夏目堅司はパラアルペンスキー選手!プロフィールと学校と結婚相手は?

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

 

夏目堅司選手について今回はまとめていきます!

夏目堅司選手は、パラリンピック日本代表の
男子アルペンスキーに出場する選手です。

3度目のパラリンピック出場となるベテランチェアスキーヤー!
平昌パラリンピックでも注目選手の1人です。

 

夏目堅司選手のプロフィールと戦績、
平昌パラリンピックのスケジュールなどについて
調べてみました。

 

夏目堅司選手のプロフィールと戦績は?

ではまず、夏目堅司選手のプロフィールについて見ていきましょう。

プロフィール

名前:夏目堅司(なつめ けんじ)
生年月日:1973年12月4日(44歳)
生まれ:長野県

戦績

・パラリンピック

6位入賞 2014年 ソチ スーパー複合

・世界選手権

6位入賞 2013年 スペイン スーパー大回転
8位入賞 2015年 カナダ スーパー複合

 

パラリンピックは2010年のバンクーバー、
2014年のソチと出場し、今回の平昌で3大会連続出場!

ワールドカップでも何度も入賞はしているものの
メダルには縁がなかったようで、
平昌パラリンピックでは悲願のメダル獲得を狙います!

使用ギア&アイテム

SKI VOELKL
BINDINGS MARKER
BOOTS —
GOGGLES UVEX
HELMET UVEX
POLES —
GLOVES REUSCH
SUITS DESCENTE
HEAD SPONSOR JAPAN LIFE

夏目堅司選手の経歴は?

幼い頃から身近にスキーのある環境で育った夏目堅司選手は
6歳からスキーを始めます。

成人してからも八方尾根のスキースクールで働き
スキー漬けの毎日を送っていましたが、
2004年4月にモーグルの大会準備で
ジャンプ台の仕上がりを確かめるため
ジャンプした時に着地に失敗
脊髄損傷という大怪我を負ってしまいます。

 

一命はとりとめたものの下半身に麻痺が残ってしまい
それでもまだ歩けるようになると思っていた矢先、
転院したリハビリセンターの院長から
この麻痺は治らない」と告げられます。

手術をした病院では満足に告知をされなかったらしいですね。
信じられなかったのは無理も無いことだと思います。

 

実感が湧かずどうしても歩けるようになりたいと
葛藤する夏目堅司選手が出会ったのが、
長野パラリンピックで活躍したチェアスキーヤー・志鷹昌浩さん。

21才のときオートバイ事故で
夏目堅司選手と同じように脊椎を損傷。

がっちりとした体格の二枚目で、
無口で口数は多くないのですが、
掛ける言葉には相手の事を本気で考えているチェアスキーヤー。

2002年惜しまれながら、現役を引退。

スキーヤーがケガをして・・・と言う話を耳にして
リハビリの後押しのきっかけになればと自ら足を運んでくれたそうです。

 

二人でテニスをして「車椅子でもスポーツができる」
「歩けなくても他の方法がある」と感じ、
チェアスキーの選手たちが滑るのを見て自分も滑りたいと
スキーを再び始めた夏目堅司選手は
なんと2004年の冬にはゲレンデに復活していたのです。

もともとの才能もあって
2010年のバンクーバーパラリンピック出場する
日本を代表する選手となりました!

夏目堅司選手の得意とする種目は
スーパー大回転。

時速120km超えという高速で滑走するダウンヒル(滑降)と
ターンのスムーズさやスピードを競う大回転の中間にあたる
「高速系種目」で、
スキー板を滑らせる技術はもちろんのこと、
ジャンプや高速連続ターンの技術が求められます。

まさに夏目堅司選手が
スキーインストラクターで培ってきた
技術が活きる競技ですね。

夏目堅司選手の出身校や所属の会社は?

さて、夏目堅司選手はどこの大学に通っていたのか、
出身校についての情報を調べてみました。

Facebookには出身校に「JASRA」と書いてあり、
調べた所
菅平高原にある「日本スポーツ科学専門学校」のこと。

 

「日本唯一のスキーのプロフェッショナルを育成する専門学校」
だそうで、プロスポーツ選手の養成などを行っているようです。

つまり、大学ではなく専門学校へ進んだのでしょうか?
ずっと地元の学校に通っていた可能性も高いですね。

 

卒業後は八方尾根スキースクールで勤務。

夏目堅司選手の障がいを負う前のインストラクターの頃の滑りです。
本当に見事なフォームでカービングターンを決めていますね

国内有数のスキー学校ですので、
ケガをして車椅子生活になった後も
退職ではなく事務仕事などを担当していたとか。

また、2016年からはスポンサーでもある「株式会社RDS」という
企業に所属していますが、
この企業は障害者スポーツのための機械も
作っている企業です。

RDSがバックアップしてくれて
夏目堅司選手オリジナルの
平昌パラリンピック用のチェアスキーマシンも開発が終了。

まさに、企業と二人三脚で
平昌パラリンピックに挑戦していますね。

 

夏目堅司選手は結婚している?妻や子供はどんな人?

さて、調べていた所夏目堅司選手は結婚しているという
情報が見つかりました!

奥さんは八方尾根スキー場でパトロールとして働いている
「瑞木」さんという方なんだそう。

2008年7月7日に式を挙げられたそうです。

七夕に結婚式を挙がられるなんて
夏目堅司選手はロマンチストなんでしょう。

それとも奥さんの希望だったのでしょうか?

 

お子さんについては調べても情報が出てきませんでした。

いてもおかしくない年齢ではありますが、
公表していないだけなのかいないのかは不明ですね。

スポンサードリンク

 

夏目堅司選手の平昌パラリンピックメダルとスケジュールは

次に、夏目堅司選手の平昌パラリンピックにおける競技出場日程を
見ていきましょう。

夏目堅司選手は平昌パラリンピックの男子アルペンスキーの
「スーパー大回転」や「スーパー複合」などに出場の可能性があります!

 

*平昌パラリンピックアルペンスキー決勝戦日程*

・アルペンスキー 男子スーパー大回転 決勝 3/11(日) 9:30~

・アルペンスキー 男子スーパー複合 決勝 3/13(火) 9:30~
Jeongseon Alpine Centre

名称:ヨンピョンアルペンシアスタジアム・アルペンシアスキージャンプセンター
住所:江原道 平昌郡 大関嶺面 水下里 240-19

アルペンスキーには、夏目堅司選手の競技復帰のきっかけの
1つともなった森井大輝選手なども出場。

森井大輝はパラアルペンスキー選手!プロフィールと経歴と結婚の噂?

表彰台に登るのは誰なのか?
目が離せませんね!

 

夏目堅司選手のまとめ

オフシーズンのトレーニング風景です。
真剣にストックのつき方を丁寧に反復している様子が伺えますね

いかがでしたでしょうか?

アルペンスキーで人生に光を取り戻し
「障害があっても競技はできる」と感じてほしいと語った
夏目堅司選手。

歩けなくなる原因となったのもスキーですが、
その絶望からの回復もスキーによるものでした。

また

「この年齢でどこまでいけるのか、チャレンジしていきたいですし、
そうすることが同世代の人の励みになれば嬉しいです。

おこがましいかもしれないけど、見てくれる人や応援してくれる人に
感動や勇気を与えられる存在であるなら、このまま頑張り続けたいです」

と熱い気持ちを公開してくれた夏目堅司選手。

障がいを負った人のみならず
多くの方に感動を与える事を目的としているなんて
本当に人間としても素晴らしいと賞賛してしまいます。

 

平昌パラリンピックは3度目の出場となりますが、
最近は調子も上がっているとのこと。

大舞台で最高の滑りを見せてほしいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ