ビオレマシュマロホイップcm女優は誰?顔を洗うハーフの女性が気になる!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

どうも(^o^)/こんばんわ!nbenです。

 

今回は、花王の洗顔料「ビオレ マシュマロホイップ」の
cmが気になったのでご紹介します!

 

マシュマロホイップのcmでは新しい商品を泡立てて
洗顔している女性が登場します。

 

非常に肌のきれいなこの女性は
「この泡幸せ!」と明るい表情で語りかけていますが、
この女性は誰なのでしょうか?調べてみました!

スポンサードリンク

 

ビオレマシュマロホイップのcm出演女優は誰?

ビオレ・マシュマロホイップのcmに出演していたのは、
女優でモデルの「池田 エライザ」(いけだ エライザ)さん。

 

氏名:池田 エライザ(いけだ エライザ)

別名義:池田依來沙(旧芸名)

生年月日:1996年4月16日(21歳)

出身地:福岡県

血液型:B型

身長:169 cm

スリーサイズ:85/59/88 cm

靴のサイズ:24.5 cm

活動期間:2009年~

エヴァーグリーン・クリエイティブ所属

 

池田さんはスペイン系フィリピン人の母と日本人の父の
間に生まれたハーフの方です。

 

元々個性的だった池田さんはハーフであることも相まって
小学校時代はいじめられていたそうですが、
図書館で読んだ色々な本との出会いによって視野を広げ
性格が明るくなったんだとか。

 

2009年にファッション雑誌「ニコラ」のオーディションで
グランプリを獲得し、「池田依來沙」の名前で芸能活動を
開始しました。

 

2013年5月号で同誌を卒業したあとは、「CanCam」の専属モデルとなり
カタカナの「エライザ」に芸名を変更。

 

また、2014年のVineにおける連続ドラマ「BABY MAGIC」で
女優デビューと初主演をつとめ、
2015年には「みんな!エスパーだよ!」にて映画にも出演しました。

 

現在はモデルなどの仕事をする傍ら、独断でTwitterなどのSNSに
自撮り写真を投稿しており、女子中高生から絶大な支持を
得ています。

 

特に、「自撮りの神」とも言われる自撮りテクニックは、
独自に考案した「エライザポーズ」など大人気。

カリスマ性もある人気モデルさんなのですね!

 

 

池田エライザさんの彼氏は?熱愛の噂!

池田さんはこれまで熱愛の噂もありましたが
どれも信憑性は薄く、それほど大きく取り沙汰されて来ませんでした。

 

しかし、2016年末になってにわかに彼氏の報道が!

週刊文春によると、池田さんは1つ年下で俳優の
村上虹郎(むらかみ にじろう)さんと
お泊りデートをしているところを激写されたんだとか!

 

村上さんは父親が俳優の村上淳さん、
母親が歌手のUA(ウーア)さんで、現在は離婚されているようですが
いわゆる2世タレントのような感じですね。

 

二人は2016年のドラマ「SHIBUYA零丁目」で共演し、
劇中ではキスシーンもありましたので、このお仕事をきっかけに
交際に発展していったのかもしれません。

 

池田さんは何度も村上さんを家に泊めているようで、
“半同棲”のような状態だそうです。

 

双方の事務所は親しい友人の一人と否定していますが、
この年頃で何度も二人で泊まりというと、
そうは見えないという意見が多いです。

 

さらなる情報か、本人達からの発表が待たれますね。

 

 

池田エライザさんのこれからは?性格が悪いって本当?

池田さんの事を探していると性格に関する話が
多くでてきますね。

ただ、探しても信憑性の高そうなところからの情報は
全然出てきませんし、あったとしても学生時代の話くらいです。

 

考えられる可能性としては、SNSに自撮りを多く投稿していることから
ナルシストだと思われているということでしょうね。

 

でも、そんなことを言ったら多くの女子がナルシストになってしまう
気がしますし、女優さんやアイドルなどはむしろどんどん顔を
出すことで知名度アップなど営業活動にもなるのではないでしょうか。

 

また、先程も書いた通り池田さんは女子中高生から
「自撮りの神」と呼ばれるほどのテクニックをお持ちなのですから
どちらかというと嫉妬によるものが大きいのかもしれませんね。

 

今年は「ReLIFE」「トリガール!」「一礼して、キス」と
3本の映画出演が決定している池田さん。

 

cm等への露出もどんどん増えてきているところですので、
これからの活躍が楽しみですね!

ここまでご覧頂きありがとうございました~(*´▽`*)ノシ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ