ポーランドジャンプ団体メンバープロフィールと年齢と身長は?

この記事は2分で読めます

polish ski jump - ポーランドジャンプ団体メンバープロフィールと年齢と身長は?

ポーランドジャンプ団体選手について今回はまとめていきます!

スキージャンプ団体戦に出場するポーランド代表は
非常に高い実力を持った選手揃いです。

平昌オリンピックでも注目です!

ジャンプポーランド代表のプロフィールと戦績、
平昌五輪のスケジュールなどについて
調べてみました。

 

スキージャンプ全体の予定や日本選手一覧、テレビ中継の情報についてはこちら!

https://nben.biz/3142.html

 

  
       
  
       

ポーランド代表のプロフィールと戦績は?

ではまず、ジャンプポーランド代表メンバー4人の
プロフィールについて見ていきましょう。

プロフィール

名前:マチェイ・コット(Maciej Kot)
生年月日: 1991年6月9日 (26歳)
生まれ: ポーランド リマノバ
身長: 178 cm
体重: 61 kg

4人の中では最年少。
ジュニア選手権やユニバーシアードで
何度もメダルを獲得してきた実力者です!

https://nben.biz/3881.html

 

名前:ステファン・フラ(Stefan Hula)
生年月日: 1986年9月29日 (31歳)
生まれ: ポーランド シュチルク
身長: 174 cm
体重: 57 kg

チーム一番のベテラン!
個人戦でもメダル候補の1人です。

 

名前:ダビト・クバツキ(Dawid Kubacki)
生年月日: 1990年3月12日 (27歳)
生まれ: ポーランド ノヴィ・タルク
身長: 180 cm
体重: 64 kg

前シーズンでは夏季シーズン5勝を挙げる好成績!
チーム戦でも複数のメダルを獲得しています。

 

名前:カミル・ストッフ(Kamil Stoch)
生年月日: 1987年5月25日 (30歳)
生まれ: ポーランド ザコパネ
体重: 55 kg
身長: 173 cm

ソチオリンピックのノーマルヒル・ラージヒル2冠のスーパースター!
個人戦では間違いなく男子スキージャンプ界トップクラスの実力です。

カミルストッフはイケメンスキージャンプ選手!プロフィールと年齢と身長は?

 

この4名で団体戦に挑みます!

 

ポーランド代表の平昌五輪メダルとスケジュールは

次に、ポーランド代表選手の平昌オリンピックにおける
競技出場日程を見ていきましょう。

平昌五輪のスキージャンプ団体戦の決勝戦日程は次の通りです。

 

*平昌五輪スキージャンプ決勝戦日程*

・スキージャンプ 男子団体 2/19 21:20~
Alpensia Ski Jumping – Large

Alpensia Ski Jumping Centre
名称:アルペンシア スキージャンプセンター
住所:325 Solbong-ro, Daegwalnyeong-myeon, Pyeongchang-gun, Gangwon-do, 大韓民国
URL:pyeongchang2018.com

 

スキージャンプ団体は日本代表からも
葛西紀明選手、小林陵侑選手、竹内拓選手、伊東大貴選手
4名が出場します!

https://nben.biz/3412.html

メダルの行方が気になりますね!

 

 

ポーランド代表のまとめ

いかがでしたでしょうか?

スキージャンプのポーランド代表は
平昌オリンピックでも有力なメダル候補ですね。

19日の決勝戦が楽しみです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  
      
  
      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. .jpg?resize=152%2C181&ssl=1 - 木下雄介投手がドラゴンズ支配下登録!プロフィールと特徴と妻や子供をチェック
  2. yabusame - 浅草流鏑馬2018日程と時間は?アクセス場所と駐車場や料金も気になる
  3. .png?resize=181%2C181&ssl=1 - 雪肌精cm女優は誰?透き通るような肌の女性を調べてみた!
  4. 27544652 772470052963449 5850673822141569449 n - FIFTYCLUBに永井雄一郎が入団!背番号と年俸とデビュー戦は?
  5. 3 - 中国ショートトラック男子5000mリレーメンバープロフィールと年齢と身長は?
  6. onomachiko - 零ICHIゼロイチcmの出演女優は誰?美味しそうにビールを飲む女性が気になる
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ