インベスターZのあらすじ&序盤ネタバレと感想と口コミは?主席入学の中学生が入部したのは投資の部活!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。
今回は、マンガ「インベスターZ」について
あらすじや感想、口コミなどについてまとめました!

 

インベスターZのあらすじ&序盤ネタバレは?

まずは本作のあらすじと序盤ネタバレについてです!

 

北海道札幌市にある中高一貫教育の男子校・
道塾中学校の新入生・財前孝史は、入試成績全教科満点のトップ成績で合格しました。

学費は無料、寮も完備しており、道内はもとより
全国から優秀な生徒が集まる日本一の超進学校です。

 

しかし、野球部に入るつもりで案内された場所は秘密基地のような部屋…

部屋の中には机に上に4つのディスプレーと壁一面には古ぼけたノートや
ファイルでびっしりと埋まっています。
更に不思議なのは学校であるにもかかわらず大きな金庫のような扉が…

不審に思いつつも孝史はマージャンをしている部員たちに興味を持ち、
教えてもらって挑戦しますがボロ負け!
ルールを知らずに首を突っ込むと結局はカモになるとまで言われてしまいます。

 

実はこの部活は“投資部”。
この投資部こそが学校の資産を運用し経営しているから
学費が無料という仕組みだったのです!

そして孝史は、ここの投資部の6人目。
この学校のルールとして、中学入学時成績がトップだった各学年の生徒6人は
必ず投資部に入り、活動していかなくてはならないのです!

 

彼らと一緒に投資を始めることになってしまった孝史・・・
一体どうなってしまうのか?!

スポンサードリンク

 

インベスターZの感想は

続いて、本作の感想です!

難しそうな内容なのかと思いますが、なかなか興味深い漫画でした。
あらすじ部分で書かせていただいたのは1話の内容のネタバレで、
孝史が投資部に入るまでの過程だったのでそんなに難しくはないですね。

2話目からは株式・投資などの話が増えるので、
詳しい人でなければわからないのではないかと思ってしまいましたが
どんどん引き込まれて読んでしまいました…

もちろん知っていればより楽しむことはできますが、
詳しくなくてもこの高校の仕組みや
孝史のこれからが気になり、読み進めてしまいます。

株はやっていませんが、この漫画は面白そうな気がします。
ひょっとして株の勉強もできるかも?

 

インベスターZの口コミは?

人気作である本作は、調べてみると色々な口コミがありました。

投資について詳しくない方々からも
「株や麻雀、投資は怖い難しいイメージがあったのですが、
この漫画を読んでお金の歴史なども学べておもしろい。」

「投資の勉強のために読み始めましたが、面白くためになります。」
などの口コミが多く、私も感想のところで書きましたが
投資に詳しくなくても大丈夫ですね!

 

既に知識のある方々からも
「就活の本よりインベスターZ読んだほうがが学生にとっては勉強になる」
下手な株の入門書を手に取るならこの本を読んだほうがいい
「お金の本質的価値についてとてもわかりやすく、噛み砕いて説明されてた
など称賛のコメントがたくさんありました!

また、「深夜番組を見て面白かったので原作を読んだ」と
実写化からマンガに入った人も結構いたようですね。

ちなみに、「実在の投資家が登場するのが面白い」という口コミも。
知れば知るほど面白い作品なのですね!

 

一方、「主人公の思考回路が中学一年生らしくない
「イラストのタッチが好きではない」などもありましたね。
頭が良すぎて大人に見えるのかもしれませんね。

ただ、「ストーリーが突拍子もないなぁと思っていたが、
読んでいくうちに気にならなくなった」など
実際に読むと面白かったという口コミも多かったです!

読む前と後で印象も変わるかもしれません!

 

というわけで、「インベスターZ」のあらすじ・序盤のネタバレ、
感想などについてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

いろいろな口コミもあり、勉強になりました。
ぜひ読んでみて下さいね!
「インベスターZ」を無料で読む方法はこちら!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ