてみました!

スポンサードリンク

 

auクライミングチャレンジcmの曲は?

auクライミングチャレンジのcmには
スポーツクライミングの楢崎智亜(ならさき ともあ)選手、
野口啓代(のぐち あきよ)選手らが出演し
「壁に挑む、一人ひとりがヒーロー」「壁を、楽しもう。」
といったキャッチコピーと共に男女様々な人達が
クライミングを楽しんでいる様子が映し出されています。

 

これは携帯電話のコマーシャルではなく、
auが奨励しているスポーツクライミングを周知させる活動の
一環であるとともに、
それぞれが自分の前に立ちはだかる壁を超えるための
勇気とワクワク感を抱かせるような作りになっている
コマーシャルになっています。

 

 

気になったのは、このcmの中で流れている曲です。

 

明るくパワーのある女性歌手の声とポップなリズムが
元気で前向きな気持ちにさせてくれる曲ですよね。

 

調べてみた所、この曲は
「ロザリーナ」さんという歌手の「にじいろ」という歌。

 

超有名な歌手というわけではありませんが、
なんと、リリース前にも関わらず楽曲が良かったことから
大抜擢されたんだとか!

 

2016年12月に発売されたミニアルバムにも
収録されていませんから、
今後発売されるであろうCDは要チェックですね!

 

 

auクライミングチャレンジcmの曲を歌う歌手とは?

「にじいろ」を歌うロザリーナさんは、
可愛らしくエキゾチックな雰囲気を持つビジュアルとは裏腹に
パワーのある独特の歌声が特徴の女性歌手。

 

キングコング・西野亮廣さん作の絵本「えんとつ町のプペル」の
テーマソングに抜擢されたことで話題になりました。

 

また、首都高の「ETC2.0キャンペーン」のcmソングにも抜擢され
ほとんど新人ながら人気の出てきたアーティストです。

 

 

現在は事務所には所属せず、
フリーであると思われるロザリーナさんですが、
「SEKAI NO OWARI」や「ゆず」「でんぱ組.inc」などのアーティストを
プロデュースしてきた保本真吾さんが担当しており、
今後ブレイクしないわけがないですね!

 

オフィシャルサイトができてからも日が浅く、
本名や年齢などの情報も信憑性のあるものが少ないですが、
歌手を志したのが高校3年生とのこともあって
まだまだお若いのでしょう。

 

Twitterにはお酒を飲んでいるというお話もあるようですので
20代の前半くらいでしょうか?

 

 

リアルな歌詞を書くロザリーナさんは、
インタビューによれば
「アニメのキャラクターのようになりたい」のだそうで、
「現実では恥ずかしいと思われるようなセリフをサラッと言う事に感動できる」
「同じようには言えないかもしれないけど、近づけばそれができるかも」
と、人に響くような言葉を言っても許されるようになりたいと
おっしゃっておられました。

 

確かに、ロザリーナさんの曲の中には
「星の国」のようにどストレートに気持ちを伝える曲もあり、
ロザリーナさんの考えることがそのまま伝わってくるような感じを受けますね。

 

大きな仕事に抜擢され一躍有名となったロザリーナさん、
これから認知度も高まっていくにつれて
色々なことが分かってくるのではないでしょうか。

 

渋谷での路上ライブなども行っているようですので、
近郊の方は直接彼女の歌声を聞きに行ってみては?

 

今後が楽しみなアーティストさんがまた一人増えました(*^^*)
皆さんもこれからの動向をお見逃しなく!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました~(*´▽`*)ノシ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ