トゥライ財団の活動内容と支援団体と資金源は?女性像の設置の目的と反応をチェック

この記事は3分で読めます

manila zyoseizou - トゥライ財団の活動内容と支援団体と資金源は?女性像の設置の目的と反応をチェック
スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はフィリピン・マニラの女性像問題と
それに関与したとされるトゥライ財団についてまとめていきます。

 

フィリピンの首都マニラに設置した
日本軍占領下の慰安婦像を撤去したというニュースが
ありました。

唐突に設置され、また唐突に撤去された像ですが
色々と不可解な点がありますね。
この女性像を製作したのがフィリピンの華人団体
「トゥライ財団」らしいのですが・・・
一体どんなものなのでしょうか?

 

色々な情報を調べてまとめてみました!

女性像の設置と撤去の経緯は?

まずはこの女性像の設置や撤去の経緯について
簡単にまとめておきましょう。

 

女性像が設置されたのは昨年・2017年の12月。

フィリピンの首都マニラ市の管轄である遊歩道に
日本軍占領下(1942~1945年)時代の慰安婦を象徴するという
女性像が設置されました。

 

女性像の台座には「日本占領期に虐待の犠牲となった
フィリピン人女性を追悼する」等と書いてある
記念碑板もついていました。
事前に日本側に察知されないようにこっそり進めていたようです。

ちなみに、あまり直接的な文章はなく
「慰安婦」という言葉もありません。

 

女性像はフィリピンの華人団体「トゥライ財団」などが製作し
政府機関「フィリピン国家歴史委員会」が認定、
マニラ市が設置許可を出して設置されたとのことですが
市長の秘書は
「(市側は)許可していないし、許可することもできない」とも言っており
何が本当なのかは不明。

 

日本政府はそれを受けて、設置に遺憾の意を表明するとともに
なぜ唐突に設置されたのか、理由や経緯などを
明らかにするように求めていました。

それに対しての返答がどうだったのかは公表されていませんが
4月27日にマニラの日本大使館に対してフィリピン政府から
「女性像を撤去する」と連絡があったそうです。

また、その数日前から像の近くには重機が置かれていたらしく
ギリギリになってから連絡したと思われます。

 

27日の夜には市の職員と名乗る作業員が
ショベルカーなどで像を撤去し、
台座を含めて綺麗さっぱり撤去しました。

近くの売店の店員が聞いたところ「水道管の修理」
言っていたそうですが・・・?
無用な混乱を避けるために嘘をついたのでしょうか?

 

4月28日には現地には穴が空き、
周囲はフェンスやビニールシートで覆われた状態に。
この後穴が埋められるのだと思われます。

撤去の理由や一時的なものなのか今後元に戻らないのかなどは
一切明かされておらず、今後の発表が待たれます。

スポンサードリンク

女性像を製作したトゥライ財団とは?

では、この女性像を製作したという「トゥライ財団」とは
一体何なのでしょうか?

調べてみましたが、トゥライ財団については
詳しく分かりませんでした。
ただ、慰安婦問題に特化しているわけではなく
路上孤児救済などの実績を持つ団体とか。

 

どうして急に慰安婦問題に乗り出してきたのかは分かりませんでしたが
除幕式の式典には日本の取材どころか現地のメディア、
当事者であるはずの元慰安婦の方も呼ばれず
中国系のメディアのみでの式典となっていましたので
それ以外の所には知らせるつもりもないのかもしれません。

日本メディアの取材は受けないと言っており
こちらには中々情報が入ってこないのではないかと思われます。

 

トゥライ財団のほかにもフィリピン人元慰安婦と
支援者の団体「リラ・ピリピーナ」などが
協力して像の製作・設置にあたっています。
こちらは慰安婦運動をフィリピンに導入するなどを
行っている団体のようです。

 

そのトゥライ財団の要請を受けて
政府機関であるフィリピン国家歴史委員会が作成し
「マニラ市からの協力要請」を受け、
歴史家らからなる委員6人で決めたとのことですが、
一方で
銅像は民間団体からの寄贈で責任は碑文のみ」と主張。

マニラ市側の担当者は、
慰安婦像の設置や除幕式を行政的に主導したのは
歴史委員会だと主張・・・
つまり市と委員会で責任のなすりつけ合いが行われているようです。

 

どうやら他の政府機関と連絡を取らず
勝手に像の設置を推進したようです。
と考えると、その暴走ぶりを見かねた市側が
撤去したということでしょう。

 

「マニラ市などに問い合わせたが、
撤去を事前に確認することはできなかった」と話しているそうで
歴史委員会やトゥライ財団側には
ほとんど話が行っていないのかも。

そう考えると、日本と中国の対立というより
フィリピン国内の政府機関同士の対立の方が
激化しそうな気もしますね・・・

 

 

マニラ女性像のまとめ

いかがでしたでしょうか?

トゥライ財団、歴史委員会、マニラ市との対立など
国内での問題も見えてきた今回の女性像問題。

とりあえず撤去という1つの解決は見せたものの
突然の撤去であれば当然設置側からは反対の声が出るでしょう。

今後どうなっていくのか、
今は動向を見守りましょう。

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. .jpg?resize=181%2C165&ssl=1 - ジュリアルベアルのプロフィールやオリンピック柔道の成績!コロンビアの強さの秘密が気になる
  2. 12 - アマドゥハイダラはW杯のサッカーマリ代表!プロフィールやプレイ経歴とスタイルは?
  3. 230px Žan Košir 2015 - ジャンコシールはイケメンスノーボード選手!プロフィールと年齢と身長は?
  4. 240px Andrew Kurka 2017 - アンドリュークルカはイケメンパラアルペンスキー選手!プロフィールと画像と経歴は?
  5. hiraotatuma - 平尾龍磨の逃走ルートと方法と所要時間を大胆に予想してみた
  6. PP gekoucyuunojc TP V1 - 高校生への奨学給付金とは何?申請方法と支払い漏れの理由と給付時期について
  1. I’ve been browsing online ore than 4 hours today, yet I never found any interesting artticle like yours.
    It is pretty worth enough for me. Personally, if
    all site owners and bloggers made good content as you did, the
    net will be a lot more useful than ever before.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ