芦屋ボート全艇フライングの理由と払戻金は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

芦屋ボートで信じられない事が
起こったようです。

 

全艇がフライングで失格で
アナウンサーも絶句してしまったとの事

 

全逓フライングの理由

 

オンラインスタート方式では、

スタートと同時にエンジンの個体差が如実に表れてしまい、
レースの道中で抜き去ることが非常に困難になり、
レース中の追い抜け追い越せという醍醐味がなくなってしまいます。
このため、ヨットレースに類似する
「フライングスタート」形式でのスタートになっており、
スタート基準となるスタートラインを
タイミングを合わせて一斉に通過する
競艇(ボートレース)ならではのスタート方式になっています。
引用:http://nandemo-1.info/false-start

とあるように、
スタートは競艇が走っている状態で
スタートラインを切ることになります。

 

当然、どの選手もスピードに乗った状態で
スタートをしたいと考えますので
フライングは0.05秒以内の
とてもシビアなタイミングで判断されます。

 

フライングは、スタート事故とも呼ばれ
厳重な処罰を受けます。

 

その結果、一度スタート事故をした選手は
スタートが慎重にならざるえず
結果に大きな影響を与えます。

 

今回は、6艇全艇がフライングをしたという前代未聞のレースとなりました。

スポンサードリンク

 

レースの掛金払い戻しは?

 

全艇がフライングで失格のため
レースが不成立となったそうです。

 

従って全額払い戻しを受けています。

 

このような全艇フライングは
年に数回起きるようです。

 

2008年8月:尼崎競艇:優勝戦で全艇フライング
2009年7月:戸田競艇12R
2009年7月:津競艇1R
2011年1月:尼崎競艇:全艇フライング

払い戻しでは、全員が払い戻しを行うため
長蛇の列が出来き払い戻しに大変手間がかかるとのことです。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ