外面が良いにも程がある。のネタバレ&あらすじと感想と作者は?見た目20点の女は実は…?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。

今回は、マンガ「外面が良いにも程がある。」について
あらすじ&ネタバレや読んだ感想、作者について
書いていきたいと思います。

 

1巻完結で短編の話がたくさん載っている、
オムニバス形式のこの漫画。
ネットでもよく広告を見る人気作品ですよね!

この漫画は、尾崎衣良さん作なのですが、
「外面が良いにも程がある。」にハマり、
それ以外の作品も購入してしまいました!

外面が良いにも程があるのあらすじ&ネタバレは?

1話目、「外面が良いにも程がある」のあらすじ&ネタバレ

イケメンで外面が良い瀬高。
彼は、外面さえ良ければ女の子は誰でも
自分の事を好きになると自負しています。

ある日、元彼にセッティングしてもらった
合コンで見た目20点の女と出会う。

彼女がお箸の持ち方がとても綺麗なので気になり
後日、デートすることとなります。

連絡を取り合ううちに段々彼女の純粋な所に惹かれていき・・・。

 

2話目「業務上偽装恋愛」のあらすじ&ネタバレ

主人公玉名栞は、
前の職場で好きな彼の為に仕事を頑張っていましたが、
その姿を見て一人で生きていけそうと
振られた過去を持っています。

新しい職場では、控えめな女子を演じていました。
そんな彼女の仕事の姿勢に惚れた
会社の御曹司が交際を申し出てきます。

彼には控えめな女子を演じている
ボロを出さないように頑張っていましたが、
先輩が仕事をミスした事から普段の自分をさらけだしてしまい、
更にその姿を彼に見られてしまい・・・。

そのほかにも2話、全部で4話が収録されています!

スポンサードリンク

外面が良いにも程があるの感想

感想としてまず1番に、
外面が良いのが本当に良い事なのか?
と考えさせられる漫画だと思います。
人間外面が良くても本性は何を考えているかわからないものです。
感心する程に外面が良いタイプの人は私の周りにもいます(笑)

 

2話目の感想は、女性とはどうあるべきか考えさせられる話です。

仕事が出来るキャリアウーマンは、男性にとっては可愛くない。
けれど、仕事が出来ず男にちやほやされると女性の敵を作ります。

そんな中、本性を出しても御曹司の彼が自分の事を
好きでいてくれるのか本当に気になってどんどん読んでしまいました!

外面が良いにも程がある。の作者について

最後に作者の尾崎衣良さんについて書いていこうと思います。

尾崎衣良さんは、鹿児島県出身の方で、
1997年に作家デビューしています。

調べてみる限り1巻完結で短編の話を収録している漫画を
主に書かれているようですね。

今、メディア化されて注目されている「深夜のダメ恋図鑑」
尾崎衣良さんが作者の作品なんですよ!

 

私は、今回の「外面が良いにも程がある。」で
尾崎衣良さんの作品を知り、深夜のダメ恋図鑑も購入しました。
そちらも感想などいつか記事にしたいですね~。

 

本当に尾崎衣良さんが作者の漫画は、面白い漫画ばかりなので
本作はもちろん、他の作品もぜひ読んでみて下さいね!

「外面が良いにも程がある。」を無料で読む方法はこちら!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ