湊かなえ贖罪がエドガー賞にノミネート!賞の内容と賞金と発表日は?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

 

こんばんはnbenです。

米ミステリー作家協会は23日までに、
エドガー賞の最優秀ペーパーバック・オリジナル賞の
候補6作の一つに、湊かなえさんの「贖罪(しょくざい)」を選んだ
というニュースが入ってきました。

湊かなえ贖罪がエドガー賞にノミネート
エドガー賞の内容と発表日と賞金について調べてみました。

 

ノミネート作品湊かなえさんの贖罪とは?

贖罪は湊かなえの3作目の小説。

連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、
人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品。

映画化もされていてプロモーションですが怖いです(^_^;

読者のネタバレしない感想コメントは

「とても、考えます。
読んでいて、先がとても気になる本です。
最後まで一気に読みましたが、何度も読み返して、やはり考えてしまいます。」

「夢中になって読みました。重くて辛いけど素晴らしかった。最後は涙が出ました。」

「次々と悲しくて残忍な事件が起こって行くので、本を読みながら想像してハラハラしました。」

「内容がキツイのですが一気に読んでしまい集中しすぎて頭痛くなりました。それほどオモシロイと云うことです。」

「すばらしいです。相変わらずの人間の生々しい感情が字を追うごとに伝わってきました。
ほかの湊かなえさんの作品ももっと読みたいです。」

「今のところ、どの作品も、時間を忘れて読み入ってしまいました。
ドラマ化、映画化されているのも納得です。湊なかえはミステリーの天才だと思います。」
引用:https://www.amazon.co.jp/%E8%B4%96%E7%BD%AA-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B9%8A-%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%88/dp/4575515035/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8

他にも多くの賞賛のコメントがついています。

スポンサードリンク

 

エドガー賞の内容と発表日と賞金は?

・エドガー賞って?

江戸川乱歩をご存知ですか?

日本の推理小説の第一人者の作家です。

そして、
江戸川乱歩のペンネームは
アメリカの文豪エドガー・アラン・ポーに由来することも
多くの方がご存知のことと思います。

1954年からはアメリカ探偵作家クラブによって
そのエドガー・アラン・ポーの名を冠した
エドガー賞が設立された。

毎年優れた推理作家の表彰を行っている。

過去の日本人では

・長編部門では2004年に桐野夏生さんの「OUT」
・2012年に東野圭吾さんの「容疑者xの献身」

がノミネートされたが受賞は逃しています。

・賞の発表日は?

選考結果は

4月26日

に発表される。

・エドガー賞の賞金は?

調べましたが見つかりませんでした。

しかし・・・

エドガー賞の
日本版の江戸川乱歩賞の賞金は

1000万円

だとわかりました。

当然、本家のエドガー賞は
これ以上の金額になることは間違いないでしょう。

 

湊かなえ贖罪がエドガー賞にノミネートのまとめ

ちなみに候補の6作品は

1)Penance by Kanae Minato (Hachette Book Group — Little, Brown & Co./Mulholland Books)
↑これが湊かなえさんの「贖罪(しょくざい)」
2)In Farleigh Field by Rhys Bowen (Amazon Publishing — Lake Union)
3)Ragged Lake by Ron Corbett (ECW Press)
4)Black Fall by Andrew Mayne (HarperCollins Publishers — Harper Paperbacks)
5)The Unseeing by Anna Mazzola (Sourcebooks — Sourcebooks Landmark)
6)The Rules of Backyard Cricket by Jock Serong (Text Publishing)

です。

それぞれ面白そうですね。
日本語化されたものは一度読んでみたいですね。

 

是非、日本人初のエドガー賞受賞を期待しています。
※エドガー賞発表で最新の情報が入りましたら
また追記で記事を書く予定です。

 

最後まで読んでいたきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。