ロマンノイシュテッターはW杯イケメン選手!プレースタイルと所属チームと背番号と移籍情報もチェック

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はロマン・ノイシュテッター選手
プレースタイルと所属チームと背番号や年俸から
移籍騒動についてまとめていきます。

 

ロマン・ノイシュテッター選手はロシア代表のサッカー選手。

現在はフェネルバフチェSKで活躍中のイケメンです。

そんなロマン・ノイシュテッター選手の
プロフィールや経歴からプレースタイルまで
色々な情報を調べてまとめてみました!

ロマン・ノイシュテッターのプロフィールと経歴は?

まずは、ロマン・ノイシュテッター選手の
プロフィールや戦績、経歴などについて
まとめていきます。

プロフィール

氏名:ロマン・ノイシュテッター
(Roman Petrovich Neustadter)
生年月日:1988年2月18日(30歳)
出身地:ソビエト連邦 ドニプロ
身長:190cm
体重:83kg
選手情報
在籍チーム:トルコ フェネルバフチェSK
ポジション:ディフェンダー(DF) / ミッドフィルダー(MF)
背番号:33
市場価値(≒年俸レベル):
2015年時点では2.5mユーロと推定されていました。

戦績

ドイツ マインツ II 65試合出場 18得点
ドイツ マインツ 16試合出場
ドイツ ボルシアMG II 23試合出場 3得点
ドイツ ボルシアMG 59試合出場 1得点
ドイツ シャルケ 122試合出場 7得点
フェネルバフチェ 21試合出場 2得点

ドイツ U-20代表 2試合出場 1得点
ドイツ U-21代表 1試合出場
ドイツ代表 2試合出場
ロシア代表 6試合出場

経歴

ドイツ系キルギス人・元サッカー選手の
ペーター・ノイシュテッターさんを父に持つ
ロマン・ノイシュテッター選手は、
父がコーチを務めているドイツの「1.FSVマインツ05」の
ユースチームに入ります。

 

2007年にトップチームに昇格し、ユース・II部・I部と
合わせて13年プレーしますが
2009年に慣れ親しんだマインツを離れ、
同じくドイツのボルシアMGに移籍します。

ボルシアでは多くの活躍をし
それが注目されて2012-13シーズンから
シャルケ04に移籍!

 

4年契約となっており、契約満了まで100試合以上を
プレーしました。
その後はトルコのフェネルバフチェSKへ移籍し
現在もプレー中です。

 

また、ずっとドイツでプレーしており国籍もドイツだった
ロマン・ノイシュテッター選手は
U-20、21、A代表など世代別ではドイツでプレーしていましたが
段々と招集されなくなっていました。

そこに目をつけたロシアサッカー連合がロシア代表入りを持ちかけ
2016年にロシア代表としてデビュー
EURO2016への出場チャンスを逃したくないと考え
ロシアへの帰化を選びました。

 

FIFAの規定によれば、
親善試合のみの出場なら国籍さえ取れれば
他国の代表としてプレーすることができるそうです。

今回のロシアワールドカップでは
開催国となり招集も高確率だと思われます!

ロマン・ノイシュテッターのプレースタイルは?

では、そんなロマン・ノイシュテッター選手の
プレースタイルについてまとめていきます。

ボランチとして起用されることも多い
ロマン・ノイシュテッター選手は、
長身を活かした守備が得意なMF&DF。
センターバックで真価を発揮するという評価が多いです。

ボールさばきに優れ、
リーチの長さを武器に様々なパスを使いこなします

 

ブンデスリーガの強豪チームで
活躍していただけあって、守備もかなりハード

積極的にフィールドを走り回り
スキあらばカットやタックルでボールを奪います。

 

シャルケ時代は内田篤人選手ともプレーし
そのコンビネーションはもちろん
兄弟のような仲の良さも注目されていましたよね。

正直に言うとロシア代表は超強豪ぞろい!という
わけではないのですが、
ロマン・ノイシュテッター選手は
ビッグクラブで経験を積んでいますから
その点は大丈夫。

どこまでそれを活かせるかが注目です。

スポンサードリンク

ロマン・ノイシュテッターの退団理由はクラブとの関係悪化?

2016年にシャルケを離れ、
トルコのクラブへ移籍したロマン・ノイシュテッター選手。

ドイツでずっとプレーしていただけに
かなり大きな衝撃だったようです。

 

フェネルバフチェはトルコのサッカー界を代表する
強豪チームであり、
何度となくリーグ優勝もしている実力はありますが
やはりシャルケと比べると劣るという
意見も多かったです。

 

しかも移籍というより「シャルケ退団」で・・・
その理由はクラブと選手との関係にあったようです。

2016年6月、ロマン・ノイシュテッター選手は
自分のFacebookを更新。

 

契約延長の交渉についてなんと3ヶ月も待たされたとのことで
“クラブのリスペクトが欠けていた”ことを
理由にしています。

監督交代の影響で時間がかかったとも言っており
もっと早くに退団していた可能性もありますね。

 

そのまま契約を続けるかどうかというような
重要な話を、何の音沙汰もなく3ヶ月もそのまま放って置かれたら
退団も考えるのは当たり前ですよね・・・

起用がなかったわけではなく、
むしろクラブの主力の1人として活躍していたと言えますが
シャルケ側もあまり契約延長に対して
乗り気でなかったのでしょう。

 

現在は新天地でプレー中ですが
中々出場機会には恵まれないようで・・・
ワールドカップでは活躍がみたいですね!

ロマン・ノイシュテッターのまとめ

いかがでしたでしょうか?

甘いマスクでも人気が出そうなロマン・ノイシュテッター選手。

ワールドカップでどんなプレーを見せるのか
楽しみです!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。