青梅大祭のアクセス場所と駐車場や料金は?日程と時間を調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回は青梅大祭のアクセス場所と駐車場や料金は?
日程と時間を調べてみたいと思います!

 

東京は急青梅街道で毎年行われる
「青梅大祭」が2018年も開催されることが決定!

昔から12の町で祭礼として行われていた祭りで、
旧暦の3月28日=現在の4月28日に祭礼が行われていますが、
その後青梅大祭として別日程で実施することになりました。

十台以上の山車が街の中を巡行し、
お囃子で盛り上げながら競演を繰り広げます!

露店などもたくさん並びますし、多くの人が訪れて
町が祭り一色に染まる大きな祭りですね!

そんな青梅大祭の日程や時間、アクセス、
料金や車で行かれる方のための駐車場情報など
いろいろな情報を調べてまとめてみました!

 

青梅大祭の日程と時間は?

まずは青梅大祭の日程や時間について
まとめていきましょう!

日程と時間はこちら↓

日程:2018年5月2日(水)・3日(木祝)

毎年5月の2日と3日に行われています!
今年は水曜・木曜と平日になりましたが祝日もありますし、
すでにゴールデンウィークに入っている方もいるかもしれませんね。

これまでに悪天候で中止したことはないため
ちょっと雨が降ったくらいではそのまま続行になると思われます。

 

時間:09:00~22:00

2日は「宵宮祭り」15:00~22:00、
3日は「本祭り」09:00~22:00となっています。

各町の山車が街を練り歩きますが、
いくつかの山車が共演する場所・時間がいくつかあります!

5月3日
16:20ごろ 熊野神社前・・・西六町競演
17:15ごろ 青梅駅前・・・四町競演
18:00ごろ 市民会館前・・・七町競演

会場:東京都青梅市勝沼・西分・住江・本町・仲町・上町・
森下・滝ノ上・大柳・天ヶ瀬・裏宿・日向和田

12の町がそれぞれ山車を巡行し、
町を上げての祭りになりますね。

 

青梅大祭の場所とアクセス方法は?

続いて、青梅大祭の場所やアクセス方法についてです!

会場:東京都青梅市

西六町競演が熊野神社前

四町競演が本町の青梅駅前

最後の競演が市民会館近くになります。

交通アクセス:車・・・圏央道青梅ICより20分
電車・・・JR青梅線 青梅駅・東青梅駅付近

青梅市の各所で山車が巡行しますので、
車にせよ電車にせよあちこち歩き回る必要が出てきますね。

アクセスはしやすいですが、
動きやすい服装がおすすめです!

スポンサードリンク

青梅大祭の料金は?

さらに、青梅大祭の入場料金についてです!

青梅大祭は無料で観覧可能!
そもそも町中ですし、入場などの規制はしません。

 

ただし1日中行われている大祭ですので
食事代などは必要になってくるはず。

露店もたくさん出ていますので
そちらも楽しみたいところですね。

予算には余裕を持って準備しましょう!

青梅大祭の駐車場は?

最後に、青梅大祭の駐車場についてです。

青梅大祭は合計700台の駐車場があります!
もともとあるものや臨時のもの、無料・有料様々ですね。

ただ、当日は交通規制が行われます!
自転車も通れないのでご注意ください。

5月2日・・・住江町交差点から市民会館交差点まで(15:00~22:00)
5月3日・・・勝沼町から日向和田まで(09:00~22:00)
そのほか駅前のロータリーなども通行止めになります。

ものすごい人でごった返すためできれば公共の交通機関を
利用したいところですが、
車での利用の際はそちらに停めるか、
少し離れた所に駐めて徒歩や電車等で移動するのも
良いと思います。

青梅大祭のまとめ

いかがでしたでしょうか?

青梅大祭は、

東京都青梅市の勝沼・西分・住江・本町・仲町・上町・
森下・滝ノ上・大柳・天ヶ瀬・裏宿・日向和田 の12の町で、

2018年5月2日(水)・3日(木祝) の2日間、
朝9時から夜10時まで行われ、

料金は無料 で、

駐車場は合計で700台ほど です!

 

山車とお囃子の賑々しい競演を楽しんで盛り上がりましょう!

では、ここまでお読み頂き
ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。