検察側の罪人の映画ネタバレとキムタクと二宮のキャラは?原作情報もチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回は検察側の罪人のネタバレや
映画出演のキムタク・二宮両名のキャラなどについて
まとめていきます。

 

検察側の罪人は8月24日(金)から全国公開予定の映画。
最新の予告編が出たばかりですね!

作品情報からキャスト、結末のネタバレまで
色々な情報を調べてまとめてみました!

 

 

検察側の罪人とは?

まずは映画の情報についてまとめていきましょう。
「検察側の罪人」は、2018年8月24日(金)に公開予定の
東宝の映画。

 

監督は原田眞人さん。
「関ヶ原」「伝染歌」「魍魎の匣」「ビートキッズ」
「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」
などを手がけ、
「ラスト・サムライ」や「SPIRIT」など
海外映画に出演することも。

 

同名小説を原作に、時効、冤罪、司法制度への問題点、
そして「正義とは何か?」というテーマで描かれる本作は

ある殺人事件の捜査を進める中で浮上してきた容疑者を
何としてでも罰することを誓うエリート検事と
その容疑者の取り調べを任された、
教え子の若き検事。

 

二人は信頼関係で結ばれていたはずが、
段々と疑念に変わっていき・・・
数々の登場人物の思惑が交錯する緊張感あふれるミステリー!

 

原作は雫井脩介さんによって
『別册文藝春秋』(文藝春秋)で
2012年9月号から2013年9月号まで連載された小説。

2013年の『週刊文春ミステリーベスト10』の国内部門4位
宝島社の『このミステリーがすごい! 2014年版』8位などに
選ばれています!

 

 

検察側の罪人のキャストは誰?二大スターが共演!

映画「検察側の罪人」は非常に豪華なキャストが
起用されています!

まず、主人公である東京地検のエリート検事「最上(木村) 毅」を演じるのは
キムタクこと元SMAPの木村拓哉さん

そして、その部下である新人検事「沖野(二宮) 啓一郎」を
嵐の二宮和也さんが演じます!

ジャニーズから日本が誇るトップスター同士の
夢の共演が実現とあって
発表時から多くの話題を呼んでいましたね。

 

キムタク演じる最上(木村)は老夫婦刺殺事件の容疑者捜査の際に
そのリストの中から「松倉重生」と言う名前を発見。

23年前、大学生時代に親しくしていた寮の管理人夫婦の一人娘を
暴行殺害した有力容疑者であったにもかかわらず
証拠不十分で時効を迎えたという男でした。

最上(木村)は今度こそ松倉に罪を償わせようと
松倉に固執していきます。

 

一方、二宮和也さん扮する沖野(二宮)は
容疑者を取り調べることになりますが、
その容疑者が犯人である線が薄くなっても
先輩である最上(木村)がこだわり続けることに疑問を持ち始める・・・
という感じですね!

 

他にも、沖野(二宮)をバックアップする検察事務官・橘沙穂を吉高由里子さん、
闇社会のブローカー・諏訪部役に松重豊さん、
最上(木村)の親友・丹野役に平岳大さんなど
豪華キャストが勢揃い!

 

新たに公開された予告映像では
木村拓哉VS二宮和也さんの“対決”を軸とした
不穏感と緊張感あふれる特報映像に加え
吉高由里子さんは涙し松重豊さんは高笑いと
その演技力にも注目したい映像になっています!

スポンサードリンク

検察側の罪人のネタバレは?

最後に、検察側の罪人のネタバレについてです。
すでに小説が存在するということで、
検察側の罪人の結末は分かっています。

ここからはネタバレになりますので
映画を見るまで知りたくないという方は
気をつけて下さいね

 



松倉に23年分の代償を払わせるために
執念を燃やす最上(木村)。
沖野(二宮)はそれに疑念を抱きます。

新たに弓岡という人物が浮上し
そちらが犯人ではないかという方向へ捜査が向き
だんだん松倉の無実が証明されていく中
一緒に司法試験の勉強をした学友の丹野議員が闇献金問題で自殺。

 

「罪を背負ってでも思い残すことがなくなれば
生きた意味があったと思えるはず!」と最上(木村)は悪に手を染める決意をし
弓岡を呼び出して殺害します。

沖野(二宮)はどうしても松倉が犯人とは思えず取り調べに行きますが
凶器が発見されたと最上(木村)たちに言われ強盗殺人容疑で松倉を逮捕!
無理のある強引な裁判に持ち込もうとする最上(木村)たちに
おかしいと訴えるも担当から外されてしまいます。

 

沖野(二宮)は辞表を提出、独自で解決に動きました
ベテラン弁護士の白川を紹介され、
だんだんと真実に近づいていく沖野(二宮)は
最終的に弁護側に付き、最上(木村)の犯した罪を暴きます。

 

進退窮まった最上(木村)は娘に家のことを頼み、逮捕されます
面会で再度言葉をかわす最上(木村)と沖野(二宮)。

最上(木村)は謝罪し「君みたいな優秀な検事を結果的に
去らせてしまった事だけは後悔している」と言い
沖野(二宮)は最上(木村)の弁護のサポートをしたいと申し出ますが
「君が本当に救うべき人は俺じゃない」と拒否されてしまいました。

 

自分は結局何を信じてどうしたかったのか、
これからどう生きていけばいいのか、
正義とは何なのか・・
沖野(二宮)は急行列車の通り過ぎていくホームで一人泣き叫ぶのでした。

 

 

というわけで、登場人物たちは
何とも辛い選択をしなくてはならなくなります。
見ている人たちに現在の司法の問題点を提起するような
作品ですね。

ただ、映画がこれと同じ終わり方をするとは限りません。
どんな結末を迎えるかは公開後のお楽しみですね!

 

 

検察側の罪人のまとめ

いかがでしたでしょうか?

8月24日(金)公開の検察側の罪人。

公開日が待ちきれませんね!

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。