三澤英司はパラアイスホッケー選手!プロフィールと年齢と出場日程は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

三澤英司選手について今回はまとめていきます!

三澤英司選手は、パラリンピック日本代表の
男子アイスホッケーに出場する選手です。

平昌パラリンピックでも注目選手の1人です!

三澤英司のプロフィールと戦績、
平昌五輪のスケジュールなどについて
調べてみました。

 

三澤英司のプロフィールと戦績は?

ではまず、三澤英司選手のプロフィールについて見ていきましょう。

プロフィール

名前:三澤英司(みさわえいじ)
生年月日:1973年2月22日(45歳)
生まれ: 東京都 立川市
ポジション:ディフェンス
北海道ベアーズ所属

戦績

・パラリンピック
銀メダル 2010年 バンクーバー

・IPC アイススレッジホッケー

銀メダル 2013年 長野 Bプール世界選手権
銀メダル 2016年 苫小牧 Bプール世界選手権

三澤英司選手のバンクーバーからの凱旋帰国の際の動画です。

スポンサードリンク

 

三澤英司の経歴は

三澤は17歳の時に悪性腫瘍のため、
右脚の股関節から切断したそうです。

大学卒業後にパラアイスホッケー競技を始め、
1998年の長野パラリンピックに初出場します。

その間、約8年様々な工夫をしながら
練習を行ってきたそうです。

長野パラリンピックでは

「歓声と拍手がすごくて、鳥肌が立つくらいでした。
脚を切断して5~6年目くらい。

それまで片足で歩くことを受け入れられなかったのに、
苦労とかつらさを一気に忘れ、
みんなの前で堂々としていられる自分がいた。

自分の人生の壁をひとつ乗り越えられた瞬間でした」

と三澤英司選手の忘れられないシーンの一つになっているそうです。

2017年10月の最終予選では、
三澤英司選手がフェンス際のパックを取りにいった際、
相手選手に突っ込まれて左鎖骨を骨折する重傷を負い、
緊急帰国を余儀なくされました。

その際にも気丈に振る舞い
チームを鼓舞していたそうです。

チームも強豪スウェーデン戦に勝利し、
平昌パラリンピック出場をほぼ手中におさめた時、
選手たちが「エイジーー!!」と声をあげたシーンは
三澤英司選手のチームでの存在の大きさを物語っていますね。

三澤英司選手曰く

「体力・精神面ともに、試合終了まで諦めず
最後までやり抜くことを常に意識しています」

とベテランらしい落ち着いたコメントとともに
今回の平昌パラリンピックに並々ならぬ決意を秘めているようですね。

 

三澤英司の平昌パラリンピックメダルとスケジュールは

次に、三澤英司選手の平昌パラリンピックにおける競技出場日程を
見ていきましょう。

三澤英司選手は平昌五輪の男子アイスホッケーに出場します!

 

*平昌パラリンピックアイスホッケー決勝戦日程*

・アイスホッケー 男子決勝 3/18(日) 12:00~
Gangneung Hockey Centre

Gangneung Hockey Centre
江陵ホッケーセンター
住所:98 Surigol-gil, Ponam-dong, Gangneung, Gangwon-do, 大韓民国
URL:pyeongchang2018.com

予選は10日から始まっていますので、そちらもお見逃しなく!

 

三澤英司のまとめ

いかがでしたでしょうか?

前回ソチの屈辱を乗り越えるには
やはりメダルを確保する事が一番重要です。

チームのディフェンスの要である三澤英司選手を含めた
パラアイスホッケー選手全員の頑張りにかかっています。

日本のパラアイスホッケーを盛り上げる意味でも
全力で応援していきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。