サクラ色の傷痕のあらすじネタバレ&最新巻&感想は?愛を知らない姉妹の壮絶な人生…

この記事は2分で読めます

1ea91972653c71863de0cfa6332994cb - サクラ色の傷痕のあらすじネタバレ&最新巻&感想は?愛を知らない姉妹の壮絶な人生…
タイトルサクラ色の傷痕
巻数15巻
価格216円
詳細サクラ色の傷痕を無料で読む方法はこちら!

こんにちは、nbenです。

サクラ色の傷痕のあらすじを含むネタバレや感想、
最新巻について書いていきます。

 

サクラ色の傷痕の著者はかわちゆかりさんです。
ぶんか社の月刊本当にあった女のドラマ人生にて
2016年8月号から連載されている女性向けコミックです。

最新巻は4巻まで既刊されて、
5巻もネットでは先行配信されています。
最新巻の5巻には第13話から15話まで掲載されています。

faa512c647610e0d8590f36a3f5fcd98 - サクラ色の傷痕のあらすじネタバレ&最新巻&感想は?愛を知らない姉妹の壮絶な人生…

 

  
       
  
       

サクラ色の傷痕 あらすじ

 

サクラ色の傷痕のあらすじです。
ネタバレもあるので注意してくださいね。

 

母親は果乃を隠すように育てました。
それは虐待をしていたからです。

愛情を知らずに育った果乃でしたが、
母親が新しい父親を連れてきます。
これで、幸せになれると思っていましたが、
新しい父親もまた暴力をふるいます

 

そして二人の間に妹が生まれましたが、
母親は幼い二人を置いて家を出ていきました。

置いて行かれたともわからずに待ち続ける二人。
ギリギリのところで二人は児童養護施設に保護されます。

 

しかし、そこでもまた新たな問題にぶつかります。
虐待されて育ち、愛を知らない二人の生きていく物語です。

 

  
      
  
       

サクラ色の傷痕 感想

 

サクラ色の傷痕の感想ですが、涙が止まりませんでした
虐待されているのもそうですが、
それでも母親の愛情を信じている果乃の姿が
たまりませんでしたね。

 

そして、この漫画は児童養護施設に保護されて
終わりではありません。

通常でしたら、そこまでで幸せになれるという感じで
終わる漫画が多いのですが、
施設にほごされた後のことも描かれています。

 

しかし、それは幸せなことではありませんでした。
果乃はわけもわからず学校にも行くようになったりして
普通の生活をすることが出来ません

この姿は虐待されて育った子の現実なのだと思います。

 

ここまで描くのもさすがだなと思いました。
ただ、可哀想すぎて涙が止まりませんでした。

1ea91972653c71863de0cfa6332994cb - サクラ色の傷痕のあらすじネタバレ&最新巻&感想は?愛を知らない姉妹の壮絶な人生…

 

最新巻のあらすじ ネタバレ

 

最新巻5巻のあらすじを書いていきます。
ネタバレもあるので、注意してくださいね。

バスの事故で莉乃と果乃は生き別れてしまいます。
果乃は壊れたマグカップを修復しながら一人、
蓮の帰りを待ちます。

 

しかし、レッスンに身が入らずにいると
講師から呼び出されてしまい、
一緒にいた蓮のことを聞かれますが、
答えずにいると、違う部屋に連れていかれ、監禁されてしまうのでした。

 

最新巻の感想ですが、成長した果乃はまた、
監禁をされてしまいましたね。
もう可哀想すぎます。

どうして果乃や莉乃の周りには
こんな大人しかいないのでしょうか。

 

莉乃もまた、養母に「さやか」と呼ばれて養育されていますが、
事故のことを思いだして自分がさやかではないことを
思い出しつつあって監禁されてしまいます。

姉妹揃って監禁とかありえませんよね。
こんなに理不尽なことはありません。
またしても涙が止まりませんでした。

 

 

サクラ色の傷痕のネタバレやあらすじ、感想、最新巻について書きました。
昨今、日本では本当に児童虐待が多いですね。

ニュースを見ていても胸が痛みますが、
どこか他人事ではないかと思います。

この漫画を通して、児童虐待について少しでも
関心をもってもらえたらと思います。

 

「サクラ色の傷痕」を無料で読む方法はこちら!

 

タイトルサクラ色の傷痕
巻数15巻
価格216円
詳細サクラ色の傷痕を無料で読む方法はこちら!
  
      
  
      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. faa512c647610e0d8590f36a3f5fcd98 - サクラ色の傷痕を無料で読む方法は?安心・安全なキャンペーンで今すぐ購読!
コメントは利用できません。

アーカイブ