うそカノ林みかせ最新刊11巻(最終巻)のネタバレと発売日は(55話~59話)

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。

今回は漫画「うそカノ」の11巻ネタバレについて
まとめていきます。

11巻には連載再開後の55話~59話
つまり最終話までが収録されると思われます!

 

「うそカノ」は林みかせさんにより花とゆめコミックス「LaLa」で
連載されていた少女マンガ。

片思いしている相手の入谷匡史が
彼女のふりをしてくれる人「うそカノ」を探しているとわかり、
思わず立候補してしまった
主人公の神宮寺すばる。

本当の彼女になりたいと奮闘する女子高生の
胸キュンストーリーです。

 

11巻(最終巻)は6月5日に発売予定です!
特装版には描き下ろしの後日談漫画が収録されているとか!?

 

うそカノ11巻(最終巻/55話~59話)ネタバレあらすじ

すばるの妹・ともは話があると
時田を呼び出し、謝ります。

「時田の一番近くにいるのは自分だって驕ってた」と
嫉妬していたことを明かし、
「多分時田のこと 完全に舐めてた」
彼女なりの想いを伝えます。

 

ちょっとズレつつも一生懸命自分の気持を伝えるとも、
これからの関係に胸を躍らせる時田。
呼び捨てOKにもなり、距離が縮まったようです。

 

一方、すばるは大学に合格
入谷と合格のお祝いをし、二人で神社にお参りに。
すばるは入谷が第一志望に受かるように、
離れても一緒にいられるように・・・と願いを込めます。

何を願ったか言わないすばるに対し
「神宮寺さんの願い事は全部俺が叶えるから」
と言う入谷。

 

そしてすばるの願ったとおり、入谷は大学に合格しますが
母がパリに行き兄が海外に転勤ということで
一人暮らしになるようです。

その準備のために家具屋を訪れたすばるたち。
入谷が当たり前のように同じ食器を2つ取るのを見て、
いるんだ 入谷くんの未来に
あたりまえみたいに わたしが
と嬉しくなるすばる。

 

バレンタインのチョコも渡し、
残り少ない高校生活でやりたいことを考えた二人は
その中の1つである「部活」ということで
今から写真部に入部します。

スポンサードリンク

写真部は三年生の送別会で合宿があり、
それまでに校内で二人は写真を撮ります。
新部長は時田のようですね。

和久井の「お前愛されてるな」に対する
「俺のが好きだから」
「もう全部まじで好き」という言葉が
入谷が1巻から大きく変わったことを表しています。

 

また、夜に目が覚めてしまい散歩していたところ
夜明けの風景を撮る和久井と出会ったすばるは
小学校からずっと一緒だった和久井に
笑顔で、そして涙で「楽しかった」「ありがとう」と伝えます。

 

さて、ジェシカとマイケルも久々にやってきて
入谷の誕生日の準備をするすばる。
その頃入谷はすばるの父に将棋を挑んでいました。

その事を知らないすばるは、二人からそれぞれ焼き肉を
食べた事を聞き不思議がるのでした。

 

そして迎えた卒業式の日。

ようやく距離が縮まりそうな泉と西山、
女子にモテモテな和久井、
いつの間にか入谷と親しげにするすばるの父。
まさかの睦月と吉野はカップルに!?

ともと時田も、
「時田の事多分好きだと思う」と告白し
晴れて付き合うことになりました!

 

すばるは入谷の誕生日をサプライズで祝います。
入谷も予想はしていたものの嬉しそうです。

すばるは専用の卒業アルバムを渡しますが
入谷が渡したのは婚姻届

 

「入谷すばるになる?」「俺が神宮寺でもいい」と言い
「一緒にいると楽しいんだ」
「一生俺の横で笑っててよ」
ありのままの気持ちを伝えたプロポーズをします。

「わたしも、入谷くんを幸せにするね」
「いっぱい、いっぱい するね」と、
合言葉とともに二人は結婚の約束とキスをするのでした。

うそカノ11巻(最終巻/55話~59話)感想とレビュー

というわけで、「うそカノ」は
11巻で完結となります。
最後まで幸せいっぱいのハッピーエンドでしたね。

すばると入谷の愛情いっぱいな高校生活を見られるのが
終わってしまうというのはちょっと寂しいですね。
ともと時田の可愛らしいやり取りも見ていて癒やされました。
ぜひ後日譚も読みたいですね!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。