三岐鉄道の車両火災の理由と怪我人は?今後の対策は

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

三岐鉄道の車両で出火した様子が
ツイッターで投稿されている。

出火状況から理由と怪我人
今後の対策を調べてみました。

 

三岐鉄道の出火の理由は?

動画を見ると
床を写しているところから始まっています。

これは、床下から異音か匂いか
煙が発生したことが理由と思われます。

その後、運転席の右側の装置から
激しく火が燃え上がっています。

この瞬間、“バシュ”という音が聞こえますので
電気的なショートが発生したと考えられます。

この流れから、想像するに
車両の下部のモーターが何らかのトラブルで
動かなくなり発煙か異音、匂いが
発生しする。

間もなく、下部のモーターを
制御している制御盤がショートを起こし
轟音とともに火が上がったと想定されます。

怪我人は?

ツイートにあるように
不幸中の幸いで怪我人はなく

『乗客の方は皆さん無事に帰られたそう。』

という状況らしいです。

スポンサードリンク

 

今後の対策は?

昇圧機スイッチからの出火

とありますので、
電圧を変化させる部分でのトラブルが原因と考えられます。

動画やその他の車両で出火の情報が上がっていないことから
電線等の問題ではなく
火災をおこした車両個別の問題と考える事が
一般的だと思われます。

当該車両の検証をしっかりおこなう事により
他の車両の事故発生のリスクを
低減させることになると考えられます。

 

三岐鉄道火災のまとめ

出火のタイミングをこれほどまで
鮮明に動画で撮影している鉄道事件は
あまりないと考えらえます。

撮影者の勇気と
そして怪我人がいないことが
不幸中の幸いであったと思います。

三岐鉄道においては
事故車両の徹底検証を
ぜひお願いしたいと考えます。

 

最後まで読んでいたきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。