平尾龍磨の逃走ルートと方法と所要時間を大胆に予想してみた

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

平尾龍磨容疑者が逮捕されたというニュースが入ってきました!

 

4月8日に広島県・向島の刑務所から脱走し
警察が捜索を続けるも
中々見つかっていなかった平尾龍磨容疑者。

なんと、向島内ではなく広島市で見つかったというのです!

一体どのようなルートで逃げたのでしょうか?

これまでの経緯なども合わせて、
色々な情報を調べてまとめてみました!

 

 

平尾龍磨のプロフィールと経歴は?

まずは平尾龍磨容疑者のプロフィールなどについて
まとめておきます。

氏名:平尾龍磨(ひらお たつま)
年齢:27歳
身長:173cm
出身地:福岡県

 

窃盗罪などで逮捕され、
盗みや建造物侵入などを繰り返した罪で
懲役5年6か月の判決。
刑務所への入所は初めてでした。

 

福岡県の刑務所に服役していましたが、
3ヶ月後に愛媛県東温市にある松山刑務所に移送。

生活態度が良好で模範的な受刑者であると判断され、
昨年・2017年の12月から
広島県の向島にある松山刑務所大井造船作業場
職業訓練を受けていましたが4月8日に脱走。

松山刑務所大井造船作業場は塀や鉄格子がない代わりに
審査に合格した模範囚のみが入ることを許され
軍隊以上の厳しい生活を送るという特殊な場所。

開放的に思えますが
ストレスが強すぎて普通の刑務所に戻りたいと言い出す人も
多いほどだそうです。

 

平尾龍磨容疑者も
それに耐えかねたのでしょうか。

逃走の兆候などはなかったらしいですが、
先月に作業場で一般社員の服を着るなどして
注意を受けていたとか。

 

平尾龍磨脱走の経緯は?

さて、では脱走から再逮捕の経緯を
まとめていきましょう。

平尾龍磨容疑者が脱走したのは4月8日の夜
集まりに姿を見せず自室にもいないということで
脱走が発覚しました。

 

18時頃に敷地の外を走る様子が監視カメラに映っており、
19時頃に住宅から財布と車を盗み逃走。

広島県尾道市の向島と尾道市街を結ぶ尾道大橋近くの
駐車スペースで
逃走に使われた車が20時30分ごろに発見されました。
車の周辺には牛乳パックが落ちており、
DNAが検出されて間違いないということになりました。

 

しかし橋の監視カメラには徒歩で渡った人がおらず
翌日には住宅地で容疑者の靴が見つかったことから
まだ島内にいるとして警察が捜索していました。

加えて、その周囲で10日までに
住宅や車から現金などが盗まれる被害が
相次いで6件起こり、
逃走から5日後の13日にも
住宅からポロシャツが盗まれる被害がありました。

 

その後も島民たちが不安を感じながら
生活を送っていましたが
それ以降は被害が出ず手がかりがないままでした。

 

24日の夜には島内北部の防犯カメラに
似たような人物が映っており
大掛かりな捜索が行われましたが捕まりませんでした。

 

しかし、捜索は意外な展開になりました。
30日の午前になって、なんと向島ではなく広島市内の
ネットカフェ店員から通報があったのです。
入店しようとした際に不審に思った店員が通報したとのこと。

 

駆けつけた警察が周囲を探し、付近の路上で
店には入らず歩いていた平尾龍磨容疑者を発見。

平尾龍磨容疑者は逃げようとしましたが取り押さえられ、
本人と認めたうえ指紋が一致して逮捕されました。

スポンサードリンク

平尾龍磨の逃走ルートや所要時間は?

さて、尾道大橋を渡った形跡がないのに
なぜ本州へ渡ることができたのでしょうか?

それについて容疑者は
「潜伏していた島から海を泳いで本州側に渡った」
と供述しています!

 

そんなことは可能なのでしょうか?

地図を見てみると、向島と本州との間は
狭いところなら直線距離で200~300mほど

このフェリー乗り場付近が狭いですね。

北部の山林地帯で監視カメラに映っていたとのことなので
その付近から本州へ泳いで渡ったのでしょうか。

絶対行けないというほどではないですが
着衣水泳では厳しいでしょう。

 

逮捕時の平尾龍磨容疑者の服装は脱走時と違ったとのことですので
泳いで渡った後にまた別のところで衣服などを窃盗したのでしょう。

刑務所での厳しい体力づくりの訓練や
日々の職業訓練をしていたからこそ
泳いでの逃走ができるようになってしまったのかもしれません。

 

ちなみに、もちろん運動能力の高さにもよりますが、
クロールで泳いだ場合だと
300m泳ぐのにかかる時間はおよそ3分~5分くらい。

結構体力も必要だと思いますが
すごく波の高い場所等でもありませんし、
27歳でトレーニングなどで体力もある
平尾龍磨容疑者が本気で泳げば
難なく渡れるかもしれませんね。

 

 

平尾龍磨のまとめ

いかがでしたでしょうか?

ようやく逮捕された平尾龍磨容疑者。
当初の刑期は再来年の1月29日まででしたが、
今回の逃走や盗みの罪が問われた場合、
新たな刑期がさらに科されるようです。

 

島民の方々も安心ですし、向島は観光地ですから
このままだと経済的にも大打撃になる予想でした。
ゴールデンウィークのかきいれ時に間に合って
良かったですね。

刑務所の方には再発防止に
つとめて欲しいですね。

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。