桃田賢斗の経歴と戦績や出身高校は?違法賭博と処分を調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

桃田賢斗選手がバトミントン・アジア選手権の
男子シングルスで優勝したという
すごいニュースが入ってきました!

 

なんと、アジア選手権のシングルスで
日本人選手が優勝するのは史上初めてのこと!

リオオリンピックの金メダリストを撃破し
素晴らしい成績を残しました!

 

桃田賢斗選手はこれまでに数々の素晴らしい成績を
残しており、まさに期待の星と言った感じですが、
その一方で不祥事を起こしたこともありました。

 

そんな桃田賢斗選手の
プロフィールや経歴から起こした不祥事まで
色々な情報を調べてまとめてみました!

 

 

桃田賢斗のプロフィールと経歴は?

まずは桃田賢斗選手の
プロフィールや経歴などをまとめてみました。

桃田賢斗選手のプロフィール

氏名:桃田 賢斗(ももた けんと)
生年月日:1994年9月1日(23歳)
出身地:香川県三豊市(三豊郡三野町)
身長:175cm
血液型:A
種目:シングルス
所属:NTT東日本

 

桃田賢斗選手の戦績

アジア選手権
金メダル 2018年 男子シングルス

世界選手権
銅メダル 2015年 ジャカルタ 男子シングルス

世界ジュニア選手権
銅メダル 2011年 桃園 男子シングルス
銀メダル 2012年 千葉 混合団体
金メダル 2012年 千葉 男子シングルス

アジアユースU19選手権
銅メダル 2011年 ラクナウ 男子シングルス
金メダル 2012年 金泉 男子シングルス
金メダル 2012年 金泉 混合団体

その他
2014年 トマス杯 男子団体金メダル
2015年 スディルマンカップ 混合団体銀メダル

 

経歴

小学1年生のときに、先にバドミントンを始めていた
姉のチームのコーチに誘われて自分も始めたという桃田賢斗選手。

 

それからバドミントンの魅力に取りつかれ、
6年生の時には全国小学生選手権で優勝するなど頭角を現します。

中学生の時も全国優勝&全日本ジュニア選手権ベスト4と
男子選手としては史上初となる
中学生で全日本総合選手権の予選に出場

 

高校生でもインターハイ優勝、
アジアユース選手権男子シングルス優勝など
多くの功績を残し、
どんどん世界ランクを上げます。

日本人初のBWFスーパーシリーズ&
スーパーシリーズファイナルズ・
シングルスで優勝などなど
素晴らしい成績を勝ち取っています。

 

世界ランクは最高2位、
日本ランクは最高1位と
まさに日本のエースといったところですね!

 

 

桃田賢斗の出身校はどこ?

そんな桃田賢斗選手は
どこの学校でバドミントンをしていたのでしょうか?
出身校についてを調べてみました。

 

桃田賢斗選手は
小学校は「三豊市立吉津小学校」
中学校は「福島県富岡町立富岡第一中学校」
であることが分かっています。

また、その後は「福島県立富岡高等学校」に入学しています。

 

小学生の時から様々な大会で成績を残しているため
出身校も分かっているんですね。

富岡高校にはスポーツ推薦で入ったのでしょうか?
スポーツに力を入れている高校で、
バドミントンの選手としては
大堀彩選手や仁平菜月選手も同じ高校の出身です。

 

高校卒業後は大学に進むという選択肢もありましたが
進学ではなく就職という形で
NTT東日本に入社しています。

NTT東日本には星野翔平選手や橋本由衣選手などが
所属しています。

スポンサードリンク

桃田賢斗が違法賭博!?

しかし、そんな中驚くべきニュースが・・・
2016年4月、ちょうどインドオープンで優勝し
世界ランキングも2位に更新したその日、
なんと桃田賢斗選手が都内の違法カジノ店で
賭博をしていたということが判明してしまったのです!

 

NTT東日本が調査した結果、
桃田賢斗選手のほか同じNTT東日本の複数選手が
違法カジノに出入りしていたことが
判明してしまいました。

 

それも1回ではなく、田児賢一選手の紹介で
合計6回ほど訪れていたということで
リオオリンピック代表は確実とも言われた桃田賢斗選手は
日本代表選手指定から外れるだけでなく
無期限の競技会出場停止処分となります。

田児賢一選手はメディアや世間からの
やりすぎと言えるほどのバッシングを浴び、
マレーシアへ拠点を移します。
男子バドミントン部全体も半年の対外活動自粛など
処罰が下りましたね。

 

桃田賢斗選手は謝罪会見で
「今回、どんな処分を下されても、しっかり受け止めて、
しっかり自分と向き合って、ちゃんと反省したいと思います」
と発言。

翌年・2017年の5月に出場停止処分が解け
復帰戦で優勝するなどの結果を残しています。

 

オリンピック出場という2度あるかどうかの大きなチャンスを
逃したことでしっかり反省したということでしょうか。
その悔しさをバネに、東京オリンピックではしっかり戦って欲しいですね。

 

 

桃田賢斗のまとめ

いかがでしたでしょうか?

問題行動を起こしたものの、
現在は真面目に練習に取り組み
結果として素晴らしい成果をあげた桃田賢斗選手。

2020年の東京オリンピック出場に向けて
このまま突き進んで欲しいですね!

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ