ニューバランスcm俳優は誰?走り出す男性をチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

どうも(^o^)/こんにちわ!nbenです。

今回の記事は、ABCマートの靴「ニューバランス」のcmから。

 

ニューバランスのcmにはスポーツカーで走っている
男性が登場します。

 

スポーツカーから降り、ニューバランスの靴を履いて
走り出すこの男性は誰なのでしょうか?

調べてみました!

スポンサードリンク

 

ニューバランスのcmで走り出す男性役は誰?

調べた所、この男性は「鈴木 啓太」(すずき けいた)さん。
元サッカー選手です。

 

氏名:鈴木 啓太(すずき けいた)

生年月日:1981年7月8日(35歳)

出身地:静岡県静岡市清水区

身長:177cm

体重:72kg

ポジション:MF

2000~2015年 浦和レッズ所属
2002~2004年 U-23日本代表
2006~2008年 日本代表

 

小さいときからサッカー少年だった鈴木さんは、
小学生は清水FC、中学生は東海大一中に所属し
それぞれ全国大会で準優勝・優勝をしています。

 

高校卒業後、2000年に浦和レッドダイヤモンズに加入し
プロ入りしました。

2002年からはU-23の日本代表として予選を突破しますが
監督の意向から本大会には出られませんでした。

 

2006年にはオシム監督の元日本代表に招集され、
キリンチャレンジカップを初出場として
なんとオシムジャパンの中で唯一全試合先発出場しました!

 

鈴木さんは中盤、攻守とも要となるボランチのポジション。
日本代表では27試合に出場しています。

 

ただ、その過密なスケジュールに加え
Jリーグでは浦和レッズでも活躍し続けた結果
何度も負傷し、扁桃炎になったりとかなり苦しみました。

転機になったのが2011年、レッズの新監督から
キャプテンを指名され、3年間キャプテンを務めました。

 

しかし2014年、突然試合中に体調不良に襲われ交代、
不整脈と診断され、再交代するも
試合も逆転負けを喫してしまいます。

 

精密検査の結果手術の必要なものではないと分かったものの、
2015年10月に16年間プレーしてきた浦和レッズを退団することを
発表。

 

本当は他のチームからもオファーが来ていたそうですが、
最後まで浦和レッズに残ったそうです。

 

現在はテレビに出演する他、
実業家として会社の代表取締役をしているそうです。

 

 

鈴木啓太さんの嫁や子供は?奥さんはバツ1?

鈴木さんは、2008年にタレントでモデルの畑野ひろ子さんと
結婚されています。

 

同時に妊娠していることも発表され、できちゃった婚として
報道されました。

 

また、畑野さんは以前俳優の柏原崇さんと結婚されていましたが
2年で離婚していますので、“できちゃった再婚”という
ことになりますね。

 

鈴木さんとの間には娘さん二人がおり、
「あいら」ちゃん、「さくら」ちゃんという名前だそう。

 

ブログのトップページに家族4人の写真が掲載されているほどで
記事に写真も沢山載っていますので、
家族仲良く暮らしているようですね!

 

1度目の結婚の際は泥沼だとも言われていましたので
再婚したのは本当に良かったのでしょうね。

 

 

鈴木啓太さんの会社は何の事業?試合の予定があるって本当?

さて、そんな鈴木さんですがどうして実業家の道を
選んだのでしょうか?

 

鈴木さんがCEOをつとめるAuB(オーブ)株式会社は
“腸内フローラ”の解析をする企業なんだとか・・・?

サッカーと何の関係が?と思われるかもしれませんが、
腸内フローラの研究を通してアスリートのパフォーマンス向上などに
取り組みたいとインタビューで話していました!

 

実は腸内フローラは全体の2割しか役割が解明されていない、
謎の多い細菌なのです。

 

アテネ五輪の予選でUAEに遠征した時メンバーの半数ほどが
下痢になってしまい、厳しい戦いを強いられたことで
いつもと違う環境でも良いパフォーマンスができればと思ったのも
一因だそうです!
指導者等とは違う所からサッカー界をサポート・・・凄いですね。

 

そして、その鈴木さんの引退試合が埼玉スタジアムで
7月17日に行われます!

 

現役を退いたものの引退試合はまだだったようで、
「鈴木選手」を見ることができるのは最後になりそうです。

浦和OBと日本代表OBの対戦になるそうです。
鈴木さんの勇姿を見届けたいですね!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました~(*´▽`*)ノシ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。