生者の行進のあらすじネタバレと感想と最新巻まとめ!悪霊と殺人事件の絡み合うホラーミステリー堂々完結!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、nbenです。
今回は、生者の行進という漫画について書いていきます。

本記事ではあらすじ(序盤ネタバレ)や感想、最新巻のことや
作者のことなどについて書いていきたいと思います!

 

生者の行進のあらすじ&序盤ネタバレ

生者の行進のあらすじについて書いていきます。
序盤のネタバレになりますので注意!

四年前に弟を事故で亡くしてから、霊が見えるようになった泪。

ある日、コンビニでアルバイトをしている泪のもとに、
唇の形をした悪霊が憑いた女子高生がやってきます。

 

その悪霊は良い雰囲気を出していないどころか、その怨霊が強すぎて、
泪は悪霊の存在を女子高生に教えるどころか、
まともにそちらを向くことも出来ませんでした。

 

次の朝、泪のもとに幼馴染の高岡まどかがやってくる。
カップル限定の割引に付き合ってほしいということだった。

バイトがあるからと断る泪だったが、
バイト先には警察が事情聴取に来ている

というのも、昨日泪が接客した、悪霊に憑かれた女子高生は、
その日の夜中にメッタ刺しにされて殺されてしまっていた。
そんな中、泪を呼びに現れるまどか。
なんと、その背中には昨日の悪霊が憑いていた…!

 

彼女の命を守るため、泪の霊感を使い、警察も巻き込みながら、
必死に未然に防ごうとしていく泪だが・・・!?

スポンサードリンク

 

生者の行進の感想

生者の行進を読んでの感想を書いていきます。

あらすじのネタバレ部分を読んでもわかる通り、
ホラーの要素を含んだミステリー漫画になっているようです。
また、幼馴染である泪とまどかの関係にも注目です。

 

コンビニでアルバイトをしている泪のもとにやって来た女子高生に、
不気味な悪霊が憑いているという話から始まるので、
現実感のない設定だと思われるかもしれませんが、
不思議と世界観の中に入っていきやすく、いつの間にか読み進めてしまいました。

読んでいるとそんなことが気にならないほど、面白い設定や世界観になっていて、
作者の方の展開力や構成力が素晴らしいといった感想です。

 

また、結果として、その悪霊に憑かれていた女子高生は殺されてしまい、
しかもその悪霊が今度は自分の幼馴染に憑いてしまいます。
何とかして幼馴染のまどかを助けて欲しいという感想を持ちました。

全体的に、幼馴染を助けるという目的に沿って進んでいく物語ですので、
主人公の視点でなんとか助かって欲しいという思いで、
あっという間に読めてしまう作品だった、というのも素直な感想です。

作者の方の巧みな展開と、命の期限が迫ってくる中で幼馴染を助けられるのか、という
内容にドキドキしてしまう漫画でした!

 

 

生者の行進の最新巻

ここからは、最新巻である第3巻について書いていきます。

2018年11月に刊行されたばかりの最新巻ですが、
寂しいことに、この最新巻をもって生者の行進は完結しています。

 

しかし、最新巻ということは見どころも満載!
詳しいネタバレはしませんが、ずばり泪とまどかは助かるのか、
また、黒幕は誰なのかなど、色々なことが明らかになります。

ホラーとしてはまどかのことはもちろん
泪と弟の過去の真実も明らかに・・・
ミステリーとしての殺害事件は二転三転、
霊も生者も恐ろしい展開です!

見逃せない最新巻の第3巻。皆さんもいち早く読んでみてください!

 

今回は、生者の行進について、
あらすじと序盤のネタバレ、感想、最新巻である第3巻などをご紹介しました。
皆さんも読んでみてはいかがでしょうか。

「生者の行進」を無料で読む方法はこちら!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ