森永アイスMOW(モウ)cmの出演俳優は誰?レジ打ちの男性を調査してみた!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

どうも(^o^)/こんにちわ!nbenです。

しばらく女性芸能人続きでイケメン成分が足りなくなってきた気がするので、
男性芸能人の方もご紹介していきましょう!

 

今回は森永乳業のアイスクリーム「MOW」(モウ)のcmから。

MOWのcmではスーパーのレジ打ちをしている男性が、
レジにやってきた主婦の「見る目の良さ」に感動しています。

 

特にMOWを選んでいることに
「いい選択です」「ファンタスティック」とときめいたはいいものの
本人にはかなり嫌がられ、慌てて謝っているこの男性を
演じているのは誰なのでしょうか?
調べてみました!

スポンサードリンク

 

MOW(モウ)のcmに出演している俳優は誰?

調べた所、このcmに出演しているのは
俳優の「高橋 一生」(たかはし いっせい)さん。

 

氏名:高橋 一生(たかはし いっせい)

生年月日:1980年12月9日(36歳)

出身地:東京都

身長:175cm

活動期間:1990年~

舞プロモーション所属

 

デビューとなったのは1990年の映画「ほしをつぐもの」。
同年「ニューヨーク恋物語II」でドラマにも出演し、
子役からのスタートだったそうです。

実は人見知りで友達の少なかった高橋さんを
心配した祖母が児童劇団に入れたことがきっかけだったとか!

 

95年のスタジオジブリ映画「耳をすませば」で
天沢聖司の声を演じたことでも話題になりました!

 

2001年からは劇団扉座に入団し、「フォーティンプラス」など
舞台でも活躍するようになります。

 

下積み時代の長かった高橋さんですが
2015年ごろからブレイク!

2015年にはドラマ「民王」での役が好評で、
第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞などで助演男優賞を
受賞するなど、ドラマを中心に様々な役をこなす
俳優さんです!

 

 

高橋一生さんの家族事情が複雑?父が3人いるって本当!?

高橋さんは5人兄弟の長男ですが、
3男はロックバンドnever young beachの安部勇磨さんだそうです!

長男だったことで弟の世話もしていたらしい高橋さんは
今でも仲が良いらしく
「本当にいい曲を作るんです」とべた褒めしていたとか。

 

ただ、写真を見ると全然似ていないような・・・
ネットでも似てないと言われていますね。

 

それもそのはず、お二人は父親が違うからなのです。

5人兄弟と書きましたが、高橋さんの父、次男と三男の父、
四男と五男の父でそれぞれ違うんだとか!!

高橋さんのお父さんは幼稚園の頃に亡くなられており、
その後は高橋さんがお父さん代わりとして奔走してきました。

 

今でも稼いだお金の殆どを弟たちのプレゼントに使うなど
兄弟仲は良さそうですが、
複雑な家庭環境だったのですね・・・。

 

そういうこともあってお母さんとはずっと仲が悪く、
お母さんががんになってしまった後も会えずにいたそうです。

会うと喧嘩になってしまうからと思っていましたが、
病気で弱ったお母さんに会いに行った所「ごめんね」と謝られ
自身も「弟のことは大丈夫だから」と言えたとのこと。

 

お母さんはそれからしばらくして他界され、高橋さんは
未成年の弟もいる一家の大黒柱として立派に面倒を見ているそう。

 

イケメンで、演技もうまく、立派に仕事をして弟たちを
養っているなんてすごすぎますね!

 

 

高橋一生さんは結婚している?熱愛彼女の情報は?

高橋さんは現在結婚されていません。
というのも、本人に結婚願望がないんだそう!

ちょっとファン的には安心かも?
と言っても彼女の噂がないわけではありません!
結婚はしないが同棲はしたいと言う感じなのでしょうか?

 

ドラマ「名前をなくした女神」で共演していた
女優の尾野真千子さんとは同棲報道が出ていましたが
尾野さんの不倫?報道などもあってか別れてしまいました。

 

田中麗奈さんとも半同棲状態とスクープされましたが、
結婚願望なしの高橋さんに対して結婚願望ありの田中さんは
交際は続けられず、別れてしまいました。

 

仕事第一なのか、相手の幸せのために別れることを選んでいるのか・・・
女性からモテそうな感じなのではないでしょうか!

 

 

今年も大河ドラマや朝ドラなどに続々登場予定の高橋さんは
まさに大ブレイク中と言っても良いでしょう!

確かな実力を武器に活躍を続けて欲しいですね!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました~(*´▽`*)ノシ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ