ギラギラのあらすじと感想と打ち切りのネタバレは?家族を守るために元No.1ホストが奮起!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。

今回は、「ギラギラ」という漫画について
あらすじ&序盤のネタバレと感想、
打ち切りの噂についてを書いていきます。

 

ギラギラのあらすじ&序盤ネタバレ

まずはギラギラのあらすじと
序盤ネタバレについて書いていきます。

 

元六本木ナンバーワンホストの七瀬公平は、
結婚を機にホストを辞めて保険会社に就職するが、
その保険会社も31歳という若さでリストラされてしまう。

娘はあと二年で小学校に入学、
購入したばかりのマンションは35年ローンがほとんど残っているという状態。

公平は、どうにか状況を打開しようと、
一年限りでホストに復帰するという道を選ぶ。

 

しかし、公平が店を離れているうちにナンバーワンが代わり、
派閥を作って店を支配している状態だった…!

久しぶりに復帰したおじさんホストにきつく接するナンバーワンや、
その派閥の下っ端たち。

しかし公平は、元ナンバーワンの実力を存分に発揮して、
お客さんの人気を取り戻していく

自分1人の実力で彼らに立ち向かいながら、
かつてのギラギラした情熱と輝きを取り戻そうとしていくのだった…。

スポンサードリンク

 

ギラギラの感想

ギラギラを読んでの感想ですが、かつてナンバーワンだった公平は、
今では平穏な家庭を築き、幸せな家庭で父親を演じている様子を見ると、
彼の新しい人生を応援したくなります。

しかし社会に出れば、高卒でこれといった特徴のない公平は、
リストラにあい、家庭を守れるのか不安な状態に立たされてしまいます。

この辺りを読んでの感想は、せっかく手にした普通の家庭や幸せが
壊れてしまいそうな不安でそわそわして落ち着きません。

 

結局はホストに復帰するという決断をすることで、家庭を守ろうとする公平ですが、
この辺りも、せっかく足を洗って(?)普通のサラリーマンとして生きていたのに、
また戻ってしまうのか…。と、なんともいえない複雑な気持ちにさせられます。

しかし、ホストに戻ったからといってかつての輝きが確約されている訳でもなく、
今のナンバーワンや、色々なしがらみと向き合いながら、
またギラギラした公平に戻っていく様子を応援したくなってしまう。
そんな感想を持ちました。

 

ギラギラが打ち切り?

実は、本作には打ち切りの噂があります。

ギラギラの作者は、土田世紀さんという漫画家です。
細かいところまで描く緻密な絵のタッチで有名な土田世紀さんですが、
本作の後半にかけては、彼の画風とは思えないタッチの絵が登場すること、そして

↓あらすじでは書いていない、最後の結末のネタバレなので反転しています↓
主人公が家族を守るという当初の目的が達成されないままで漫画は終了してしまったために
打ち切りだったのでは?などという憶測が飛び交っているようですね。

 

しかも、ギラギラは地上波でドラマ化されたほどの作品ですが、
そちらの終わり方に対してもうまくまとまっていなかったからか、
「打ち切りのようで変!」「なにも完結してない!」
「打ち切りでは?」などの意見が出てしまっていました。

真相は分かりませんが、人気作品だけにちょっと残念ですね。

 

「ギラギラ」のあらすじと序盤のネタバレ、感想と打ち切りの噂について
まとめてきました。

今回書きましたギラギラは、地上波で有名な俳優が多数出演するなどして
ドラマ化された、とても人気の作品です。

皆さんもギラギラを読んでみてはいかがでしょうか。
「ギラギラ」を無料で読む方法はこちら!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ