奴隷遊戯ヤマイナナミ最新刊4巻のネタバレと発売日は(16~21話)

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。

今回は漫画「奴隷遊戯」の4巻ネタバレについて
まとめていきます。

4巻には16~21話あたりまでが
収録されると思われます!

 

奴隷遊戯は、作画・木村隆志さん、
原作・ヤマイナナミさんによって「ジャンプ+」で
連載中の漫画。

普通の高校生市原海(カイ)は、ある日突然届いた謎のアプリ
「SLAVE GO」を起動し、奴隷の所有が認められる
地下都市「ソサエティ」での残虐なゲームに巻き込まれてしまう。

「SLAVE GO」によって誘拐され奴隷にされてしまった
幼馴染の伊達凛奈(リンナ)を救うため、
命をかけたゲームに参加し奴隷を集めて戦う・・・という
ストーリーになっています!

4巻は2018年06月04日の発売予定です!

 

奴隷遊戯4巻(16~21話)ネタバレあらすじ

ゲート前まで呼び出してテラノと作戦を立てるカイ。
テラノは守りに入る事を嫌がりますが、
「守りについたほうが強い敵と戦える可能性が高いですよ?」
とのカイの言葉に承諾します。

また、カイは浜口とペアを組んで敵のゲートを攻めるつもりです。
有村は代わってくれと言っていますが
信用できない有村とコンビを組むのは不安。

 

一方、ゼックスの観客席では鮮やかな砦奪取に
盛り上がっていました。
そんな中、VIP席に「ペニ喰い凶子」と「毒汁ミカン」の
阿能姉妹が姿を見せます。

スクリーンに映し出されたカイの姿に
「あの事件」の被害者の息子と看破する凶子。
リンナは姉妹に何故知っているのかと聞きますが
あまり多くは教えてもらえません。
しかし、カイには期待している様子ですね。

 

砦の1つを任された柏崎は
カイから威嚇射撃で済ますことや
やむを得ない時以外はなるべく殺さないようにと指示されますが
柏崎は弾切れや反撃に怖がっています。

一方、敵方はお願いリューゴが砦を制圧しているようです。
中央部の砦を攻略した早さに観客達も湧いていますね。

 

カイはチームの確認中、久保谷チームの奴隷たちが
砦の奴隷に拷問しているのを発見。

浜口は関係ない奴隷を助ける義理はないとさとしますが
「命に優先順位をつけて見捨てたら、
この戦いを笑って見ている連中と同じ」
カイはスリングショットを放ちます。
ただ、それは奴隷には当たらずいたずらに自分たちの場所を
悟られるだけになってしまいます。

スポンサードリンク

それに気がついた久保谷はリューゴに中央部に向かうよう命令しますが、
そこへ現れたのはなんと有村!
しかも、「あんたのマスターに相談がある」
「そっち側にも得な話」と言い出します。

久保谷と通信で話をする有村は、
カイのチームの格闘家(テラノ)が非常に強いこと、
カイが頼りないこと、そして格闘家を自分で始末することを提案!
裏切りなのか、作戦なのか・・・。

 

一方、観戦席では阿能姉妹がリンナに試合のことを
解説してくれます。

いわく、5VS5で敵陣地のゲートを超えたら勝ちな
シンプルなルールで、
砦を攻略すればその拠点のカメラにアクセスできるようになり
視界が確保できるため有利になるとのこと。
また、相手の久保谷は有名企業の社長だとか。

 

カイと浜口は相手の奴隷ホソイ&タカイと戦いになります。
浜口は血を吹きかけられて目を潰されてしまうも、
カイの的確な指示で撃退に成功しました。
ホソイは倒しましたが、タカイには逃げられます。
しかし代わりに銃を手に入れました。

 

そして、いよいよ痺れを切らし始めたテラノの前に
久保多側の奴隷が現れバトルになります。
鎖鎌を巧みに使う相手に一時は追い込まれたように見えたテラノですが
「相手の技を全部引き出してから倒すのが美学なんだよ!!!」と
一気に倒した・・・はずが、突然吹き矢で倒れてしまいました。

現れたのは有村!
久保谷に作戦成功を伝え、勝利目前となりますが
久保谷は観客をもっと盛り上げたいと考え殲滅作戦に出ます

 

テラノがやられたことを知ったカイたちはすぐに戻ろうとしますが
有村と鉢合わせ!
有村はフィールドが対照になっていることをカイたちに教え
何かのアイテムを渡したうえで
「その銃俺に貸してくれよ」と言い出します。

浜口は反対しますが、カイは銃を渡してしまいます。
カイたちはゲートへ向かい、有村はアイテム回収へ。
銃を撃つ真似をして笑うのでした。

 

奴隷遊戯4巻(16~21話)感想とレビュー

この時点では有村が裏切ったのか、
それとも作戦のうちなのかは分からないままですね・・・
一体どちらなのでしょうか?
渡されたアイテムも気になるところ。

バトルのクライマックスはテラノVSリューゴだと思いますので
そちらも楽しみですね!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。