ニホンカワウソが目撃され発見?生息場所と絶滅種の復活について調べてみた

この記事は3分で読めます

nihonkawauso - ニホンカワウソが目撃され発見?生息場所と絶滅種の復活について調べてみた

 

こんにちは、nbenです。

今回はニホンカワウソが復活!?という
驚愕のニュースが入ってきましたので、
それについてまとめていきます。

ニホンカワウソは2012年には絶滅したと言われていたはずですが・・・
足あとが発見されたとのことで
大きな話題になっています!

 

というわけで、ニホンカワウソのことから
目撃された場所、
絶滅種が復活することがあるのかどうかなどについて
色々な情報を調べてまとめてみました!

 

  
       
  
       

ニホンカワウソとは?絶滅の経緯は?

まずはニホンカワウソとその絶滅の経緯などについて
まとめていきましょう。

和名:ニホンカワウソ
英名:Japanese River Otter / Japanese Otter
ネコ目 イタチ科 カワウソ亜科 カワウソ属

体長は64.5-82.0cm
尾長は35-56cmほどで体重5-11kg。

大きさ等は韓国産のユーラシアカワウソとほぼ同じだが、
ニホンカワウソは頭骨形状に特徴があります。

それは、眼を水面から出して警戒できるよう、
眼と鼻孔が顔の上方にあり
鼻孔は水中で閉じることができたとされています。

生態は、河川の中下流域、砂浜や磯などの
沿岸部に単独で棲息し
魚類、テナガエビ、カニ、カエルなどを食べていた。

主に夜行性で、1頭の行動域は十数kmにも及ぶとされている。

春から初夏にかけて水中で交尾を行い、
61-63日の妊娠期間を経て2-5頭の仔を産んでいた。

 

ニホンカワウソは
ユーラシアカワウソの亜種の1つ、または独立種とされ
北海道から九州まで日本全国に昔から広く生息していました。

しかし環境の変化や毛皮目的の乱獲などで少しずつ数が減り狩猟禁止、
1964年に天然記念物に指定、翌年に特別天然記念物に指定されましたが
減少の歯止めは聞かず、1979年以降目撃例がなくなってしまいました。

 

愛媛県の県獣にもなっていますが、
その後も復活することがなかったため
2012年に絶滅種に指定されました。

樺太の南端には今でもカワウソはいますが
別物なんだそうですね・・・

ユーラシアカワウソという
ニホンカワウソとは別種にあたる
カワウソだそうです。

 

また、以前長崎県・対馬でニホンカワウソがいた?!という
ニュースになったことがありますが、
こちらのカワウソも
韓国から泳ぎ着いた
ユーラシアカワウソだったそうで
残念ながら違ったようです。

 

ニホンカワウソが復活!?目撃場所はどこ?

そんな中、なんとニホンカワウソが目撃されたという情報が
出始めたのです!

昨年・2017年の8月に1件、10月に2件の目撃例があり、
目撃場所はどれも栃木県那須町沼野井地区。

地図でいうとこの辺ですね↓

山や川の多い自然豊かな場所で、
地区の中心を「余笹川」という川が流れています。
地区の東の端にも「黒川」がありますね。

目撃例があったのは「余笹川」付近のようです。

 

栃木県では大田原市箒川と日光市西ノ湖
目撃例のなくなるギリギリまで目撃がありましたが
ここではありませんでした。

実際に捕獲した方がいるわけではありませんが、
姿を見たという町民がいるだけでなく
ニホンカワウソのものによく似た足あとも見つかっているのです!

 

町民の有志が参加する「なす魚類調査クラブ」は
調査に乗り出すとともに
ニホンカワウソに詳しい専門家に協力を求めるとか。

4月14日に町の委託事業として河川敷で大きな調査を行うそうで、
足跡やフンを探したり、夜行性のため
赤外線カメラをつけたドローン2機や
定点カメラ4台による撮影など」だそうです!

絶滅種が復活することはある?

ただ、気になるのは「絶滅した動物が復活することはあるのか?」
ということですよね。

今まで全く目撃例もなく、1匹もいなくなったはずなのに
また見られるようになったというのはどういうことなのでしょう?

 

まず、絶滅したと思われていた動物が後年になって
再発見されるという例は意外と多いことが分かりました!

例えば、アルジェリアとチュニジア、モロッコから1922年に
絶滅したと思われた「バーバリライオン」
1996年に再発見され、現在も繁殖の取り組みが行われて
少しずつ増えています。

 

オウカンミカドヤモリ」は1866年に発見されてから
ほぼ見つからず、絶滅したと思われていましたが
1994年に再発見され、現在はペット用として輸入されるほど
復活しました。

 

日本では南大東島などで1984年を最後に目撃例がなかった
ダイトウウグイス」が鹿児島県奄美群島で目撃され
調査の結果喜界島に生息していたことが2008年に分かりました。

 

また、さかなクンがイラスト執筆を依頼されたことが
きっかけになって2010年に発見されたクニマスは
1940年頃に絶滅したと思われていた魚でした。

目撃例がなかっただけで、ひっそりと生き延びていて
長い年月をかけて少しずつまた増えてきたということなんでしょうね。

 

そして、ほぼ絶滅して野生にはいない動物を飼育して
生息環境をつくり直し、再び自然に返すという
「野生復帰」というものもあります。

ニホンカワウソには韓国にも同一種とされるカワウソがいるため
そちらから連れてきて日本に定着させてもいいのでは?という
意見もあるそうですが、
そうなると餌となるザリガニや魚などがもういないため
野生に返しても生活&生存していく環境がないという
別の問題が存在しているそうです。

絶滅種の復活は、個体の子孫づくりだけでなく
周りの環境も重要であるという事が重要であると
考えさせられますね。

 

しかし、今回目撃されたのがニホンカワウソなら
生きていける環境があるということでもあります!

そうであれば野生復帰もできそうな気がしますが・・・

 

ニホンカワウソのまとめ

いかがでしたでしょうか?

まだ本当に生息しているのか、別の種なのか
どのくらいいるのかなどは不明なニホンカワウソ。

絶滅種の再発見であることを期待し
ニホンカワウソが自然の中で生活していける環境がある事を
期待しましょう

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

  
      
  
      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. download 20 - ホワイトシティ迷宮ダンジョンからの脱出の抽選確率や倍率は?当選応募方法と発表日はいつ
  2. LGM - コカコーラcmの曲名と歌手は誰?餃子とコークの綾瀬はるか出演の挿入歌をチェック
  3. satom - 佐藤美弥は可愛いorダサい?彼氏と私服やプロフィールと経歴をチェック
  4. yoshiokariho32 - UR賃貸cm女優は誰?屋上で叫ぶ女性を調べてみた!
  5. topMain2 - 笹井一個の死亡理由とイラスト作品は?家族や経歴を調べてみた
  6. img 190218 102.onlineBild - オランダスピードスケートパシュート女子メンバープロフィールと年齢と身長は?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ