エイトフォーcm女優は誰?バドミントンをしている女性が気になる!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

どうも(^o^)/こんにちわ!nbenです。

気温も上がってきて、寒い日もあるものの
暑い日は汗をかくようになってきました。

 

汗対策はきちんとしておきたいですね。

 

今回はニベア花王の「エイトフォー ボディフレッシュ」
のcmから。

 

エイトフォーのcmには、バドミントンをしている女性が
出てきます。

いい汗を書いてエイトフォーのスプレーを吹きかけていますが、
この方は誰なのでしょうか?
女優さんなのか、バドミントンの選手なのか?
調べてみました!

スポンサードリンク

 

エイトフォーのcmに出演の女優は誰?

このcmに出演しているのは、バドミントン選手の
「奥原 希望」(おくはら のぞみ)さん。

リオオリンピックにも出場していました。

 

氏名:奥原 希望(おくはら のぞみ)

生年月日:1995年3月13日(22歳)

出身地:長野県

身長:156.3㎝

利き腕:右

競技開始:6歳~

種目:女子シングルス

日本代表歴:2010年~

 

父親、兄、姉もバドミントンをしているバドミントン一家に
生まれた奥原さんは、3人に影響されて
小学2年生でバドミントンを始めます。

 

6年生の時にはANAアジアユースジャパン、U13で優勝、
小学生の全国大会でベスト8と成績を伸ばします。

 

中学校、高校もバドミントンを続け、
高校1年生・2年生で全日本ジュニア選手権を連覇!

バドミントン全日本女王を決めるトーナメントでは
決勝戦に進出しましたが、対戦相手であった廣瀬栄理子選手が
体調不良のために棄権し、不戦勝で史上最年少の全日本女王に
なりました。

 

これだけの成績を残せば当然のことかもしれませんが、
2011年12月にはバドミントン日本代表に選出、
アジアユースの選手権では日本初の金メダルも獲得しました。

 

2013年に左膝の故障で手術、休養、そして
日本リーグで完敗し涙を流したこともありましたが、見事復帰し
スーパーシリーズファイナルズ、全英オープンと
いずれも日本人で初めて女子シングルス優勝!

 

そして迎えた2016年のリオデジャネイロオリンピックにて
日本で初めて女子シングルスで銅メダルを獲得!

輝かしい実績を持つ期待の選手です!

 

 

奥原希望さんの彼氏は?兄もバドミントン選手?

奥原さんの家族もバドミントンの選手ということで、
その中ではお兄さんの大生さんも地元紙などに紹介されたことが
あります。

 

ただ、現在もバドミントンはしているものの
お仕事にするというわけではなく、医者を目指して大学に通う傍ら
バドミントンも続けているということでした。

妹が膝の手術をしたことも医者を目指すきっかけの一つに
なっているそうです。

 

また、奥原さんの彼氏や熱愛の噂については
本人からの発言はありませんが、噂としては
同じバドミントン選手の桃田賢斗さんではないかという話が
ありました。

 

高校卒業までお父さんの指導のもとバドミントン漬けで
過ごしてきたと本人が言っていたこと、
そして試合等で年の3分の2程度は海外に遠征していることから
バドミントン選手以外の交流はほぼないのではないかという推測で、
選手の中から候補に選ばれたようですね。

 

桃田選手とは2ショットを一度撮ったことがあり
ツイッター仲間でもありますが、
デートのスクープ等があるわけではありません。

 

しかも桃田選手は闇カジノでの賭博行為が取り沙汰され
かなりの騒動になりました。

 

コーチから関わらないように言われているという情報も
週刊誌に出ており、本当かどうかはともかく彼氏である可能性は
低そうですね。

 

と考えると他にそのような発言もありませんし、
現在はフリーなのかもしれません。

バドミントンに集中したいということなのかもしれませんね。

 

尊敬するアスリートにフィギュアスケートの浅田真央さんを
挙げた奥村さんは、
「自分の期待された結果が出なくて
苦しくても競技を続けるという覚悟」
「本当に強い気持ちがないとできない」
と話しており、謙虚で前向きな姿勢を見せていました。

 

決して順風満帆な道ではありませんでしたが、諦めずに続けて
2016年の世界ランクは3位。
1位も夢ではないと言われており、実際に大きな成績を残してきました。

 

これからもさらに世界で快進撃を続けて欲しいですね!

ここまでご覧頂きありがとうございました~(*´▽`*)ノシ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ