エムバイェニアンのW杯のプレースタイルと所属チームと背番号と年俸は?弱点もチェック

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はエムバイェ・ニアン選手
プレースタイルと所属チームと背番号や年俸から
ピッチ外での問題行動や不祥事など
についてまとめていきます。

 

エムバイェ・ニアン選手はセネガル代表のサッカー選手。

バロテッリ似とも言われるフォワードの選手で、
現在はイタリア・トリノで活躍中ですが、
過去に問題を起こしたことがあるらしく・・・?

 

そんなエムバイェ・ニアン選手の
プロフィールや経歴からプレースタイルまで
色々な情報を調べてまとめてみました!

エムバイェ・ニアンのプロフィールと経歴は?

まずは、エムバイェ・ニアン選手の
プロフィールや戦績、経歴などについて
まとめていきます。

 

プロフィール

氏名:エムバイェ・ババカル・ニアン
(M’Baye Babacar Niang)
生年月日:1994年12月19日(23歳)
出身地:フランス・イヴリーヌ県
身長:184cm
体重:74kg

在籍チーム:イタリア トリノFC
ポジション:フォワード(FW)
背番号:11
市場価値(≒年俸レベル):17億7800万円

 

戦績

フランス カーン(2部) 22試合出場 5得点
フランス カーン 30試合出場 5得点
イタリア ミラン 67試合出場 8得点
→フランス モンペリエ (loan) 19試合出場 4得点
→イタリア ジェノア (loan) 14試合出場 5得点
→イングランド ワトフォード(loan) 16試合出場 2得点
→イタリア トリノ(loan)

フランス U-16代表 6試合出場 3得点
フランス U-17代表 8試合出場
フランス U-21代表 3試合出場 1得点
セネガル代表

 

経歴

フランス生まれではあるものの
両親はセネガル人であるエムバイェ・ニアン選手は
2007年からフランス・カーンのユースチームに
所属し、16歳でプロデビューします。

 

2012年にイタリアのACミランに加入し
67試合をプレーしますが
そこからは2014年にフランス・モンペリエHSC、
2015年にイタリア・ジェノアCFC、
2017年にイングランド・ワトフォードFCと
レンタル移籍で各地を転々とします。

 

その後2017年8月からはイタリア・トリノFC
レンタル移籍していますが、
買い取り義務付きのレンタル移籍になりますので
今年8月からは正式にトリノと契約することになりますね。

また、2012年までフランスのU-21代表として招集されていましたが
2017年からはセネガル代表としてプレーしています。

エムバイェ・ニアンのプレースタイルは?

続いて、エムバイェ・ニアン選手の
プレースタイルなどについてまとめていきましょう。

ミランでは攻撃陣を牽引するアタッカーとして
活躍しました。

 

エムバイェ・ニアン選手はこれまでに
センターフォワードやウイングなどでプレーをしていますが
他の選手とのコンビネーションというよりは
自分でゴールまで切り開くタイプと言えます。

スピードとテクニックを持ち合わせ、
ドリブルで相手のDFを抜き去ったり
ヒールや股抜きを使ってのプレーなど
選択肢が豊富です。

 

ただ、当初は自分のことしか考えていないなど
批判もあったプレーは
現在ではチームのために戦うようになってきたと
いう評価もあり、
守備もしっかりこなすなど変わって来ているようです。

 

欠点としては、調子によってかなり波があること
得点力が物足りない所との意見が多かったです。

たしかに、これまでの戦績を見ても
十分な成績を残してはいるものの
ワールドクラスのストライカーとして挙げられるかというと
そうではないかもしれません。

 

とは言え、エムバイェ・ニアン選手はまだ23歳。
これからまだまだ成長の余地はあります。
ワールドカップの大舞台での経験がどうなるのか
注目したいですね。

スポンサードリンク

エムバイェ・ニアンが不祥事?処分の内容は?

しかし、エムバイェ・ニアン選手は
2012年の11月、U-21フランス代表に招集中に
不祥事を起こしたことがあるのです!

その理由は夜遊び!

 

ヨーロッパ選手権予選の間に、
ミッドフィルダーのヤン・エムヴィラ選手、
ヴィッサム・ベン・イェデル選手、
アントワーヌ・グリーズマン選手、
ディフェンダーのクリス・マヴィンガ選手と5人で
パリのナイトクラブで遊んでいたということが発覚したのです。

ピリピリした雰囲気の中で
息抜きのつもりだったのかもしれませんが、
フランスサッカー連盟は大事な時期であったこともあって
厳罰を科します。

 

ヤン・エムヴィラ選手は2014年6月末まで
全てのフランス代表の試合には関与させない処分、
エムバイェ・ニアン選手を含む4選手は
2013年末まで代表を外されることが決定しました。

そういうこともあってか
精彩を欠いたプレーややる気のないプレーをして
批判されることもありました。

 

それでもミランの監督は才能を評価し
見捨てまいとしていましたが
起用法を巡って口論になってしまい
二人の間には溝ができてしまいます。

それもあってのワトフォードやトリノ移籍だったのでは
ないかという話でした。

そもそもプレーに波のある選手でしたしね。

 

フランス代表からセネガル代表に移ったのは
この事件でフランスサッカー連盟との確執ができたからという
噂もありましたね。

 

2017年にはクラブ間で合意したはずの
ロシア1部スパルタク・モスクワへの移籍を拒否したりと
問題児として見られることも増えてしまったエムバイェ・ニアン選手。

トリノでは上手くいくといいのですが・・・

エムバイェ・ニアンのまとめ

いかがでしたでしょうか?

ワールドカップでも出場してくると思われる
エムバイェ・ニアン選手。

 

セネガル代表としての実力はいかほどか・・・
日本代表も頑張って欲しいですね!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。