サディオマネの所属チームと背番号とW杯のプレースタイルや年俸は?弱点と怪我もチェック

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はサディオ・マネ選手
プレースタイルと所属チームと背番号や年俸から
気になる怪我のことについてまとめていきます。

 

サディオ・マネ選手はセネガル代表のサッカー選手。

現在国内最大の市場価値を持つと言われる
世界でもトップクラスの選手ですね!

現在はプレミアリーグの名門リヴァプールで活躍中です。

そんなサディオ・マネ選手の
プロフィールや経歴からプレースタイルまで
色々な情報を調べてまとめてみました!

サディオ・マネのプロフィールと経歴は?

まずは、サディオ・マネ選手の
プロフィールや戦績、経歴などについて
まとめていきます。

 

プロフィール

氏名:サディオ・マネ(Sadio Mane)
年月日:1992年4月10日(26歳)
出身地:セネガル セディウ州セディウ
身長:175cm
体重:69kg

在籍チーム:イングランド リヴァプールFC
ポジション:FW
背番号:19
市場価値(≒年俸レベル):82億円

 

戦績

フランス メス 19試合出場 1得点
オーストリア レッドブル・ザルツブルク 63試合出場 31得点
イングランド サウサンプトン 67試合出場 21得点
イングランド リヴァプール 27試合出場 13得点

ロンドンオリンピック代表 4試合出場
セネガル代表 47試合出場 14得点

 

経歴

幼い頃からストリートでのプレーをしており、
貧しい家庭で育ったサディオ・マネ選手は
その才能を早くから発揮し、
2011年にコロンビアの国内ではなくフランスのメスで
プロデビューを果たします。

 

翌年、オーストリア・ブンデスリーガの
レッドブル・ザルツブルクのスポーツディレクターに
その才能を見出されて移籍!

ハイレベルな練習や試合を重ね、チームの核となる選手に
成長していきます。
チーム自体もUEFAヨーロッパリーグ10連勝、
オーストリア・ブンデスリーガ&オーストリア・カップ
ダブル優勝など素晴らしい成果を上げました。

 

2014年からはイングランド・プレミアリーグの
サウサンプトンFCに当時のクラブ史上最高額で移籍。

リーグ最速ハットトリック記録を更新するなど大活躍し
様々な有名クラブが獲得しようと躍起になります。

その中から選んだのはリヴァプールFC!

アフリカ人での史上最高額となる
3400万ポンド(約46億3000万円)という超高額な移籍金で獲得し、
サディオ・マネ選手もその期待に答えて
クラブ年間最優秀選手に選出される活躍をし
今やプレミアリーグで最も恐れられるストライカーの1人となっています。

 

また、セネガル代表としてもワールドカップやオリンピックに
出場していますね。
間違いなく今年のワールドカップでも猛威を奮ってくるでしょう!

サディオ・マネのプレースタイルは?

では、サディオ・マネ選手のプレースタイルの
特徴について見ていきましょう。

サディオ・マネ選手のプレーで最も評価が高いのは
何と言ってもそのスピード!

相手の裏を取って一気に抜き去るのが得意で
ボールポジショニングの技術も相まって
走り出しからかなりのスピードを出すことができます。

 

加えて非常に小回りがきくため
緩急をつけたりいきなり進む方向を変えたりと
相手DFを翻弄することが可能!
どちらのサイドでも中央でもプレーは可能ですが
特に右サイドからの突破を得意としていますね。

 

決定力の高さにも定評があり、
スピードを活かしたカットインなどのほか
スーパープレーを見せることも。

自分一人でゴールまで十分可能ですが、
2トップでのコンビネーションなど
チームメイトの決定機を作ることも可能!

サディオ・マネ選手だけを警戒していると
あっという間に他の選手のチャンスを作られてしまうでしょう。

 

一方、プレーをよく見る人からは
「トラップが苦手」との評価があります。

せっかくパスが繋がってもトラップの瞬間を狙われ
ボールをすぐ奪われてしまうことも
多いようでその点が弱点と言えるでしょうね。

スポンサードリンク

サディオ・マネは怪我が多い?

さて、サディオ・マネ選手のプレースタイルの欠点に関して
トラップの話をしましたが、
実はもう1つ気になる欠点があって・・・
それは、ちょっと故障が多いことです。

 

サディオ・マネ選手は何度も
ハムストリング(太ももの裏)のケガをしていますよね。

昨年春には膝の手術をして
シーズンの多くを欠場していましたし、
先日のローマ戦でも太ももを痛めて
病院に行ったという報道がありました。

 

その後監督の記者会見で
「負傷はシリアスなものではない」とのことで
一安心ですが、
アスリートとして怪我が多いことは死活問題ですし
本人も試合に出られなくてストレスが溜まると
言っています。

 

スポーツに怪我はつきものですが
やはり個人的な部分はもちろん、
チームとしても失うと大きな影響が出ます。

特にサディオ・マネ選手はリヴァプールの
大事な得点源の1つですからね。

 

ワールドカップでもケガで調子が出ずベンチ入り・・・
なんてことがないことを祈りたいですね。

 

サディオ・マネのまとめ

いかがでしたでしょうか?

幼くして家族や故郷と離れ、困難な道を乗り越えて
世界トップクラスのサッカー選手に上り詰めた
サディオ・マネ選手。

 

ワールドカップではどんな活躍を見せてくるのか・・・
日本代表は要注意です!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ