オリヴィエジルーはW杯のイケメン選手!プレースタイルと所属チームと背番号と年俸は?チェルシー移籍理由もチェック

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

こんにちは、nbenです。

今回はオリヴィエ・ジルー選手
プレースタイルと所属チームと背番号や年俸から
チェルシー移籍の理由についてまとめていきます。

 

オリヴィエ・ジルー選手はフランス代表のサッカー選手。

リーグ・アン得点王やFIFAプスカシュ賞にも選ばれる一方
色々な調査でイケメンランキング・プレミアリーグ1位になるなど
プレーの実力はもちろんイケメンとしても人気です。

現在はイングランド・プレミアリーグの
チェルシーFCで活躍中です!

 

そんなオリヴィエ・ジルー選手の
プロフィールや経歴からプレースタイルまで
色々な情報を調べてまとめてみました!

オリヴィエ・ジルーのプロフィールと経歴は?

まずは、オリヴィエ・ジルー選手の
プロフィールや戦績、経歴などについて
まとめていきます。

プロフィール

氏名:オリヴィエ・ジルー(Olivier Giroud)
生年月日:1986年9月30日(31歳)
出身地:フランス サヴォワ県シャンベリ
身長:192cm
体重:88kg

在籍チーム:イングランド チェルシーFC
ポジション:フォワード(FW)
背番号:18
年俸:アーセナル時代は5億~8億円程度

戦績

フランス グルノーブル 23試合出場 2得点
→フランス イストル (loan) 33試合出場 14得点
フランス トゥール 44試合出場 24得点
フランス モンペリエ 73試合出場 33得点
→フランス トゥール (loan) 17試合出場 6得点
イングランド アーセナル 180試合出場 73得点
イングランド チェルシー 10試合出場 2得点

フランス フランス 70試合出場 30得点

経歴

フロージュ、グルノーブルのユースチームから
トップチームへ昇格してプロ入りした
オリヴィエ・ジルー選手。

1年のイストル移籍を経て2008年にトゥールに移籍すると
リーグ・ドゥ(2部リーグ)の得点王を獲得するなど
活躍します。

 

2010年にはモンペリエに移籍し
UEFA欧州リーグ等で好成績を上げます。

2012年には慣れ親しんだフランスを離れ
イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに移籍!

得点を量産し、多くの試合に出て活躍。
特に、2017年元旦のクリスタルパレス戦で見せた
バックヒールのスコーピオンボレーシュート
監督からも高く評価され、
年間ベストゴールであるFIFAプスカシュ賞を受賞しました!

 

激しいポジション争いもある中移籍もあるかと言われつつ
少ない出場回数で活躍し残留していましたが、
今年・2018年1月に同じくロンドンを本拠地とする
チェルシーFCへついに移籍!

4月にはFAカップでチームを逆転勝利に導くなど
活躍を続けています!

 

フランス代表としては2010年から招集されており
ロシアワールドカップでも出場してくると思われます!

オリヴィエ・ジルーのプレースタイルは?

では、オリヴィエ・ジルー選手の
プレースタイルの特徴についてまとめていきましょう。

 

一貫してセンターフォワードで起用されている
オリヴィエ・ジルー選手は大柄な体格で、
フィジカル面で優れているため
ポストプレーを得意としています。

相手が後ろにいてもしっかりブロックでき
上がったボールを的確にキープして
ヘディングやボレーシュートなど
ワンタッチでスマートにゴールを入れることも多いです。

 

当然それには位置取りの上手さや
とっさの動きが的確にできている等も
必要でしょう。

自分一人で上がってシュートまでしたり
ゴリ押しで得点をもぎ取ったりするようなことは少なく
どちらかと言うと仲間を活かしてチャンスを作り出すような
プレーをしますね。

 

オリヴィエ・ジルー選手のスーパープレー集です!
やはりワンタッチでのプレーが光りますね。

逆に言えば自分でずっと
ボールを持っているのは不得手という意見が多いですね。

特にプレミアリーグでは足元のテクニックに
長けた選手も多いため
普通以上の能力を持っていたとしても浮いてしまうので
どうしても気になってしまうんでしょうね・・・。

スポンサードリンク

オリヴィエ・ジルーの移籍はなぜ?他クラブからもオファー!

さて、今冬の移籍市場でチェルシーに移籍した
オリヴィエ・ジルー選手。

ですが、その際には他のビッグクラブからも
多くのオファーを貰っていたそうなんです!

イギリスのメディアのインタビューに対し
そのクラブ3つを明かしています!

リーガ・エスパニョーラの「セビージャ」のほか
ブンデスリーガの「ドルトムント」からはオファーをもらい
セリエAの「ローマ」は代理人に連絡をしてきたとのこと。

 

しかし、そのオファーを蹴ってチェルシーに移籍。
その理由は監督だったそうです。

チェルシーのアントニオ・コンテ監督が
「一緒に仕事をしたいと言ってくれたこと」
「高く評価してくれたということ」が
決断の理由であったと語っています。

 

また、もう1つの理由として
アーセナルがガボン代表のフォワード
ピエール・エメリク・オーバメヤン選手を獲得したこと
挙げていました。

トップストライカーが3人になり
ポジション争いによって出場機会が減ることを懸念して
クラブを出ることを決めたということですね。

 

この移籍に関しては、
オーバメヤン選手はドルトムントからアーセナル、
アーセナルからチェルシーへはジルー選手が、
そしてチェルシーからはミヒー・バチュアイ選手がローン移籍で放出と
3クラブでの“玉突き移籍”という結果になっています。

オリヴィエ・ジルーのまとめ

いかがでしたでしょうか?

新しいクラブでプレーを始めたオリヴィエ・ジルー選手。

1年半の短い契約ではありますが、
ワールドカップの活躍によっては
再度の移籍か残留かが決まってくるでしょうね。

今後どんなプレーを見せてくれるかが楽しみです!

では、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ