赤髪の白雪姫あきづき空太最新刊19巻のネタバレと発売日は(90話~95話)

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。

今回は漫画「赤髪の白雪姫」の19巻ネタバレについて
まとめていきます。

19巻には90話~95話あたりまでが
収録されると思われます!

 

「赤髪の白雪姫」は、あきづき空太さんにより
「LaLa DX」から現在は「LaLa」で連載中の少女マンガ。

生まれつき林檎のような赤い髪の主人公・白雪は
その髪の色をタンバルンの王子ラジに気に入られるが
それを拒否して国を出る。

隣国にたどり着いた白雪は
その国の第二王子ゼンと出会い、
宮廷薬剤師として働きながら
少しずつ成長&恋心を自覚していくという
ファンタジーものになっています!

19巻は6月に発売予定です!

今回も通常版と特装版があります。
前回はミニ画集でしたが、
今回の特装版はドラマCDだそうですよ!

 

赤髪の白雪姫19巻(90話~95話)ネタバレあらすじ

ようやくベルガットの乱が一段落したため
久々に休暇をもらったゼンたち。
白雪&オビだけでなくゼンもリリアスへ向かうことになりました。

馬に乗れるようになった白雪を合わせて
3人でリリアスへ出発します。

 

途中一泊した一行ですが、
翌朝起きた白雪はオビに会い、セレグ行きの前に
預かっていた煌晶石を返してもらいますが、
役に立ったかと聞いた白雪に対して
「お嬢さんが持たせてくれた時点で充分に」との返答。

 

それを聞いて、白雪はもう一度
オビに煌晶石を渡します。

これまで無事に戻ることに執着のなかったオビは
今回のことで大きく変わったのでしょう、
「あんたが俺達の無事を知った時の顔を見て、
ああ大怪我しなくて良かったって思ったよ
というのでした。

 

さて、再度出発するものの、
にわか雨で洞窟へ逃げ込んだ3人は
偶然にもリュウ・ラタ・キリトと出会います!
特に、リュウはかなり成長しましたね。

リリアスへ一緒に向かう道中で
こちらでもベルガットの乱のことで持ちきりだったことや
一転して新当主が王族に仕える方向になったため
大騒ぎだったことを教えてくれます。

 

一人宿へ向かったラタを除いた5人は
野営をしますが、
夜中にふとゼンが夜空を見上げて考え込む姿を
見た白雪。

多くを語らないゼンに対して思案する白雪は、
ゼンに気づかれてもただ笑顔を返すのみでした。

 

一方、セレグへ向かっていた木々とミツヒデ。
木々は実家に帰り、
ミツヒデは騎士団基地でヒサメと酒を酌み交わします。

翌朝、セイラン家を訪れたミツヒデは
木々と散歩しながら
「木々が求婚すると決めていた相手は…俺だろうか」
と訪ねます。

素直に「そうだよ」と答える木々。

相当前からそうだったようで
自分の鈍感さに落ち込むミツヒデ。

 

木々は「私はミツヒデが好きで、一緒になりたいと思ってる」
と告白しますが、
ミツヒデは「俺は…一緒にはなれない」と拒否します。

自分が身を固めるのはゼンが結婚してからというミツヒデ。

木々のことはだんだん好きになっているようですし
断る理由を話しているのに
「自分を成すもののひとつとして生涯欠けることは無い」との
ことですが・・・

 

あたふたするミツヒデに思わず笑い、
頬にキスをする木々。

この想いに決着を付けるのは
自分にとって”巣離れ”のようなもの
出会えたことを感謝するのでした。

スポンサードリンク

翌日は領地での祭りが開かれますが、
昨日のことで合わせる顔がないミツヒデは
木々の前に姿を表しません。

ようやくミツヒデを見つけたヒサメは
求婚を断った理由を聞いて
「よりにもよって…誰を相手に格好つけてるわけ?腰抜け」
と焚き付けます!

 

ミツヒデは再度木々のところへ。
気持ちは変わらないし、自分にはゼンが何より大事だから
この先身を固めることはないだろうと語ります。

ただ、「そういう自分の隣に必ずいるのが木々だ!」
というミツヒデ。

恋愛対象としてではなく、いちばん大切な人の1人として
信頼しているということですね。

木々も「いいよ、振られよう」と微笑みます。

 

ただこの会話、ヒサメとセイラン伯も
こっそり聞いていました。

ヒサメは改めて木々と飲み直し、
その気持ちを聞きます。

 

一方でセイラン伯に話しかけられたミツヒデは
「君は最も大切な思いが自身の全てである事と、
芯である事、どちらが強いと思う?」
と意味深な問いを投げかけられます。

 

祭りのあと3人は別れ、木々とミツヒデは
3日後に落ち合ってからリリアスへ向かうようです。

夜になり、宿で先程の質問を
ヒサメに投げかけるミツヒデ。

ヒサメは大切な思いが繋がっているなら
どちらも変わらないといいます。
ミツヒデはそれを聞いて後者、つまり
自分の中心にあることを重視する決意を固めたのでした。

 

さて、白雪たち3人はようやくリリアスへ到着。
一旦それぞれで行動することになり、
白雪は薬室へ報告に向かいます。

鈴、ユズリ、そして合流した二人と他愛ない話。
白雪とオビが慌てて出ていった理由を聞かず
用事が無事に済んだことに対して「じゃあ良かったね」と
返してくれます。

 

遊んだり食事をしたりと休暇を満喫する3人。
ただ、ゼンの様子が少し変です。

どうやら熱があるらしいのですが
白雪には心配をかけたくない様子。

 

ただ、オビはこっそり治すのではなく
気を利かせて二人きりにさせ別の場所へ行きます。

 

やはり熱があることはバレていたようで、
熱を測ろうとする白雪。

ごまかそうとするゼンに、
「熱じゃないなら キスをしよう」
と持ちかけます!

笑って「ばれたな」というゼンは白雪を抱きしめ、
素直に認めればよかったと言います。
白雪も様子を見るのは引き受けると答えます。

 

翌朝には体調は良くなっていたようですね。

まだまだ休暇は続きます・・・

赤髪の白雪姫19巻(90話~95話)感想とレビュー

ミツヒデの真意がようやく描かれましたが、
どうにかしてくっついて欲しい!という意見は
多いのではないでしょうか?
木々が父に何を話したのかも気になりますね。

また、白雪とゼンのやり取りも
微笑ましくて良いですね。
前回までがけっこう大変な展開でしたので
楽しそうな姿が沢山見られました。

 

今後の展開も気になります!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

「赤髪の白雪姫」を無料で読む方法はこちら!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ