鬼滅の刃吾峠呼世晴最新刊11巻のネタバレと発売日は?(89~97話)

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

漫画「鬼滅の刃」の11巻ネタバレについて
まとめていきます。

11巻には第89話~第97話あたりまでが
収録されると思われます!

 

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプにて吾峠呼世晴さんによる
連載が行われている少年漫画。

大正時代の日本、家族を鬼に殺された主人公・炭治郎は
かたきを討つため、そして唯一の生き残りであり
鬼に変異してしまった妹・禰豆子を救うためにも
旅をするという、
ジャンプらしい冒険譚になっていますね。

11巻は6月4日に発売予定です!

 

鬼滅の刃11巻(89話~97話)ネタバレあらすじ

十二鬼月の一人である上弦の陸・堕姫との戦いの中で
妓夫太郎と交戦するも限界の近い宇随天元と炭治郎。

二人は背中合わせでどうにか妓夫太郎の攻撃を
しのぎはするものの決定打を与えるどころか追い込まれています。

炭治郎も満身創痍で、ヒノカミ神楽を使う体力ももうありません。
そこへ宇随の妻の一人である雛鶴が毒クナイで攻撃

 

動きを止めたところへ決死の突撃をする宇随。
クナイの雨の中ためらわずに突っ込んだのですが、
血鬼術で反撃に出た妓夫太郎は雛鶴の方へ!

クナイ攻撃に腹を立て、雛鶴の口を掴んで殺そうとします!

 

危機的な状況の中で炭治郎は、
かばわれてばかりの自分が
どうすれば役に立てるかを必死に考えます。

 

その結果・・・
ヒノカミ神楽を水の呼吸と組み合わせることで
どうにか消費を抑えつつスピードもアップさせて
妓夫太郎の腕を切り落とし、どうにか対抗します!

ただしそれでも妓夫太郎を倒すには至らず
為す術もなく倒されていく一行。

 

一方でついに堕姫の首を取ることに成功した伊之助ですが
刀を突き立てられ、首を奪い返されてしまいます

スポンサードリンク

もはやこれまで、という状況の中
炭治郎は禰豆子の夢を見ます。

 

「どうしていつも謝るの?」という禰豆子は
「何でも思い通りにいかないわ」
「大切なのは『今』なんだよ」「一緒に頑張ろうよ」
泣きながらも励ましてくれる禰豆子の言葉。

 

それをあざ笑うかのように妓夫太郎は炭治郎の指を折り
「みっともない」と大笑い。
自分と同じように醜いものが大好きな妓夫太郎は
勝利を確信して言いたい放題です。

 

しかし・・・もちろん、炭治郎はそこで終わったりしません!
夢の中の禰豆子に勇気をもらい、再び闘志を燃やして
<俺は・・・準備してたんだ>と
思い切り妓夫太郎に頭突きを食らわせる炭治郎!
さらに毒のクナイを刺し、折れた指で刀を握って
いよいよ反撃開始です!

 

鬼滅の刃11巻感想とレビュー

激アツな展開ですね!
一旦やられかけてからの反撃は少年誌の華です。

また、夢の中での禰豆子の言葉がぐっと来ます。
兄妹の強い絆も感じられ、
絶対に元に戻って欲しいと改めて思わされますね。

 

物語はここから妓夫太郎・堕姫との戦いの
クライマックスへ向かいます!

炭治郎はもちろん伊之助や善逸、宇随もかなり重症を負っており
死んでもおかしくない状況ではありますが
生き残って欲しいですよね。

先の展開が気になります!

 

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ