高橋和廣はパラアイスホッケー選手!プロフィールと年齢と出場日程は?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

高橋和廣選手について今回はまとめていきます!

高橋和廣選手は、パラリンピック日本代表の
男子アイスホッケーに出場する選手です。

平昌パラリンピックでも注目選手の1人です!

高橋和廣のプロフィールと戦績、
平昌五輪のスケジュールなどについて
調べてみました。

 

高橋和廣のプロフィールと戦績は?

ではまず、高橋和廣選手のプロフィールについて見ていきましょう。

プロフィール

名前:高橋和廣(たかはしかずひろ)
生年月日: 1978年12月4日(39歳)
生まれ: 東京都西東京市
ポジション:フォワード
東京アイスバーンズ所属

戦績

・パラリンピック
銀メダル 2010年 バンクーバー

・IPC アイススレッジホッケー

銀メダル 2013年 長野 Bプール世界選手権
銀メダル 2016年 苫小牧 Bプール世界選手権

など

スポンサードリンク

 

高橋和廣の経歴は

高橋和廣選手は
保谷第一小学校、青嵐中学校を卒業。
高校は岩手県の盛岡中央高校で
3年連続でインターハイに出場。
センターフォワードとして活躍した。

2000年3月の大学3年の時、
休日にでかけたスノーボードで
ジャンプした後に転倒し脊髄を損傷し下半身不随に。

それまでアイスホッケー一筋で
結果も出していた選手だったところから
休日のスノーボードでの転倒で
急転直下になった気持ちはどんなだったのでしょうか?

絶望のどん底にあったと想像するに難しくないですね。

リハビリ中に「アイススレッジホッケー」と出会い、
首都圏在住のスレッジプレイヤーが運営する
「東京アイスバーンズ」に所属した。

日本代表として、
2002年のソルトレーク大会から
3大会連続でパラリンピックに出場。

2010年バンクーバー大会では銀メダルを獲得したが、
ソチ大会は予選敗退という
天国から地獄を見ることになります。

銀メダルから出場を逃すという
大変な落差とともに
パラリンピックの4年間という
長さに絶望を感じたに違いありませんね。

高橋和廣選手のストロングポイントは

・チャンスメイクする正確なパス

チームメイトに

「必ずパスを通すのでゴール前に入って来い!」

といつもハッパをかけているそうです。

この正確無比なパスは
スレッジをバランスよく乗りこなすことから生まれるそうです。

つまり、スレッジを乗りこなす技術と体力が必要になるのです。

高橋和廣選手は
リハビリの一環である厳しい歩行トレーニングで
腰周りの筋肉を鍛え上げ技術と体力を手に入れたそうです。

本当に血の出るようなチャレンジを繰り返しているんですね。

更に、平昌パラリンピックでメダルを獲るために
健常者のアイスホッケーチームが相手に試合をしているとの事。

アイスホッケーのスピードや
予期せぬところでスティックが出てくる感覚などを
経験し素早い判断を身に付けるのだそうです。

確かに外国人の間合いやスピード
更にはボディチェックにおいて
パラリンピックでメダルを獲るには
このようなトレーニングは有効だと思われますね。

高橋和廣選手曰く

「経験していない若い選手にパラリンピックこうゆうもんなんだ」

と伝えていきたいと熱い思いをメッセージとして残しています。

 

高橋和廣の平昌パラリンピックメダルとスケジュールは

次に、高橋和廣選手の平昌パラリンピックにおける競技出場日程を
見ていきましょう。

高橋和廣選手は平昌五輪の男子アイスホッケーに出場します!

 

*平昌パラリンピックアイスホッケー決勝戦日程*

・アイスホッケー 男子決勝 3/18(日) 12:00~
Gangneung Hockey Centre

Gangneung Hockey Centre
江陵ホッケーセンター
住所:98 Surigol-gil, Ponam-dong, Gangneung, Gangwon-do, 大韓民国
URL:pyeongchang2018.com

予選は10日から始まっていますので、そちらもお見逃しなく!

 

高橋和廣のまとめ

いかがでしたでしょうか?

前回ソチの屈辱を乗り越えるには
やはりメダルを確保する事が一番重要です。

パラアイスホッケーが将来も人気を続けるかどうかは
高橋和廣選手を含めた選手全員の頑張りにかかっています。

日本のパラアイスホッケーを盛り上げる意味でも
全力で応援していきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。