吉川沙織の質問が凄い!安倍首相もタジタジに

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

 

民進党吉川沙織議員が
内閣法違反疑義について質問が
素晴らしいと話題になっています。

そんな吉川沙織議員について調べてみました。

 

プロフィール

本名: 吉川 沙織(よしかわさおり)
生年月日 1976年10月9日(41歳)
出生地 徳島県徳島市
出身校 同志社大学 同志社大学大学院
前職 日本電信電話株式会社(NTT)
現職 役員室長代理
所属政党 民進党(赤松グループ・菅グループ)

 

経歴

徳島県出身。
北島町立北島小学校・北島町立北島中学校卒業。

1995年3月、徳島県立城ノ内高等学校卒業。
1999年3月、同志社大学文学部文化学科教育学専攻卒業。
1999年4月、日本電信電話株式会社(NTT)入社。
2007年  第21回参議院議員通常選挙に比例区から民主党公認で出馬し初当選
2013年  第23回参議院議員通常選挙に比例区から民主党公認で出馬し再選

 

代表質問の内容は?

(1)アベノミクス新三本の矢とGDP基準改定
(2)統計等データの在り方
(3)働き方改革関連法案と立法府との関係
(4)公文書管理の在り方と立法府との関係
(5)統計等データに基づく政策立案の必要性(就職氷河期世代の例)

に関してですが
その質疑の姿が多くのかたから絶賛されています。

スポンサードリンク

事前に質問等は把握しているはずなのにこの失態はどうしようもないですね。
しかし、吉川さんの質問の冷静さと威厳に満ちた態度は素晴らしいですね

本当に歯切れがよくて言葉の使いまわしも適切に感じます

本当に声を荒げる議員のお手本にして欲しいくらいですね。
スマートな喋り方は板についていますね。

質問の視点もハッキリしていて見ている私にも
何が問題で何をどのように回答してほしいのかがよくわかりました。

適切な質問は適切な答えを必要とするという事をよくわからせる事を
実地で理解できる良い実例だったと思います。
適切な答えが出来ていないと本当に質疑に違和感が残りますね。

見ていて久々に凄いと感じる議員でしたので
確かに女性議員の中でも特出した議員である事は間違いないと思いますね。

吉川沙織議員の今後の活躍から目が離せませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ふくや よしこ
    • 2018年 3月10日

    そうなんですよね!私も先日初めて吉川沙織さんの質問を拝見して、心底感心致しました。まるで刑事コロンボを見ているようで、ゾクゾクしました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。