ミツカン黒酢cm女優は誰?夫への気遣いをする女性をチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

どうも(^o^)/こんにちわ!nbenです。
今回はミツカンの黒酢飲料のcmから。

ミツカン黒酢飲料のcmには二人で飲み物を飲んでいる夫婦が
登場します。

 

妻は夫を気遣って黒酢飲料を作っているようですね。
この奥さん役をしている女性は誰なのでしょうか?
調べてみました!

スポンサードリンク

 

ミツカン黒酢のcmに出演している女優は誰?

このcmに出演しているのは、女優の「安田成美」(やすだ なるみ)さん。

 

氏名:安田 成美(やすだ なるみ)

生年月日:1966年11月28日(50歳)

出身地:東京都文京区

身長:168cm

血液型:B型

活動期間:1981年~

コッカ所属

 

有限会社を経営する両親の間に、4人兄妹の3番目として生まれた
安田さん。
小学校では学級委員や生徒会長をしていたそうです。

 

中学3年生の時にスカウトされた安田さんは1981年にビオレのcmで
芸能界デビューし、翌年のドラマ「ホーム・スイート・ホーム」で
ドラマ初出演します。

 

1983年にジブリ映画「風の谷のナウシカ」のイメージガールの
オーディションでグランプリを獲得し、
イメージソングを歌ったことで一躍有名になりました。

 

歌手としてはその後大成しなかったものの、
女優としては1989年の
「同・級・生」を皮切りにトレンディドラマブームに乗っかる形で
多くのドラマで主演、そして大ヒット。

中森明菜さんとダブル主演をつとめた「素顔のままで」は
最高視聴率31.9%を記録したそうです!

 

その後一旦子育てによる休業を経て、2000年から活動を再開、
2004年からは東京の麻布で「3116 GALLERY CAFE」というカフェも経営し
昨年には初エッセイ本も出版。

一時期よりは減ったものの、まだまだ人気の衰えない女優さんです!

 

 

安田成美さんのドラマ降板事件とは?原因は体調不良ではない?

1994年~95年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説「春よ、来い」にて
1年間ヒロインを演じる予定だった安田さん。

しかし、撮影途中の95年2月に突然それを降板、
主役が交代してしまいます。

 

「肉体的・精神的な疲労による体調不良のため」とされていましたが
これに対し原作・脚本を担当する橋田壽賀子さんが
「飼い犬に手を噛まれた」と発言、これは体調不良ではなさそうだと
大きな騒動になりました。

 

真相については、安田さんが「長いセリフのうえ台本の仕上がりが
遅くて負担になった」「太平洋戦争を肯定するような描き方に不満を感じた」
などなど諸説ありますが、
いずれにしろ、はっきりした性格の安田さんは橋田さんをはじめ
スタッフに自分の意見を主張して折り合いが合わなかったという
ことらしいですね。

 

これ以降長らく安田さんは連続テレビ小説には出演せず、
2010年の「てっぱん」で15年ぶりに出演しています。

 

 

安田成美さんの夫や子供は?在日韓国人の噂?

安田さんは、お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さんと
1994年に結婚しました。

映画「そろばんずく」で共演した二人は8年の交際を実らせ、
95年12月に長男の幹太くん、99年に次男の銀士くん、2003年に
長女の美晴ちゃんを出産し、3児の母に。

 

芸能活動との両立をせず一旦休業して主婦業に専念することにした
安田さんは、子供に合わせて9時に寝て6時に起き
3人の子育てに奔走する生活を続けながらも
美しい体型を維持したままだったことも話題になったとか。

 

そんな安田さんですが、実は在日韓国人ではないか?という
噂もあるそうです。

同じ生年月日の人が日本に帰化したことが分かり、
ドラマ降板の話が取り沙汰されていた時期だったために
騒ぎになりました。

 

安田という母の姓を名乗っているだとか、
父は朝鮮総連の幹部だとか、在日韓国人が多く従事している
不動産や飲食店などを経営しているとか、
それに言及したからコメンテーターが干されたとか
様々な噂が飛び交いましたが、確証はほぼありません。

 

全く可能性がないというわけでもないのでしょうが、
本人の口から語られるまでは完全に信じないほうが良さそうです。

 

 

現在ドラマ「みをつくし料理帖」に出演中の安田さんは
今後もcmなどでその姿を見ることができるでしょう!

これからの活動や、子どもたちが芸能界で活躍するのかどうかも
気になりますね!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました~(*´▽`*)ノシ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ