GFX 50Sのcmの写真家織作峰子とは?経歴や作品などを調べてみた!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

どうも(^o^)/こんばんわ!nbenです。

早い方はもう先週末からゴールデンウィークに突入し
長期休みを楽しんでおられることでしょう!
私はまだですが・・・(T_T

 

さて、行楽シーズンと言えば手放せないのがカメラ。
景色のきれいな場所や家族の姿、日常の何気ない場面など
被写体はいくらでもありますよね。

 

今回はカメラのジャンルから、
FUJIFILM(富士フイルム)のデジタルカメラ
「GFX 50S」のcmが気になったので調べてみました!

 

このcmにはGFX 50Sで写真を撮影している女性が登場します。
「その場の空気感、立体感まで描けるんです」と
商品を褒めていますが、この女性は誰なのでしょうか?

 

cmの中には「写真家 織作峰子」と表記があります。
では、織作峰子さんはどんな方なのでしょうか?
調べてみました!

スポンサードリンク

 

GFX 50Sのcmに出ている写真家・織作峰子とは?

氏名:織作 峰子(おりさく みねこ)

出身地:石川県

生年月日:1960年12月16日(56歳)

大阪芸術大学写真学科 教授
京都文教短期大学卒業

 

織作さんは石川県で生まれ育ち、建築の仕事をしていたお父さんや
近所の画家の方に絵を習うなど芸術的感性を育まれながら育ちました。

大学は京都に進学。
高校時代は陸上部だったそうです。

 

また、短大の2年生の時にミス・ユニバース日本代表に
選ばれ、ニューヨークに行ったんだとか!

 

入賞はできませんでしたが、日本代表ってすごいですよね・・・
50代の現在でも美しく若々しい雰囲気がありますから、
当時は相当美人な方だったことでしょう。

 

その任期の途中から写真家である大竹省二さんに師事し、
写真の勉強を始めます。

 

その後2年間のアメリカ暮らしを経て日本に帰国し、
テレビや雑誌などに出演するとともに写真集も多数発売。
大学の教授としても活躍され、講演会も行うかたわら
陸上で鍛えられたであろうスタミナで世界を飛び回り
精力的に活動されています。

 

 

織作峰子さんの旦那や娘は?

織作さんは25歳の頃に結婚されたようですが、
調べた所その後離婚されているとの噂が。

 

またその方との間には娘さんがいらっしゃるとのこと。
27歳の時に出産とのことですでに成人している方ですが、
情報がないためメディアに出たり芸能人になったりは
していないようですね。

 

 

織作峰子さんの作品や写真展は?

織作さんの最初のお仕事は新潮社の「フォーカス」と言う雑誌。
報道写真を撮影されていたんですね。

 

しかし、当時の報道の世界はほぼ男性ばかり。
会場でも男性から三脚を蹴られたり後ろから押されたりと
きつく当たられたそうで、報道の道はあきらめたそうです。

 

その時に家族の仕事関係で渡米したボストン暮らしの中で、
子育てしながらインスピレーションを得て作成した写真集
「BOSTON in the time」が最初の写真集となりました。

 

大竹先生のスタジオで勉強を始めた後は非常に厳しかったそうで、
作法や生活態度まで細かく注意されながら朝から晩まで必死に
働いていたそうで、
同年代の女性たちがきれいに着飾って遊んでいる中
羨ましいと思いながらも「人が遊んだり休んでいる時がチャンス」と
修業を続けた結果、フリーになった後たくさんの仕事に恵まれたとか。

 

高い写真の技術はたゆまぬ努力によって
身についたものだったのですね。

 

 

現在は広告を中心に旅写真を撮影しているようで、
毎年スイスに行って撮影されているようです。

 

また、このGFX 50Sのcm撮影の一環でニュージーランドを訪れ
そこで同機を使い撮影した写真が
5月10日まで東京のFUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)1階で
展示されているそうですので、
気になる方は足を運んでみては?

 

写真だけでなく様々な物に興味を持ち写真を撮り続ける織作さんは
これからも活躍され続けるでしょう!

ここまでご覧頂きありがとうございました~(*´▽`*)ノシ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。