ケイタバルデディアオのW杯のプレースタイルと所属チームと背番号と年俸は?移籍騒動も調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はケイタ・バルデ・ディアオ選手
プレースタイルと所属チームと背番号や年俸から
昨年話題になった移籍騒動についてまとめていきます。

 

ケイタ・バルデ・ディアオ選手はセネガル代表のサッカー選手。

23歳の若手ながらモナコで活躍するフォワードの選手!
セネガル期待の新星です!

そんなケイタ・バルデ・ディアオ選手の
プロフィールや経歴からプレースタイルまで
色々な情報を調べてまとめてみました!

ケイタ・バルデ・ディアオのプロフィールと経歴は?

まずは、ケイタ・バルデ・ディアオ選手の
プロフィールや戦績、経歴などについて
まとめていきます。

 

プロフィール

氏名:ケイタ・バルデ・ディアオ(Keita Balde Diao)
生年月日:1995年3月8日(23歳)
出身地:スペイン カタルーニャ州ジローナ県
身長:181cm
体重:77kg

在籍チーム:モナコ ASモナコ
ポジション:フォワード(FW)
背番号:14
市場価値(≒年俸レベル):34億2000万円

 

戦績

イタリアの旗 SSラツィオ 110試合出場 26得点
モナコの旗 ASモナコ 22試合出場 8得点

カタルーニャ代表 1試合出場
セネガル代表 14試合出場 3得点

 

経歴

2000年にCFダムのユースチームに所属した
ケイタ・バルデ・ディアオ選手は、
それからFCバルセロナ、UEコルネジャ、SSラツィオといった
様々な有名クラブの下部組織で経験を積み、
2013年にトップチームに昇格!
プロデビューを果たします。

実は中々トップチームに上がれなかったのは
素行不良などがあったらしいですね。

 

それから5年の間SSラツィオでプレーし
110試合26得点と活躍します。

その結果が評価され、
昨年・2017年の8月にリーグ・アン、ASモナコ
5年契約を締結しています!

ケイタ・バルデ・ディアオのプレースタイルは?

では、ケイタ・バルデ・ディアオ選手の
プレースタイルと
その特徴をまとめていきましょう。

 

ケイタ・バルデ・ディアオ選手の最大の武器は
その圧倒的なスピード!

他を寄せ付けない高速のドリブルで
一気に敵を抜き去り
そのままシュートまで持っていきます。

 

止めようにも簡単には負けないフィジカルの強さも持ち
一度トップスピードに乗ると止められません。

また、利き足が両利きであり
右でも左でも器用に扱うため
守備側はどう来るのかの選択がかなり難しいと言えます。

 

セネガル代表はケイタ・バルデ・ディアオ選手と
逆サイドのサディオ・マネ選手の2名が
いずれもスピードに優れた選手であることから
どちらも警戒する必要がありそうです。

スポンサードリンク

ケイタ・バルデ・ディアオの??は?

そんなケイタ・バルデ・ディアオ選手ですが、
じつはモナコへ移籍するまでには
かなりの騒動があったのです。

 

当時ラツィオ所属のケイタ・バルデ・ディアオ選手は
大きな活躍を見せ、
色々なクラブから関心を集めることになりました。

契約期間は2018年6月まで。
チームとしても契約を更新するか他のクラブに移籍させるかを
そろそろ考える時期でした。

 

そんな中、イタリア・スーパーカップの開幕戦・ユベントス戦で
ケイタ・バルデ・ディアオ選手は招集から外されてしまいます。

監督は「彼の周りでは噂が飛び交っており、私は注意深く観察している」など
手放しに起用はできないとコメントしており
これが本人を大きく傷つけることになりました。

 

メディアの取材に
「クラブの決定は純粋にスポーツ的な基準とは関係ないもの」
「心理的に僕を不快にさせた」と答えるとともに
「準備していたにもかかわらずクラブは適切な契約更新のオファーを提示していない
「明らかに、クラブは選手に対して投資する意思がないことを
表している。この真実を隠すために、噂を理由にしたんだ」
などと発言。

クラブへの不満をつのらせた結果
練習を無断欠席するなど関係が悪化していました。

 

他のクラブからはミラン、ナポリ、ユベントスなど
多くのクラブからオファーが来ていたようです。

しかしこれに対しても選手とクラブ側が対立。
ケイタ・バルデ・ディアオ選手はユベントスのみを
移籍先に望みましたが、
その価格は1500万ユーロ(約19億3000万円)
他のクラブが提示する価格の半分ほど。

 

当然クラブとしてはそんな低い値段で売るわけにも行かないので
要求を突っぱね、ユベントスは獲得から撤退。
ケイタ・バルデ・ディアオ選手は四面楚歌になってしまい
揉めに揉めていました。

 

最終的には閉幕直前になってモナコとの契約となり
入団会見では
「ユヴェントスとインテルのオファーが何度も報じられたが、
具体的なオファーはモナコからだけだった」
と暴露していましたので
どうあってもラツィオに居続けることはなかったでしょう。

現在は上手く活躍できているようですが
世間を騒がせたのは間違いないですね。

ケイタ・バルデ・ディアオのまとめ

いかがでしたでしょうか?

ワールドカップでも出場間違い無しの
ケイタ・バルデ・ディアオ選手。

 

日本代表には何とかしてサイドからの高速ドリブルを
封じていって欲しいですね。

試合が楽しみです!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ