草なぎ剛主演バリータークのネタバレ!場所とスケジュールと価格は?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

草なぎ剛(43)主演の舞台
「バリーターク」(4月14日~5月6日、横浜・神奈川芸術劇場ほか)の
制作発表が7日、横浜市内で行われました。

草なぎさんにとっては
2015年「burst!~危険なふたり」以来
3年ぶりの舞台出演作。

 

草なぎ剛主演バリータークのネタバレ
場所とスケジュールと価格等を調べてみました。

草なぎ剛主演バリータークのネタバレ!

『バリーターク』について

『バリーターク』は劇作家エンダ・ウォルシュの作品。

日本ではまだ馴染みの浅い作家ですが、
彼の持つ不思議な感覚は、
私たちが今まで味わったことのない死生観に引き込み、
人生とは何かを考えさせる大人のファンタジーを作り得ています。

何気ない日々の暮らしを繰り返す
ふたりの男の姿を通して、
私たちが生きている意味や
死の迎え方を考えさせられます。

白井晃氏の演出ですので
舞台の設計には定評があります。

このエンダ・ウォルシュの世界観を
KAAT神奈川芸術劇場の舞台でどのように
再現するかが楽しみですね。

また、光と影や音楽の強弱等で
立体的、時間的な演出に長けている
白井氏ですので
時間経過の演出マジックに期待大ですね。

ネタバレストーリー

広い部屋。

そこに2人の男がいる。

彼らは目覚まし時計の音で起き、
80’sの音楽を聞きながら、
部屋をかけまわって着替えて食べて
踊ってフィットネスをして、
バリータークという村の話を語る。

ふたりはだれか。
どこにいるのか。

そして壁の向こうには何があるのか?

 

2人は
草なぎ剛と松尾諭。

この二人の会話と演技が見ものですが。

わろてんかに出演した松尾諭とは
違ったキャラクターの演技になることは
間違いなしと思われますね。

 

場所とスケジュールと価格は?

・公演場所:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ


〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281
kaat.jp
045-633-6500

・公演期間:
2018年04月14日(土)~2018年05月06日(日)

・公演スケジュール:

▼プレビュー公演
4/14(土) 17:00、4/15(日) 17:00

▼本公演

4/16(月) 19:00
4/17(火) 休演日
4/18(水) 19:00
4/19(木) 14:00/19:00
4/20(金) 19:00
4/21(土) 13:00★/18:00
4/22(日) 13:00
4/23(月) 14:00/19:00
4/24(火) 休演日
4/25(水) 19:00
4/26(木) 14:00★/19:00
4/27(金) 19:00
4/28(土) 13:00/18:00
4/29(日・祝) 13:00
4/30(月・祝) 13:00/18:00
5/1(火) 休演日
5/2(水) 19:00
5/3(木・祝) 13:00/18:00
5/4(金・祝) 18:00
5/5(土・祝) 13:00/18:00
5/6(日) 13:00

・チケット料金:全席指定・税込

▼プレビュー公演 (4/14(土), 15(日))
一般 6,000円(各種割引料金なし)

▼本公演 (4/16(月)~5/3(日))
一般 7,000円

U24(24歳以下) 3,500円

高校生以下 1,000円

シルバー(満65歳以上) 6,500円

・チケット取り扱い

▼チケットかながわ
http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
0570-015-415

▼チケットぴあ
http://pia.jp/t/kaat/
(パソコン・携帯)
0570-02-9999(Pコード:484-282)

・アクセス

▼電車
みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分
みなとみらい線 元町・中華街駅 1番出口より徒歩8分
横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅より徒歩14分
JR根岸線 関内駅または石川町駅から徒歩14分

▼バス
市営バス「芸術劇場・NHK前」下車すぐ

・駐車場

神奈川芸術劇場・NHK 駐車場(地下1F)
年中無休・24時間

◇収容台数
◎普通乗用車  65台/高さ2.5m以内
◎自動二輪車  8台/400cc以下

◇駐車料金
◎普通自動車  最初の30分まで 240円/以後30分ごとに 230円

お得な当日最大料金あり
当日24時まで何時間でも 平日 1,500円
当日24時まで何時間でも 土日祝日 3,000円
特定期間(12/28~1/4) 3,000円

スポンサードリンク

 

草なぎ剛主演バリータークまとめ

草なぎさんは

「僕自身久しぶりの舞台なので、
また新しい自分を表現できる作品になると思いました。

海外の作品ということで難しい台詞や描写もあるのですが、
新しい自分を発見して、成長できる作品になるのでは。

未知なる自分を追い求めて舞台に立ちたいと思います」

と気合充分ですね。

 

また草なぎの演技については、

俳優の市村正親が『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で
「演技がうまいと思う俳優」に草なぎの名を挙げていた。

「番組で市川は、俳優として『好きなタイプは草なぎ君』と語り、
『役によって本当に違う。そこがすごい』と褒めていました。

SMAPでは木村拓哉が看板俳優のようにいわれていますが、
実は、草なぎは木村が太刀打ちできないほど、
さまざまな役がこなせると多くの演出家からは評判になっているそうです。

新しい草なぎさんの演技楽しみですね。

 

最後まで読んでいたきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。