木下雄介投手がドラゴンズ支配下登録!プロフィールと特徴と妻や子供をチェック

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回は、支配下登録で話題になった
木下雄介投手についてまとめていきます。

木下雄介投手は中日ドラゴンズの投手をつとめる24歳ですが、
支配下登録選手になるまでには挫折や努力がありました。

プロフィールや経歴からその特徴、
気になる妻&子供の情報まで
色々な情報を調べてまとめてみました!

 

木下雄介のプロフィールと経歴は?

まずは木下雄介投手の基本的なプロフィールや経歴・戦績について
まとめていきましょう。

プロフィール

氏名:木下 雄介(きのした ゆうすけ)
出身地:大阪府大阪市
生年月日:1993年10月10日(24歳)
身長:183 cm
体重:82 kg
投球・打席:右投右打
チーム:中日ドラゴンズ 所属
ポジション:投手
プロ入り:2016年~
年俸:300万円(2018年)
背番号:98

 

戦績

独立リーグ
2015年 15試合登板 防御率5.12
2016年 28試合登板 防御率3.45

中日ドラゴンズ
2017年 22試合登板

 

経歴

高校野球では生光学園高等学校で、3年生の時
徳島大会で決勝戦で延長線の末惜しくも負けてしまい
甲子園出場はなりませんでしたが
四国選抜チームの一員としてハワイ遠征に参加していました。

翌年には駒沢大学に進学しますが中退
野球から離れてアルバイトやジムのトレーナー、
不動産会社での営業などをしていました。

 

しかし四国選抜の同僚だった増田大輝選手が
徳島インディゴソックスで活躍していると聞き
もう一度野球の世界を目指します。

練習生から再度始め、努力を続けた結果
2016年10月のドラフト会議では
中日ドラゴンズから育成選手枠1位で指名を受け、契約!

 

そして2018年、目標としていた中日ドラゴンズの支配下登録となり
背番号201から98に変わりました。

 

支配下登録とは?育成選手と何が違う?

野球に詳しくない方には「支配下登録って何?」
と言う感じだと思いますので、
支配下登録とは何か、育成選手と何が違うのかについて
簡単にまとめておきます。

 

支配下登録とは正式には「支配下選手登録」と言い
日本野球機構に所属しているプロ野球球団が1球団70人まで
特定の選手との間に結ぶ契約

排他的かつ独占的に契約を結べる状態であることを
各リーグに届け出る、つまり
「うちのチームの選手です」と確定し、
1軍や2軍の選手として出場できるわけですね。

 

逆に、育成選手は
1軍のオープン戦は出場できず1試合の出場は5人までなど
いろいろな制限がありますし、
育成とは名ばかりで実践の機会に恵まれない選手も多いなど
球団での環境もあまり良くないそう。

アマチュア以上、プロ未満という感じなのですね。

 

年棒も育成選手は240万円、支配下登録なら
1軍最低年俸1,300万円・2軍最低年俸440万円と大きくアップします。

木下雄介選手を含め、支配下登録の選手になることは
悲願でもあるのですね。

 

木下雄介の特徴は?駒大中退の原因は?

そんな木下雄介投手の特徴は、
最速151キロのストレート

癖のないフォームも持ち味で、
オープン戦では4試合で5回1失点と好投が続いており
それを武器に今季の1軍キャンプ、そして今回の支配下登録を
勝ち取りました。

 

しかし、そうなるまでには挫折もありました。

経歴の部分で書いたように、木下雄介投手は
一度は野球を諦めています。

その理由は、肩の故障
怪我によって大学中退してしまったんですね。

 

そこから復活して支配下登録を勝ち取ったのですから
まさに努力が報われた瞬間でしょうね!
本人も嬉しかっただろうと思います。

スポンサードリンク

木下雄介の妻や子供は?

そんな木下雄介投手には熱愛彼女がいるのかと思って
調べてみたところ・・・すでに結婚されて子供もいるようです!

中日ドラゴンズ入団時は育成契約にもかかわらず
妻子がいることで注目されたそうですね。

 

奥さんの名前は茜(あかね)さんと言い、
26歳で木下雄介投手の2歳年上。
写真もありましたが、可愛らしい感じの美人でした。

お子さんは叶望(かの)ちゃんという女の子で、
現在1歳5ヶ月なんだそうですね。

写真の一番右が奥さんの茜さんと叶望ちゃんですね。↓

ただ、支配下登録という夢を叶えるため
2017年の1年間は大阪に家族を残し単身名古屋で暮らしていたそうです。

愛する家族と離れて一人孤独に戦う木下雄介投手も、
生まれたばかりの娘を女手一つで育てなくてはならない奥さんも
大変だったでしょうが、
昨年12月からは3人一緒に名古屋で暮らしているそうですね。

 

また、今回の支配下登録を奥さんに伝えたところ
「叫んでいました(笑い)」と話していた木下雄介投手。
奥さんにとっても念願だったのかもしれませんね。

 

木下雄介のまとめ

先日の試合で1回を無安打に抑えた時の様子です!
やはり支配下登録となるだけの実力がありますね↓

いかがでしたでしょうか?

念願かなって中日ドラゴンズの育成選手から
支配下登録となった木下雄介投手。

これからは正式な選手として、
家族に恩返しするためにも頑張って欲しいですね!

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。