中国衛星天宮1号が地球へ落下!理由と場所といつ?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

重さ5トンもある中国の無人宇宙実験室が
地上へ落下するとの衝撃的ニュースが飛び込んできました。

 

先ごろ、『君の名は。』で
彗星が日本に落ちて甚大な被害・・・
という人気映画が放送されていましたが
まさにその可能性もある天宮1号。

 

気が気じゃないく眠れないという方も
おられるのではないでしょうか?

 

どんな落下理由で落下場所と日時についてお伝えします。

 

 

中国天宮1号宇宙実験室とは?

 

天宮1号(てんぐう1ごう)は
中国の軌道上実験モジュール。

2011年9月29日打ち上げ。
一時3名の宇宙飛行士が滞在、

度重なる故障から2016年3月に無人となり、
同年9月に制御不能と正式発表、
同時に1年後2017年10月~2018年4月ごろに
地球へ落下が国際連合へ通知された。

引用:wikipedia

 

大きさは
全長約12メートル
重さ8.5トン
の巨大な構造体です。

 

 

落下理由は?

 

天宮一号は当初役割を終えた後
軌道上を回り続けて
最終的には大気圏で燃え尽きる計画だったのです。

 

ですが、機能トラブルにより
地上から制御不能になり
軌道上に留まる事が出来なくなり
少しづつ軌道を下げており
最終的には地上に落下するのです。

 

スポンサードリンク

 

落下場所は?

 

北緯43度から南緯43度までの
広大な範囲しかわかっていません。

 

 

このエリアには、

・東京

も当然含まれています。

他の大都市として

・ニューヨーク:アメリカ
・ロサンゼルス:アメリカ
・マドリード:スペイン
・ニューデリー:インド
・北京:中国
・リオデジャネイロ:ブラジル
・ケープタウン:南アフリカ

等が含まれる広大なエリアです。

 

地図を見ていただければわかりますうに
陸地が比較的多いエリアであることが
感じられると思います。

 

衝撃的なシュミレーションを共有します。
東京の上空近くを通過しているんですね。

 

落下はいつ?

「天宮1号」は今年の3月末までに
地球に落下する見込みであることが6日までに分かった。

 

但し、米ハーバード・スミソニアン天体物理学センター
宇宙物理学者のジョナサン・マクドウェル教授は

「落下タイミングは数日前でも予測できない。
落下の6時間から7時間前くらいでようやく予測できる」

と発表。

 

つまりいつ落ちてくるかは、
6時間前にならないと全くわからないと言う事です。

 

中国衛星天宮1号が地球へ落下!理由と場所といつ?まとめ

 

マクドウェル教授は

人間に危険を及ぼす可能性はごくわずかだと強調。

 

天宮1号の残骸が人間に当たる確率は
推定で1兆分の1以下の確率とされるとのこと。

 

大部分は大気圏突入時に海の上空で燃え尽き
一部が海底に沈むのが最も可能性の高いシナリオだそうです。

 

ですが、本当ですかね?

先程のエリアは

・何十億人もいるエリア
・海のエリアはそれほど広くない(感覚的に4分の1は陸地であると感じます)

人に当たる確率が1兆分の1という
計算根拠はよくわからないですね。

 

感覚的に1億分の1程度(1兆分の1,000倍の確率)
というのが私の感覚ですね。

 

いずれにせよ。

 

『君の名は。』のような
大事故にならないことを心から願っています。

※追加で情報が更新されましたらまたご連絡をしていただきたい思っています。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ