輸入汚染メロンの見分け方は?リステリア菌の予防方法も調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

汚染メロンが輸入されたという
危険で心配なニュースが入ってきました!!

どうやらオーストラリアから
「リステリア菌」というものに汚染されたメロンが
日本に輸出されていたらしいのです。

 

このままではまずいので、注意喚起の意味も込めて
記事にまとめてみました!

汚染メロンとは?

まずは汚染メロンのことについてまとめていきます。

 

事の発端はオーストラリアで起きた食中毒。

今年・2018年1月から4月にかけて

リステリア菌に汚染されたメロンを食べた人たちが食中毒を起こし
これまでに19人が感染・7人が死亡しています。

 

スーパーで売っていた、
ニューサウスウェールズ州のとある農場のロックメロンから検出され
政府から「今冷蔵庫にメロンがある人は捨てるように」とまで
お達しが出たとか。

該当の汚染メロンはすぐに特定され2月には回収されましたが、
それは国内だけのことであり
WHOから4月9日、「汚染の可能性のあるメロンが日本やシンガポールなどの
9カ国・地域に輸出されていたことが分かった」と発表がありました。

 

もちろんリステリア菌以外の菌やウイルス除去のため
オーストラリアからの輸出の際には
必ず洗浄作業が行われており
リステリア菌が残っている可能性は低いそうですが
それでも可能性が0ではない以上注意するようにとのこと。

日本ではメディアにも取り上げられ、
テレビのニュースなどで注意喚起が行われました。

汚染メロンのリステリア菌とは?

では、リステリア菌とはどんなものなのでしょうか?
厚生労働省のサイトにありましたので、まとめておきます。

 

リステリア菌(リステリア・モノサイトゲネス)
川の水や動物の腸など広く分布している食中毒菌の一種
大体は食品に付いていて口に入れてしまうと感染します。

ロックメロンは表面がでこぼこしているため
菌が溜まりやすくなってしまうらしいですね。

 

日本では報告例はありませんが
食品安全委員会の評価書によれば
100万人あたり0.1~10人、
年間200人位はかかっているそうです。

食品などを媒介に感染するものの
よくある急性胃腸炎のようなものではなく
潜伏期間は最長で何と90日とか!

だから1月出荷のメロンでも今注意喚起をするのですね。

 

菌が体内に入っても発病する人は多くないようですが
頭痛・悪寒・嘔吐や39度前後の熱など
インフルエンザや胃腸炎のような症状が出ます。

 

重症化することはほとんどないとのことですが
逆に重症化すると脳脊髄膜炎や意識障害などを起こし
致死率が高いため、特に高齢者や妊婦の方は注意すべきものです。

 

特に妊婦の方はお母さんにはそれほど症状が出ないものの
赤ちゃんに感染して影響が出る事があるため
特に危険です。

 

症状自体は抗生物質を飲めば良くなりますね。

スポンサードリンク

汚染メロンの見分け方は?

では、汚染メロンを見分けるにはどうしたらいいでしょうか?

政府や小売店が出来るだけ早く危険なメロンは回収すると思いますが
それでも可能性がある以上は
できるだけ特定したいですよね。

 

例えば、今でも流行っている輸入果物の見分け方として
「シールの番号を見れば遺伝子組換えか分かる!」
というものがありますよね。
ツイッターなどでもバズっていた印象です。

ただ、そういったことで汚染メロンを見分けることはできません。
ファームの名前や識別番号などは分かりませんしね。

 

ちなみに、そのコードには現在遺伝子組換えの表示がなくなっており
バズるよりずっと前に廃止されていたらしいです(笑)
こういう情報は真偽や時期をよく調べずにどんどん拡散したくなりますから
気をつけないといけませんね・・・

 

しかし汚染メロンは「オーストラリアからの輸入品」かつ
「ロックメロン(=カンタロープ)」であることが分かっていますから
メロンを買う時はロックメロン以外を買うとか
産地を見てオーストラリア産だったら
一応買うのは控えるようにするといいのではないでしょうか?

 

■カンタロープ(Cantaloupe)

・収穫地
ヨーロッパ南部、アメリカ、タイなどで露地栽培される赤肉種のマスクメロン
キャンタロープとも呼称される。和名:疣(いぼ)メロン。

・概要
北米のカンタロープは、アメリカ合衆国、メキシコ、カナダの一部で一般的なメロン
欧州のカンタロープは、表面の突起は小さめ、緑灰色がかった表皮は北米種とかなり見た目が違う。
イタリアでは生ハムメロンに使われる。
また、家畜の飼料用にも利用される。

加工品(ドライメロンなど)としても利用される。
一般的には後述の後継品種を含めてカンタロープと総称される。

 

また、オーストラリアへ海外旅行に行かれる方も
回収されたとは言え同様に現地でメロンを食べるのは
ちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。

リステリア菌の予防方法は?

では最後に、リステリア菌の予防法です。

汚染メロンはもちろん、リステリア菌は
色々な食品からの感染例がありますので
知っておいて損はありません!

 

まず、リステリア菌は
・食品の味や匂いを変えない
・食塩水にも耐え、肉の加工に使われる亜硝酸塩にも耐える
・-4度でも増殖する

といった特徴があり、塩漬けにしても
冷蔵庫に入れておいても危険です。

 

代わりに、他の食中毒菌と同じく加熱に弱いので
熱を通せば死にます

ただ、メロンを加熱して食べる人は少ないと思いますので
気をつけましょう。

 

また、健康な成人なら大量に摂取しないと発症しないことがほとんどなので
賞味期限や保存方法を守るのが一番大事ですね。

 

汚染メロンのまとめ

いかがでしたでしょうか?

現在特定と回収が進められている汚染メロン。

発症例はほぼないと思われますが、
しっかり危険を認識して
チェックして購入することを
意識して行きましょう!

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。