佐藤圭一はパラクロスカントリースキー選手!プロフィールと経歴や学校と彼女もチェック

この記事は6分で読めます

スポンサードリンク

 

佐藤圭一選手について今回はまとめていきます!

佐藤圭一選手は、パラリンピック日本代表の
男子クロスカントリーに出場する選手です。

体脂肪率4.5%という無駄を極力排除し
鍛え上げられたボディ

競技の際の集中した鋭い視線と
競技終了後のオフタイムに見せる
誰もが笑顔になってしまう人懐っこい笑顔

佐藤圭一選手の魅力が大会で多くのメディアに
取り上げられるようになると

クロカン王子

とも呼ばれ、人気が急上昇した
クロスカントリーとバイアスロン、
そして夏季はトライアスロンにも挑戦する鉄人!

平昌パラリンピックでも注目選手の1人です。

 

佐藤圭一選手のプロフィールと戦績、
平昌パラリンピックのスケジュールなどについて
調べてみました。

スポンサードリンク

 

佐藤圭一選手のプロフィールと戦績は?

ではまず、佐藤圭一選手のプロフィールについて見ていきましょう。

プロフィール

名前:佐藤圭一(さとう けいいち)
生年月日:1979年7月14日(38歳)
生まれ:愛知県名古屋市
所属:エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社

戦績

・パラリンピック(冬季)

5位入賞 2010年 バンクーバー リレー

・ジャパンパラリンピック

3位 2010年 5kmクラシカル
3位 2010年 10kmフリー
2位 2013年 5kmクラシカル
2位 2013年 10kmフリー
2位 2014年 スプリントフリー
2位 2014年 10kmクラシカル

・ワールドカップ

5位 2017年 札幌 バイアスロン7.5kmスプリント

・世界選手権

4位 2017年 ドイツ バイアスロン12.5kmミドル
4位 2017年 ドイツ バイアスロン15km

ほか

夏季競技では、トライアスロンでITUアジア選手権で
優勝したことも!

そんな輝く成績を残す佐藤圭一選手ですが

バンクーバー大会の後は、
「結果を残すしかない」「もっと練習しなければ」と

真面目過ぎるとも言える競技への姿勢がオーバーワークを招き、
膝や一本のストックを握る右手のケガを引き起こしたそうです。

 

佐藤圭一選手の経歴は?

先天性形成不全による左手関節部欠損
つまり生まれたときから左手の手首から先がない佐藤圭一選手。

部活にも入らず運動とは無縁の生活を送ってきた佐藤圭一選手。

しかし、
障がいによる片手だからできないと思われるのが大嫌いで、
なんでも健常者と同じことに
挑戦するような負けず嫌いな少年でした。

19歳の時に行われた長野パラリンピックを観戦。

佐藤圭一選手曰く

「片腕の選手がストック1本ということを感じさせない力強い走りをしていた。

こういう世界があるのか、やってみたいけど、
自分には無理だなと圧倒されていました。」

と最初は消極的だったものの
元来の負けず嫌いからクロスカントリーの道に進んで行きました。

 

しかしアスリートというのはどうしてもお金がかかるもの。
特にバイアスロンは射撃が必要なのですが
日本ではその練習場がほぼなく、海外遠征をしなくてはなりません。

経済的に厳しく一度は諦めたこともありましたが、
それでもやはりスポーツへの熱意は冷めませんでした。

 

その結果、なんとそれまで務めていた会社を辞め、
脱サラして単身カナダへ!
後がない状況に追い込むことで熱意を高めたとも言えますね。
相当な覚悟がなければできないことだと思います。

全くの初心者であった佐藤圭一選手は
まずスポーツショップに飛び込んでクロスカントリーをやりたいと言ったそうです。

夏はローラースキーで練習するのがいいと言われて、
ローラースキーからクロスカントリーを始めたそうです。

冬にはスキー場でアルバイトをしながら、
上手な人にお願いして教わったりしたそうです。

初心者の佐藤圭一選手の行動力にはビックリですね。

目標を決めたら猪突猛進ですね。

外国語等は話せたのでしょうか?

でも、カナダで出会った人達が良い人ばかりで
あっという間に上達したようですね。

1年の修業を経て帰国、
2007年には日本ナショナルチームのメンバーにも加わり、
さらにはパラリンピックにも出場するほどの実力者へ成長しました!

 

しかし出場したソチパラリンピックでは世界との壁を感じて

「今までと同じでは勝てない」

と心肺機能を高めるため
冬季の大会だけではなく夏季競技にも挑戦しようと
始めたのがさらに過酷なトライアスロン!

夏季冬季の競技を両立するということは全く休みがないということであり、
非常に難しいはずなのですが、
2016年のリオパラリンピックにも出場し、
夏季冬季とパラリンピックに出場したすごい選手です。

トライアスロン競技もプラスに働き

トライアスロンで心肺機能が上がっている。
ラストスパートも粘れるようになった」

とその相乗効果を実感し始めています。

 

現在も完全にアスリート一本で生活しているようで、
1日10時間は練習しているとか・・・
ブログにも自分がどういうトレーニングをしてどういう結果になったのか、
そしてその理由などを細かく分析している記事があり
年齢を重ねるごとに衰えるどころかさらに成長している
パラリンピアンです。

トレーニングの構築も佐藤圭一選手独自の感覚があるようで

「自分に子どもができてその子を大人になるまで
育てていくことをイメージするのと同じですかね。

赤ちゃんなのに筋肉をつけたいからと
ステーキやプロテインを与えて
過度なトレーニングなんて始めからできません。

母乳、離乳食から始まり、様々な挑戦と経験をし、
たまに怪我をしたり試練を乗り越えやがて立派な大人になります。

これと同じ考え方で逆算してトレーニング内容を決めていきます。」

とゴールを見据えた上でゴールから逆算する
トレーニング方法の実践を徹底しているようですね。

 

佐藤圭一選手の出身校や仕事は?

さて、気になる佐藤圭一選手の出身校についてですが、
スポーツの記事に簡単な情報がまとめられていました!

それによれば、中学校卒業後に自立しようと
新聞販売店で住み込みで働き始めたとか!

普通は高校に行かず仕事しようと思う学生はあまりいないでしょうし
障害があるならなおさらではないでしょうか?
現在も衰えないチャレンジ精神は若い頃からすでにあったんですね。

 

その後印刷会社に転職し、21歳から夜間の定時制高校に通い始めます。
つまり昼は働いて夜は勉強ということですね。

脱サラしカナダへ飛んだのが25歳のときですから、
高校は卒業しているはず。
印刷会社でそのまま勤務していたのを辞めたということでしょう。

 

帰国後資金が底をついたため中部電力の子会社に
就職したそうですが、その頃に知人の紹介で
日本代表の荒井監督に出会って本格的に競技を始めたそうです。

現在の所属はエイベックス・グループですので
更に転職したということだと思いますが、
非常に波乱万丈な人生を歩んでいますね。

 

恋人彼女との結婚は?

クロスカントリースキー・バイアスロン男子の
日本代表選手として活躍する佐藤圭一さん。
素敵な女性との出会い、恋人彼女との結婚はしているのでしょうか。

年齢的に考えると結婚していても不思議ではない年頃です。
またお子さんがいてもおかしくない年代でもあります。

実は、以前インタビューで好きな女性のタイプに以下のように

透明感があって、知的で落ち着いた人ですね。

その上容姿端麗だったら言うことなし!

でも、競技より大切だと感じる女性に出会えてないから
結婚できてないのかなあ。難しいですね(笑)。」

と佐藤圭一選手は答えています。

このことから、多分ですがまだ結婚はしていないようですね。

恋人や彼女に関してもいろいろ調べてみましたところ、
そういった情報は明かされていません。
もしかしたら水面下でのお付き合いをされているかもしれませんね。

しかしいまはパラリンピックなど大きな大会に向けて、忙しい時期でもあります。
落ち着いてから浮いた話も生まれてくるかもしれませんね。

 

佐藤圭一選手の平昌パラリンピックメダルとスケジュールは

次に、佐藤圭一選手の平昌パラリンピックにおける競技出場日程を
見ていきましょう。

佐藤圭一選手は平昌パラリンピックの
男子クロスカントリーの「10km」や
バイアスロンの「7.5km」「12.5km」などに出場の可能性があります!

 

*平昌パラリンピック決勝戦日程*

・バイアスロン 男子7.5km 決勝 3/10(土) 12:05~
Alpensia Biathlon Centre

・バイアスロン 男子12.5km 決勝 3/13(火) 12:50~
Alpensia Biathlon Centre

・クロスカントリー 男子10kmクラシカル 決勝 3/17(土) 10:15~
Alpensia Biathlon Centre

名称:アルペンシアバイアスロンセンター
住所:江原道平昌郡大関嶺面ソルボン路325
URL:https://www.pyeongchang2018.com/en/venues/alpensia-cross-country-skiing-centre


どの競技も必見です!

 

 

佐藤圭一選手のまとめ

いかがでしたでしょうか?

夏季冬季で二刀流パラリンピアンの佐藤圭一選手。

佐藤圭一選手曰く

「2014年のソチで世界との壁を感じて、
外国の選手と対抗するには、彼らよりもパワフルじゃないとダメですし、
後半疲れてからどれだけスピードを維持できるかが自分の課題でもあります」

と冷静に世界との距離と佐藤圭一選手自身の課題を上げています。

ですので佐藤圭一選手の最近のトレーニングはスタミナ強化です。

早朝5時、家を出発し山のふもとから9キロの道のりをローラースキーで駆け上がり、
その後、ゲレンデの傾斜をつかったランニングという
常にレースの後半のスタミナを意識した練習に取り組んでいます。

また、直前の合宿では、実践を非常に意識して

室内練習場での射撃練習では、
実際のレースでの状況にできるだけ近づけるため、
自転車で心拍数を上げてから射撃に入る流れを繰り返したり、

屋外コースでの練習では、
起伏のあるコースを何周回もして自らの滑りを磨いています。

また、チームメイトとの短距離走など、
普段のレースとは異なる圧倒的に速いスピード練習も取り入れています。

“なりたいイメージ”を逆算して
このような過酷なトレーニングメニューを課しているのでしょうね。

ほんとに飽くなきチャレンジ精神と行動力には賞賛の一言ですね。

平昌パラリンピックへの抱負に関しては

バイアスロンのトップ3を狙う。

バイアスロンの射撃の練習をする場所がない、

海外で練習に行きますが渡航費も宿泊費もかかってくる、

これでは次世代の選手たちも行き詰ってしまう

だから自分がメダルをとって
競技の環境を良くして、次世代に繋げていきたいんです」

と次世代のアスリートのことまで視野に入れて
自分の信じた道を貫き通す姿勢が素晴らしいと感じました。

佐藤圭一選手の尊敬しているアスリートは

“オーレ・アイナル・ビョルンダーレン”
というノルウェーのバイアスロン選手だそうです。

これまで6大会8回のオリンピックチャンピオン。
世界選手権では史上最多の24大会44個のメダルを獲得し
ワールドカップでも95勝している選手だそうです。

 

日本の“オーレ・アイナル・ビョルンダーレン”を目指し
さらなる進化を求めて挑戦を続ける佐藤圭一選手。

直近の
2018
第20回全日本障害者クロスカントリースキー競技大会
立位身体1部男子(5km)で優勝

と好調を維持しているようです。

応援していきたいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ