マルコアセンシオはW杯のイケメン選手!プレースタイルや所属チームと背番号と年俸は?移籍情報も調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はマルコ・アセンシオ選手
プレースタイルと所属チームから
移籍の舞台裏についてまとめていきます。

 

マルコ・アセンシオ選手はスペイン代表のサッカー選手。

ジダンに「時代を作れる」と言わしめた、
レアル・マドリードの若きスターであり
イケメンとしても人気です。

そんなマルコ・アセンシオ選手の
プロフィールや経歴からプレースタイルまで
色々な情報を調べてまとめてみました!

マルコ・アセンシオのプロフィールと経歴は?

まずは、マルコ・アセンシオ選手の
プロフィールや戦績、経歴などについて
まとめていきます。

プロフィール

氏名:マルコ・アセンシオ・ウィリムセン
(Marco Asensio Willemsen)
生年月日:1996年1月21日(22歳)
出身地:スペイン・バイアレス諸島州 マヨルカ島パルマ
身長:180cm
体重:75kg

在籍チーム:スペイン レアル・マドリード
ポジション:ミッドフィルダー(MF)
背番号:20
年俸:450万ユーロ(約5億8000万円)

戦績

スペイン マヨルカB 14試合出場 3得点
スペイン マヨルカ 37試合出場 4得点
スペイン レアル・マドリード 44試合出場 9得点
→スペイン マヨルカ (loan) 19試合出場 3得点
→スペイン エスパニョール (loan) 34試合出場 得点

スペイン U-16代表 2試合出場
スペイン U-19代表 12試合出場 8得点
スペイン U-21代表 18試合出場 7得点
スペイン代表 8試合出場

 

経歴

ノバマジョルカの小さなクラブでのプレーを見てスカウトされ
地元のユースチームに入団したマルコ・アセンシオ選手は
年上の選手たちに混じってプレーし、
この頃からビッグクラブも注目していたとか。

 

17歳になってすぐトップチームデビューし、
合計で40試合以上をプレーします。

そして2014年の冬に、スペインの強豪レアル・マドリードに
約350万ユーロ(約5億8000万円)で移籍

 

2014年のシーズン中はレンタルの形でマヨルカに残留、
2015年は成長を止めないようにと判断した監督により
他クラブへの武者修行として
RCDエスパニョールにレンタル移籍して
チームの連勝に貢献します。

ちなみに、この武者修行の際には
国内外合計で27ものクラブが立候補したとか。

 

1年間の経験を積んでレアルに復帰すると
プレシーズンマッチで活躍し、
UEFAスーパーカップでスタメン出場しゴールを決めるなど
現在も活躍を続けています!

マルコ・アセンシオのプレースタイルは?

では、マルコ・アセンシオ選手の
プレースタイルについてまとめていきましょう。

弱冠22歳ながらレアル・マドリードの
攻撃陣に食い込むマルコ・アセンシオ選手の
プレースタイルの特徴は、「選択肢の多さ」です。

 

卓越したセンスというか創造力のようなものを持っており、
巧みなボールタッチでパスやフェイントから
緩急のあるドリブル、時にはギリギリを攻めるなどなど・・・
いきなり逆方向にパスや切り返しをして
相手を抜き去ることも可能です。

 

その恐ろしいほどの才能は幼い頃からすでにあったようで、
初めにマヨルカにスカウトしたスカウトマンは
「あの歳であんなことをする子はそれまで見たことがなかった」
「9歳に満たないのに、15歳の子供たちと一緒にプレイして、
誰にもボールを取られない

その2部チームのホセ・ルイス・オルトラ監督は
最初の1分で『こいつはモノが違う』と思った

獲得も検討したバルセロナのスカウトでは
「穴がほとんどなく、余計なことはせず、
状況に合った正しい判断を下すため、
大抵の場合チームが必要としていることをする
と評しています。

 

こういったタイプは自分が自分がとなって
球離れが悪くなることも多いですが
マルコ・アセンシオ選手は周りをよく見て
パスを出すことも多いですね。

そもそも、どんな強豪が相手でも全くひるまず
攻め込んでいくということ自体がすごいと思います。

 

欠点があるとすれば、
得点力に少し欠けることでしょうか?
確かに、戦績を見ると今ひとつに見えます。

ただ、まだ若く伸びしろもあると思いますので
ワールドカップという大舞台を経験して
どうなるかが気になりますね。

スポンサードリンク

マルコ・アセンシオの移籍は運命?意外なスカウトマンとは?

2014年に、クラブとしては異例のレアル・マドリード移籍を果たした
マルコ・アセンシオ選手。

しかし、この移籍の前には様々なクラブとの
ドラマがあったのです。

 

最初はアスレティック・ビルバオに売り込んだことも
あったそうですが、年齢のせいで断られたとか。

様々なクラブが獲得に動いていますが
どれもクラブとの合意に至らず終わっています。

 

特にバルセロナはほぼ決定のところまでこぎつけながら
直前でマヨルカの条件変更に難色を示し
打ち切りとなりました。

 

そこで行動を起こしたのが、同じマヨルカ島出身で
男子テニスのトッププレイヤーでもある
ラファエル・ナダル選手

かなりのレアル・マドリードファンでもあるナダル選手は
親交のあるレアルのペレス会長に
「彼はよそに取られちゃだめ」と進言したとのこと。

 

マルコ・アセンシオ選手の才能はもちろん
ペレス会長の支持もあって一気に交渉を進めたレアルは
無事獲得となったとか。
バルセロナ側はかなり悔しがったようです。

 

これがマヨルカ島のラジオ番組で明らかになった
移籍の舞台裏だそうです。

もしアスレティック・ビルバオのスポーツディレクターが
しっかりとその才能を確認していたら・・・
もしバルセロナが要求を飲んで獲得していたら・・・
今とは全く違った結末になっていたんでしょうね。

マルコ・アセンシオのまとめ

いかがでしたでしょうか?

ワールドカップでの活躍が期待される
マルコ・アセンシオ選手。

どんなプレーを見せてくれるのか楽しみですね!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。