やぶさめまつりのアクセス場所と駐車場や料金は?日程と時間も気になる

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はやぶさめまつりのアクセス場所と駐車場や料金は?
日程と時間についてまとめていきたいと思います!

 

静岡県で毎年春の恒例行事、「やぶさめまつり」が
2018年も開催です!

富士宮市の無形民俗文化財に指定されるこの祭りは
境内を馬で疾走しながら矢を放つ迫力の流鏑馬式!
毎年多くの人で賑わう人気イベントです。

様々な神事や行列などの催し物が行われ
周辺には出店も多く並ぶ華やかで壮観なお祭りですね!

そんなやぶさめまつりの日程や時間、アクセス、
料金や車で行かれる方のための駐車場情報など
いろいろな情報を調べてまとめてみました!

 

やぶさめまつりの日程と時間は?

まずはやぶさめまつりの日程や時間について
まとめていきましょう!

日程と時間はこちら↓

日程:2018年5月4日(金)~6日(日)
毎年同じ日程でゴールデンウィークに開催されていますね。
5日が本祭となり、6日は後日祭となっています。

 

時間:09:00~16:00ごろ
浅間大社自体は05:00~20:00まで開いていますね。

それぞれの日程でのスケジュールは次の通り。

5月4日(金祝)
09:00~・・・川原祓・馬場祓(富士川河川敷と神社で弓馬のみそぎ)
12:00~・・・末社巡拝(市内の各神社を神職や射手が参拝)
15:00~・・・流鏑馬習礼(本番前に予行演習)

5月5日(土祝)
09:00~・・・流鏑馬祭執行
10:00~・・・古式流鏑馬(儀礼的なもの)
12:00~・・・流鏑馬練行(鎌倉時代の武者に扮した行列が練り歩く)
15:00~・・・神事流鏑馬式

5月6日(日祝)
後日祭

 

会場:静岡県富士宮市宮町1-1 富士山本宮浅間大社

やぶさめまつりの場所とアクセス方法は?

続いて、やぶさめまつりの場所やアクセス方法についてです!

会場:富士山本宮浅間大社ほか

浅間大社は上で紹介したとおりですが、
川原祓は富士川の河川敷で、

末社巡拝は若宮八幡宮・金之宮八幡宮・富知神社の3つで行われ、

流鏑馬式前の行列は市内のあちこちを練り歩きます。

 

交通アクセス:車・・・東名富士ICより西富士バイパス経由で約20分
新東名新富士ICより西富士バイパス経由で約15分
山梨県側から国道139号線経由の場合
新幹線新富士駅から約30分
電車&バス・・・新幹線新富士駅→バス→東海道線富士駅
→JR身延線富士宮駅から徒歩15分

東京駅から高速バスも出ているようです。

スポンサードリンク

やぶさめまつりの料金は?

さらに、やぶさめまつりの入場料金についてです!

やぶさめまつりは入場・観覧無料!
様々な催し物がありますが、誰でも無料で楽しめます。

 

ただし、出店などが多くありますので
堪能するならその予算は欲しい所。
そもそもイベント自体が朝から夕方まであるため
食事代は必要になってきますね。

また、当然ながら電車やバスでのアクセスの際は
その分のお金は必要ですね。

やぶさめまつりの駐車場は?

最後に、やぶさめまつりの駐車場についてです。

やぶさめまつりの行われている浅間大社は
駐車場がありますが、
期間中は車乗り入れは交通安全祈願の方以外は入れません。

 

その代りにあちこちに臨時駐車場があるため
そちらに駐めてから徒歩で移動するということになりますね。

臨時駐車場の一覧は次の通り↓
城山公園
5月4・5・6日 9:00~21:00(雨天利用不可)、200台

貴船小学校グラウンド
5月4・5・6日 9:00~21:00(雨天利用不可)、70台

市役所駐車場
5月4・5・6日 9:00~21:00(雨天時のみ利用可)、200台

神田川駐車場(有料)
6:30~22:00
バスやバイクも駐車可能

各所にありますので
1つが満車になっても別のところなら駐められると思います。

やぶさめまつりのまとめ

いかがでしたでしょうか?

やぶさめまつりは、

静岡県富士宮市宮町1-1 富士山本宮浅間大社とその周辺 で、

2018年5月4日(金)~6日(日) の3日間行われ、

料金は無料 で、

駐車場は市内各所の臨時駐車場を利用しましょう。

 

鎌倉時代に思いを馳せながら勇壮な流鏑馬で盛り上がりましょう!

では、ここまでお読み頂き
ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ