住田裕子弁護士が森友文書問題に言及!プロフィールと旦那や子供をチェック

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。

今回は、「モーニングショー」で森友文書問題に言及した
住田裕子弁護士について調べてみました。

 

偽造や書き換えよりも「使われ方」に問題があるとし、
説明を逃げることで調査や質問の妨害であるという
鋭い切り込みをしたことで話題になりました。

では、この住田裕子弁護士はどのような方なのでしょうか?
プロフィールから過去の問題や旦那&子供などの情報を
調べてみました!

 

 

住田裕子弁護士のWiki風プロフィールは?

まずは住田裕子弁護士の簡単なプロフィールについて
見ていきましょう。

氏名:住田 裕子(すみた ひろこ)
生誕:1951年6月21日(66歳)
出身地:兵庫県 加古川市
出身校:東京大学法学部
所属:H.S&P法律事務所/第一東京弁護士会 所属

 

加古川東高校、東京大学法学部を卒業した住田裕子弁護士は
まず東京の地方検察庁の検事になります。
始めから弁護士をしていたわけではなかったんですね。

検事は警察から送致されてきた犯罪者を尋問し、
起訴して裁判にかけるかどうかを判断する特別国家公務員のことですね。

 

その後は大阪地方検察庁、法務省民事局付検事、
司法研修所教官、法務大臣秘書官事務取扱・・・と
様々な経験を積み、
1996年に法務省訴訟局付検事を退官して弁護士になりました。

検事を辞めて弁護士になった方は
「ヤメ検」と言われますね。

検察官時代の人脈や経験を生かして
今度は個人を弁護するプロとなるわけです。

更に住田裕子弁護士は退官後は
弁護士の資格などを生かして
関西のいくつかの企業で役員としても活動し、
日本中央競馬会(JRA)の役員にもなっています。

検察官の能力が高い事もありますが、
企業の役員になるというのは
それだけでは成り立たない場合は多いと思います。

企業経営の基本から、役員企業の業態などに
詳しくないと難しいと思います。

やはり、東大出身の方は
企業分析においても優れていると言えるのではないでしょうか?

住田裕子弁護士が有名になったのは
やはりメディアに登場してからです。

行列のできる法律相談所」などの番組に出演することで
弁護士としてのネームバリューも大幅にアップさせましたね。

弁護士の専門知識をだけではなく
TVでの視聴者が知りたがっている点や
見たがっている内容をよく理解している点が
TV出演を増やした原因だと考えられますね。

「クイズ$ミリオネア」「SMAP×SMAP」での
コメンテーターとしても人気を博しましたね。

また、「ニッポン人が好きな100人の偉人」で卑弥呼役を演じるなど
弁護士の枠にとどまらないタレント的な活躍も多いですね。

スポンサードリンク

 

住田裕子弁護士が関わった2つの問題とは?

さて、そんな住田裕子弁護士ですが、検事時代と弁護士になってから、
2度の問題を起こしています。
1つは草加事件もう1つが「消費者委員会委員長の辞退」です。
1つずつ見ていきましょう。

 

有名な「草加事件」を担当したのも住田裕子弁護士です。
しかし草加事件は住田裕子弁護士が素晴らしい結果を出した
ということで有名になったのではなく・・・

 

草加事件は、埼玉の女子中学生が絞殺され
同年代の少年たちが逮捕された事件です。

ただ、被害者に付着していた体液などから
血液型が逮捕された少年たちと異なる結果が出たにも関わらず
逮捕されたのは少年たちで、

その時の主任検察官が住田裕子弁護士だったのです。
「逮捕できれば真犯人かどうかは関係ないのか?」
「都合の悪い証拠は隠して有罪にすればいいということなのか?」
などバッシングを浴びます。

 

結局真犯人が誰なのかは分からず、
草加事件は冤罪事件として有名になってしまったわけですね。

 

もう1つは消費者委員会についての問題。
2009年9月からできた消費者庁を
監視する機関である「消費者委員会」。

その委員長に就任が決定したのが住田裕子弁護士でした。

 

しかし、住田裕子弁護士は消費者問題の専門家ではなく
女性のハラスメントや不当差別に関することの方が得意。
委員長に任命するのは適切でないのでは?と言う意見が出ました。

しかも、委員長は「互選」つまりお互いに投票や話し合いをして
選び出すはずなのに、いきなり就任が決定しているというのは
おかしいのでは?という疑問もありました。

 

そんな中、住田裕子弁護士はなんと消費者庁設立の前日になって
「一身上の都合」で就任を辞退!

ギリギリになってから、しかも理由なども明かさず
ドタキャンしたのと同じようなことになってしまいました。

 

もちろん、理由としては
「天下りに対する怒りが高まりこれでは良くないと思って辞退した」
ということなんだと思いますが、
とにかくお騒がせ弁護士というようなイメージになってしまったのは事実です。

 

そんな事もあった中で今回の鋭いコメントがあり、
ネットでは「タレントになってしまったと思っていたが驚いた」
「見直した」「弁護士としての熱意が伝わる」
評価する意見が多く見られたようですね。

 

住田裕子弁護士の旦那や子供は?

最後に、住田裕子弁護士の家族についてです。

住田裕子弁護士は住田邦生さんという旦那さんと結婚されているようです。

1954年11月28日生まれの63歳で、住田裕子弁護士の3歳年下ですね。

 

旦那さんとは司法研修所で同級生であったらしく、
検事から弁護士という同じルートをたどっています。

弁護士夫婦というわけで、かなり裕福なのではないでしょうか?

 

また、お子さんについては男女1人ずつ、二人いるらしいです!

長男については情報がほぼなく分かりませんでしたが、
長女の「蓉子(ようこ)」さんはテレビに出演したこともあり
母と同じ東大の出だそうです!

 

さすがのエリート一家というべきでしょうか。

現在はお二人とも独立して結婚などしていると思われます。

 

住田裕子弁護士のまとめ

いかがでしたでしょうか?
近年はタレント色が強くなってきていた住田裕子弁護士ですが
今回の森友文書問題へのコメントで
また評価が変わってくるのではないでしょうか。

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。