双星の陰陽師のあらすじネタバレと感想&15巻は?謎の少女とともに再び陰陽師を目指す!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。
今回は、「双星の陰陽師」について書いていきます!

「双星の陰陽師」は作者・助野嘉昭先生により
ジャンプスクエアに掲載されています!

今回は本作のあらすじ、感想、15巻ネタバレについてご紹介します。

 

双星の陰陽師のあらすじは?

異世界の化け物の”ケガレ”は人に仇なす。
そして、ケガレを追い払う役を担うのが「陰陽師」なのだ。

かつては誰もが認めるほどの陰陽師の力を持っていた
中学生の少年・焔魔堂ろくろは、
ある事をキッカケに陰陽師の世界から遠ざかるようになってしまっていた。

 

そんなろくろの前に、
突如空から落ちてきた少女・化野紅緒

ろくろは紅緒に巻き込まれ、
着いた先はケガレの住む場所だったーーー。

スポンサードリンク

 

双星の陰陽師の感想

感想としては、とても面白かったです。

初めは、何をしても上手くいかない主人公・ろくろや紅緒や陰陽師たちの
明るさが見え、ギャグも交わって面白い漫画なのかと思いました。

 

しかし、面白いだけでなくあらすじネタバレに書いたように、
ろくろに起こった事件など予想以上に辛い過去でした…

ただ、やっぱりジャンプ漫画だけあってか、
そんな辛い過去があっても立ち上がって陰陽師を目指す姿に感動します。

登場人物たちのそれぞれの思いのストーリーが深く、
展開を追うごとに双星の陰陽師にハマりますね。

 

もう1つ感想としては、時間の使い方が上手だと思いました。
ろくろも紅緒も辛い過去を背負いながら、現在を生き抜く設定になっており、
昔の出来事に悩まされている登場人物たちの思いがより読み手に伝わってきます

そんな過去を知る周りの人間の態度も、さらにろくろや紅緒を引き立てています。

作者・助野嘉昭先生の描く作品は、異世界ものが多く、こういう感じを得意とされています。
双星の陰陽師も代表作品としてヒットしています。

 

双星の陰陽師の15巻

続いて本作の15巻についてです!
ちょっとだけネタバレがありますので注意…

15巻では石鏡悠斗の討拔作戦に抜擢されたろくろが、
任務を遂行するため焔魔堂家を率いるのですが、
思わぬ敵がろくろたちを待ち受けており、戦いになります。

一方の紅緒は、再びろくろの元へ戻るために
残酷な儀式を送ることになりますが、
儀式の最中に異変が…!?

あまり深いところまでのネタバレはしませんが、
15巻ではろくろと紅緒に立ちはだかる敵が2人を苦しめるような内容になっています。
感想としては、徐々に絆が深まっていく2人の活躍が気になりますね。

 

双星の陰陽師のあらすじ、感想、15巻のネタバレについてをまとめてみました。

ろくろや紅緒、辛い過去がありながらも懸命に生きる姿に読み手も勇気をもらえます。

ジャンプらしい熱いバトルもありつつ、
生きることについて考えさせられる本作をぜひ読んでみて下さいね!
「双星の陰陽師」を無料で読む方法はこちら!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ