イヴビスマはW杯のマリ代表サッカー選手!プロフィールや経歴は?インテルが交渉中?

この記事は4分で読めます

11 - イヴビスマはW杯のマリ代表サッカー選手!プロフィールや経歴は?インテルが交渉中?

 

こんにちは、nbenです。

今回はイヴ・ビスマ選手についてまとめていきます。

 

イヴ・ビスマ選手はマリ代表のサッカー選手です。

ミッドフィルダーとして活躍する
フィジカルが強く、パワフルなプレーのできる若手のホープ
インテルなどトップクラスのチームも
スカウティングしているらしいですね!

プレーはオールラウンド。

全身のバネをフルにしようした
ロングレンジからシュート力

フリーキックでは無回転シュート
狙ったエリアにコントロールすり技術も

ドリブルにおいては
アウトサイドを利用した
相手の逆を突くフェイント
相手を簡単に抜き去ります。

また、ボディバランスがよく
なかなか転びません

ミッドフィルダーとして
視野が広く逆サイドへの展開や
キラーパスを演出します。

 

イヴ・ビスマ選手の気になるプロフィールや経歴から
家族や恋人の噂まで色々な情報を調べてまとめてみました!

 

  
       
  
       

イヴ・ビスマのプロフィールと経歴は?

まずはイヴ・ビスマ選手の簡単なプロフィールや経歴、
これまでの戦績などについてまとめていきます。

プロフィール

氏名:イヴ・ビスマ (Yves Bissouma)
生年月日:1996年8月30日(21歳)
出身地:コートジボワール イッシア
身長:181 cm
国籍:マリ/コートジボワール
チーム:LOSCリール・メトロポール(フランス)
ポジション:ミッドフィールダー(MF)
背番号:21

 

経歴

2015年のアフリカネイションズチャンピオンシップ2016の
予選でマリ代表デビューした若手選手。

準決勝のコートジボワール戦では終盤に交代出場し
終了間際に決勝ゴールを決めるなど活躍します。

2014~2016年は母国マリのASレアル・バマコで
プレーしていましたが、
2016年末からLOSCリール・メトロポールに所属して
プロサッカー選手となりました。

ちなみに、3年契約となるので2019年の末には契約が切れ
別のチームに移籍する可能性も高そうです。

マリ代表としては15試合3得点と
まだまだ少ない出場ながらしっかり決め、アシストも多いですね。

 

戦績

LOSCリール・メトロポール II 12試合出場 3得点
LOSCリール・メトロポール 35試合出場 1得点
マリ代表 15試合出場 3得点

 

イヴ・ビスマにインテルが興味?

さて、冒頭で少しお話したように、
実はインテルがイヴ・ビスマ獲得に興味を持っているという話があるので
詳しく調べてみました。

インテル(インテルナツィオナーレ・ミラノ)とは
イタリアサッカー史上唯一の降格したことがないクラブ。

クラブワールドカップ優勝やリーグ5連覇など
数々の記録を達成しているセリエAの人気チームで、
長友佑都選手も契約していたことで有名ですよね。

 

今季はボランチを強化したいという方針があるらしく、
ブラジル代表のミッドフィールダー、ラミレス選手などを
獲得しようと動いていました。

その他にも何名かの選手とコンタクトを取っているようですが、
そのうちの1人がイヴ・ビスマ選手らしいです!

 

ただ、現在所属しているLOSCリール・メトロポールは
イヴ・ビスマ選手を2000万ユーロと評価しており、
インテルにそこまでの余裕はないようです。

その他にも、イングランド・プレミアリーグの
ワトフォードFCなどもスカウティングに興味を持っているとか。

また、2017年の
アフリカ年間最優秀選手賞候補者30名にノミネートされた事も
イヴ・ビスマ選手の素晴らしさの評価の一つですね。

ちなみに30名は以下の通りです。

ムサ・マレガ選手も候補に名を連ねていますね。

ヴァンサン・アブバカル(カメルーン、ポルト)
カリム・エル・アフマディ(モロッコ、フェイエノールト)
クリスティアン・アツ(ガーナ、ニューカッスル)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン、ボルシア・ドルトムント)
エリック・バイリー(コートジボワール、マンチェスターユナイテッド)
セドリック・バカンブ(コンゴ民主共和国、ビジャレアル)
ケイタ・バルデ(セネガル、モナコ)
クリスチャン・バソゴグ(カメルーン、河南建業)
イヴ・ビスマ(マリ、リール)
ハリド・ブタイブ(モロッコ、イェニ・マラティヤスポル)
ヤシン・ブラヒミ(アルジェリア、ポルト)
エサム・エル=ハダリ(エジプト、アル・タアーウン)
ジュニオル・カバナンガ(コンゴ民主共和国、アスタナ)
ファクソン・カプンブ(ザンビア、ザナコ)
ナビ・ケイタ(ギアナ、RBライプツィヒ)
アリ・マールル(チュニジア、アル・アハリ)
サディオ・マネ(セネガル、リヴァプール)
ムサ・マレガ(マリ、ポルト)
ヴィクター・モーゼス(ナイジェリア、チェルシー)
ユセフ・ムサクニ(チュニジア、レフウィヤ)
マイケル・オルンガ(ケニア、ジローナ)
ファブリス・オンドア(カメルーン、セビージャ)
デニス・オニャンゴ(ウガンダ、マメロディ・サンダウンズ)
トーマス・パーティ(ガーナ、アトレティコ・マドリッド)
モハメド・サラー(エジプト、リヴァプール)
ムブワナ・サマッタ(タンザニア、ヘンク)
ジャン・ミシェル・セリ(コートジボワール、ニース)
パーシー・タウ(南アフリカ、マメロディ・サンダウンズ)
バートランド・トラオレ(ブルキナファソ、リヨン)
ウィリアム・トロースト=エコング(ナイジェリア、ブルサスポル)

結果としては、アフリカ最優秀選手は、
モハメド・サラーが獲得しますが
イヴ・ビスマ選手の今後の活躍に目が離せませんね。

2019年以降の展開が気になりますね!

イヴ・ビスマの家族は?妻や子供はいる?

最後に、気になるイヴ・ビスマ選手の家族について
調べてみました。

イヴ・ビスマ選手は21歳と結婚はまだだとしても
恋人はいるのではないかと思い
調べたのですが・・・
残念ながらそういった情報は見つかりませんでした。

 

インスタグラムに結婚式らしき写真を投稿していたこともあるのですが、
イヴ・ビスマ選手本人ではないようですので
おそらく独身なのではと思います。

プロチームでプレーするサッカー選手ということで
美人の彼女がいるのではという予想はありますが
実際のところは分かりませんね。

今後また情報が出てくることを期待しましょう!

 

イヴ・ビスマのまとめ

調べていたらインスタグラムのアカウントも発見しました!
プライベートの写真もいくつかご紹介します。

移動中。自分のプレーを分析中でしょうか?

赤色が似合いますね

オフの日のラフなスタイル

イヴ・ビスマ選手のプレーまとめの動画です。

オールラウンドなミッドフィルダーとしての
才能を十分に披露してくれていましたね。

いかがでしたでしょうか?

インテルが獲得を考えるほどの選手であり
日本代表との試合でも出場してくると思われるイヴ・ビスマ選手。
どんなプレーを見せてくれるか楽しみですね!

 

他のマリのサッカー選手はコチラ

フォワード:ムサ・ドゥンビア

ムサドゥンビアはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールやプレー経歴とスタイルは?

フォワード:アブドゥライ・ディアビ

アブドゥライディアビはW杯のマリ代表サッカー選手!プロフィールやプレイ経歴とスタイルが気になる

ミッドフィルダー:アマドゥ・ハイダラ

アマドゥハイダラはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールやプレイ経歴とスタイルは?

ミッドフィルダー:ディアディエ・サマッセコウ

ディアディエサマッセコウはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールとプレイ経歴とスタイルをチェック

ゴールキーパー:ジギ・ディアラ

ジギディアラはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールとプレイ経歴とスタイルが気になる

ミッドフィルダー:バカリ・サコ

バカリサコはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールや経歴は?アニメのスパイクが気になる

フォワード:ムサ・マレガ

ムサマレガはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールや移籍や恋人をチェック

フォワード:シェイク・ディアバテ

シェイクディアバテはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールや経歴やクラブ遍歴が気になる

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

  
      
  
      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. download 16 - 武部貴則のプロフィールと経歴!研究内容と教授までの道のりは
  2. images 1 - 山本篤はパラスノーボード選手!プロフィールと経歴と嫁や子供は
  3. 1631aade410f0b8d449f421dbfffcbf1 - オーストリアジャンプ団体メンバープロフィールと年齢と身長は?
  4. CkfL7cjW0AAeijW - 村澤明伸のマラソン復活!家族や妻とプロフィールや経歴を調べてみた
  5. a77660e7c5d1000ee194bda15f0896f4fdf226e6 thumb 800x533 964 - ニューバランスcm俳優は誰?走り出す男性をチェック!
  6. 250px Emil Hegle Svendsen - エミルヘグレスベンセンはイケメンバイアスロン選手!プロフィールと年齢と身長は?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ